ルワンダの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ルワンダの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ルワンダ国旗イラスト素材などを解説いたします。

ルワンダの国旗

国名の正式名称

ルワンダ共和国

ルワンダを表す漢字一文字

誕生年

1962

国旗の色の意味

青色は青空と希望を、黄色は平和と協調を、緑色は豊かな農業と繁栄を象徴し、右上に輝く太陽は、国民の団結と未来への明るい展望を表しています。

国旗の特徴

水色緑黄色の珍しい配色で、等分の感覚も変わっています。独創的なデザインといえます。 現国旗は2001年に新調されたもので、それまでの国旗に存在した赤が排除されています。これは赤が血を表し、内戦を想起させることが理由であり、内戦後のルワンダが平和的に国家建設を行うという決意を象徴しています。配色は青が幸福と平和、黄が国家の発展、緑が繁栄を表します。フライ側上部に置かれた太陽は、国民の団結と啓蒙を象徴しています。

ルワンダの地図

国旗の色(色番号)

#047351 #f8cf12 #a29f81 #5a87a5

ルワンダ国旗の意味や由来

ルワンダ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ルワンダ国旗の由来

1962年ルワンダは独立を達成し、2001年まで旧国旗を掲げていました。赤、黄、緑の三色は汎アフリカ色ですが、実はこの三色旗は王政時代から既に用いられており、共和制移行に伴い中央にアルファベットのRが追加されました。
赤は独立のために流された血、黄は自由と平穏、緑は希望と信頼を表します。共和制移行により追加された中央のRは、「Rwanda(ルワンダ)はRévolution(革命)後のRéférendum(国民投票)を経て成立したRépublique(共和国)である」という建国の経緯を当時の公用語であるフランス語で表記した際、重要な4語が全てRを頭文字とすることに由来します。

その後、それまでの国旗に存在した赤が排除されています。これは赤が血を表し、内戦を想起させることが理由であり、内戦後のルワンダが平和的に国家建設を行うという決意を象徴しています。配色は青が幸福と平和、黄が国家の発展、緑が繁栄を表します。フライ側上部に置かれた太陽は、国民の団結と啓蒙を象徴しています。

誕生した背景

19世紀後半から第一次大戦終了まではドイツ、その後はベルギーによる植民地支配を受けてきました。1918年以後はルアンダ=ウルンディとしてベルギーの委任統治下に置かれ、少数派のツチが中間支配層に据えられました。

1959年、ルワンダ王国のムワミ(国王)であるムタラ・ルダヒグワ(ムタラ3世)の死を契機にツチとベルギー当局の関係が悪化し、万聖節の騒乱を経て多数派のフツの抵抗も激しさを増しました。1961年、ベルギー当局はクーデター(軍政)を行い王政に関する国民投票を実施してキゲリ5世を廃し共和制樹立を承認しました。ルアンダ=ウルンディ初代大統領にフツのドミニク・ムボニュムトゥワが就任。王政自体は植民地統治下で維持されたものの、独立(1962年)前年に廃止され、共和制に移行しました。

以後政情不安が続き、植民地統治下で支配層とされた少数派のハム系ツチ人と、被支配層とされた多数派バントゥー系フツ人の対立が激化。1990年にはルワンダ内戦が勃発し、100万人近い人々が虐殺され、国土は荒廃しました。内戦は1994年に終結し、紆余曲折があったものの、現在では両民族が融和的に復興に取り組んでいます。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ中東部に位置する内陸国です。

人種構成:黒人諸部族がほとんどで、うち8割半をフツ族が、1割強をツチ族が占め、二大民族となっている。他にトゥワ族などの小規模な部族が存在し、都市部では極少数の白人やインド系も居住している。

ルワンダ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ルワンダのフリー素材1

ルワンダ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ルワンダのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。