サントメ・プリンシペについて

国旗の由来

サントメ・プリンシペの国旗は1975年の独立と同時に制定されたもので、独立運動を主導したMLSTPが1990年に一党独裁体制を放棄するまで用いていた旧党旗とほぼ同じデザインが採用されています(旧MLSTP党旗との唯一の違いは黄帯の幅。旧党旗のほうが国旗より少し黄帯が細い)。この旗の配色にはエチオピア国旗に範をとった赤、黄、緑の汎アフリカ色が用いられ、アフリカ諸国との連帯意識が体現されているほか、赤は独立のために流された血、黄は肥沃な国土と地下資源、緑は豊かな農業と植生を表します。黄帯の中に配された2つの黒い星は、国民のほとんどを占める黒人の誇りと、国を構成するサントメ島とプリンシペ島の主要2島を象徴しています。

国旗の特徴

サントメ・プリンシペの国旗は1975年の独立と同時に制定されたもので、独立運動を主導したMLSTPが1990年に一党独裁体制を放棄するまで用いていた旧党旗とほぼ同じデザインが採用されています(旧MLSTP党旗との唯一の違いは黄帯の幅。旧党旗のほうが国旗より少し黄帯が細い)。この旗の配色にはエチオピア国旗に範をとった赤、黄、緑の汎アフリカ色が用いられ、アフリカ諸国との連帯意識が体現されているほか、赤は独立のために流された血、黄は肥沃な国土と地下資源、緑は豊かな農業と植生を表します。黄帯の中に配された2つの黒い星は、国民のほとんどを占める黒人の誇りと、国を構成するサントメ島とプリンシペ島の主要2島を象徴しています。

国旗の色の意味

この旗の配色にはエチオピア国旗に範をとった赤、黄、緑の汎アフリカ色が用いられ、アフリカ諸国との連帯意識が体現されているほか、赤は独立のために流された血、黄は肥沃な国土と地下資源、緑は豊かな農業と植生を表します。黄帯の中に配された2つの黒い星は、国民のほとんどを占める黒人の誇りと、国を構成するサントメ島とプリンシペ島の主要2島を象徴しています。