ソマリアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ソマリアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ソマリア国旗イラスト素材などを解説いたします。

ソマリアの国旗

国名の正式名称

ソマリア連邦共和国

ソマリアを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

アフリカでは珍しく、「アフリカ最古の独立国」とされるエチオピア国旗を模範とした汎アフリカ色(緑、黄、赤)のどの色も使われていません。これは国連の関わりにより独立を達成した経緯から、水色と白を使った国連旗に似せた意匠を採用する動きがあったことに加え、伝統的にイスラム圏に属してきたソマリアと、エチオピア正教会を頂点とするキリスト教圏のエチオピアが反目し合ってきた歴史も関連しているようです。青は独立に大きな貢献のあった国連の旗の色からきています。中央の星は自由と独立のシンボルで、5つの光陵はソマリア人が元々住んでいた近隣5地方を表わしています。

国旗の特徴

国旗はもともと1960年6月末に5日間だけ存在していたソマリランド国が制定したもので、7月1日の南北統合により改めてソマリアの国旗として採用されました。アフリカでは珍しく、「アフリカ最古の独立国」とされるエチオピア国旗を模範とした汎アフリカ色(緑、黄、赤)のどの色も使われていません。これは国連の関わりにより独立を達成した経緯から、水色と白を使った国連旗に似せた意匠を採用する動きがあったことに加え、伝統的にイスラム圏に属してきたソマリアと、エチオピア正教会を頂点とするキリスト教圏のエチオピアが反目し合ってきた歴史も関連しているようです。また同時に、水色はソマリアに広がる空とインド洋も象徴します。中央の白い五稜星は、歴史的にソマリ人が多数派を占める5つの地域(旧イギリス領、旧イタリア領、エチオピアのオガデン地方、ケニアの北東部、ジブチ全土)が将来的に統合され、1つのソマリ人国家を築くという大ソマリア主義を表します。

ソマリアの地図

国旗の色(色番号)

#3c84dc #ecf4fc #b4ccec #8cace4

ソマリア国旗の意味や由来

ソマリア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ソマリア国旗の由来

ソマリア国旗は、ソマリランド国が制定したもので、7月1日の南北統合により改めてソマリアの国旗として採用されました。アフリカでは珍しく、「アフリカ最古の独立国」とされるエチオピア国旗を模範とした汎アフリカ色(緑、黄、赤)のどの色も使われていません。これは国連の関わりにより独立を達成した経緯から、水色と白を使った国連旗に似せた意匠を採用する動きがあったことに加え、伝統的にイスラム圏に属してきたソマリアと、エチオピア正教会を頂点とするキリスト教圏のエチオピアが反目し合ってきた歴史も関連しているようです。また同時に、水色はソマリアに広がる空とインド洋も象徴します。中央の白い五稜星は、歴史的にソマリ人が多数派を占める5つの地域(旧イギリス領、旧イタリア領、エチオピアのオガデン地方、ケニアの北東部、ジブチ全土)が将来的に統合され、1つのソマリ人国家を築くという大ソマリア主義を表します。

誕生した背景

現ソマリアの地域には10世紀から14世紀にかけて、アラビア半島南端から移住したソマリ人が定着し、土着の黒人を支配しつつ、同時に緩やかに融合しながら、イスラム諸王朝のもとで交易国家としての歴史を刻んできましたが、列強によるアフリカ分割が行われた19世紀末期に北部がイギリス領、南部がイタリア領となりました。第二次大戦後にイタリアが全ての植民地を喪失すると、南部は1950年に国連の信託統治領となり、期限付きでイタリアが施政者に復帰。10年後の独立を目標に指導者の育成や産業の確立を義務付けられます。一方、南部の独立が既定路線になったことで北部でもいずれ誕生する新国家との統合を望む声が高まり、1960年6月26日にまず北部がソマリランド国の名で独立。次いで5日後の7月1日に南部も正式な独立を達成し、両者は統合してソマリア共和国となりました。

国の特色・人種構成

特色:ソマリアはアフリカ大陸最東端に位置する国で、いわゆる「アフリカの角」の先端部を構成します。沿岸部を除いて国土の大半は不毛な砂漠地帯であり、国民の大半は遊牧を生活基盤としていますが、インド洋に面した長い海岸線を持つことから、古くからモガディシオ(現在の首都)などの港湾都市を拠点に国際交易が行われ、アラブ世界やペルシア(イラン)と結ばれた広大な商業圏の一部として栄えた歴史を持ちます。

人種構成:アフリカ系黒人がほとんどで、その大半をソマリ人が占める。

ソマリア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ソマリアのフリー素材1

ソマリア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ソマリアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。