ソマリアについて

国旗の由来

ソマリア国旗は、ソマリランド国が制定したもので、7月1日の南北統合により改めてソマリアの国旗として採用されました。アフリカでは珍しく、「アフリカ最古の独立国」とされるエチオピア国旗を模範とした汎アフリカ色(緑、黄、赤)のどの色も使われていません。これは国連の関わりにより独立を達成した経緯から、水色と白を使った国連旗に似せた意匠を採用する動きがあったことに加え、伝統的にイスラム圏に属してきたソマリアと、エチオピア正教会を頂点とするキリスト教圏のエチオピアが反目し合ってきた歴史も関連しているようです。また同時に、水色はソマリアに広がる空とインド洋も象徴します。中央の白い五稜星は、歴史的にソマリ人が多数派を占める5つの地域(旧イギリス領、旧イタリア領、エチオピアのオガデン地方、ケニアの北東部、ジブチ全土)が将来的に統合され、1つのソマリ人国家を築くという大ソマリア主義を表します。

国旗の特徴

国旗はもともと1960年6月末に5日間だけ存在していたソマリランド国が制定したもので、7月1日の南北統合により改めてソマリアの国旗として採用されました。アフリカでは珍しく、「アフリカ最古の独立国」とされるエチオピア国旗を模範とした汎アフリカ色(緑、黄、赤)のどの色も使われていません。これは国連の関わりにより独立を達成した経緯から、水色と白を使った国連旗に似せた意匠を採用する動きがあったことに加え、伝統的にイスラム圏に属してきたソマリアと、エチオピア正教会を頂点とするキリスト教圏のエチオピアが反目し合ってきた歴史も関連しているようです。また同時に、水色はソマリアに広がる空とインド洋も象徴します。中央の白い五稜星は、歴史的にソマリ人が多数派を占める5つの地域(旧イギリス領、旧イタリア領、エチオピアのオガデン地方、ケニアの北東部、ジブチ全土)が将来的に統合され、1つのソマリ人国家を築くという大ソマリア主義を表します。

国旗の色の意味

アフリカでは珍しく、「アフリカ最古の独立国」とされるエチオピア国旗を模範とした汎アフリカ色(緑、黄、赤)のどの色も使われていません。これは国連の関わりにより独立を達成した経緯から、水色と白を使った国連旗に似せた意匠を採用する動きがあったことに加え、伝統的にイスラム圏に属してきたソマリアと、エチオピア正教会を頂点とするキリスト教圏のエチオピアが反目し合ってきた歴史も関連しているようです。青は独立に大きな貢献のあった国連の旗の色からきています。中央の星は自由と独立のシンボルで、5つの光陵はソマリア人が元々住んでいた近隣5地方を表わしています。