南スーダンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

南スーダンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、南スーダン国旗イラスト素材などを解説いたします。

南スーダンの国旗

国名の正式名称

南スーダン共和国

南スーダンを表す漢字一文字

誕生年

2011

国旗の色の意味

黒は南スーダンの住民の大半を占める黒人を、白は平和を、赤は独立のために流された血を、緑は国土を、青はナイル川を表します。青い三角形の中にある金(黄)色の星は新約聖書の『マタイ伝』に登場するベツレヘムの星であり、南スーダン国民の統一を象徴します。黒人国家かつ地理的に近いという共通項があるせいか、南東部で国境を接するケニアの国旗と配色が似ています。

国旗の特徴

南スーダンの国旗は自治政府時代の2005年に制定されたものですが、もとは南部独立を掲げて内戦を主導してきたスーダン人民解放運動(SPLM)の党旗として使われていた旗でした。黒は南スーダンの住民の大半を占める黒人を、白は平和を、赤は独立のために流された血を、緑は国土を、青はナイル川を表します。青い三角形の中にある金(黄)色の星は新約聖書の『マタイ伝』に登場するベツレヘムの星であり、南スーダン国民の統一を象徴します。黒人国家かつ地理的に近いという共通項があるせいか、南東部で国境を接するケニアの国旗と配色が似ています。

南スーダンの地図

国旗の色(色番号)

#edd465 #d41015 #0b40a8 #040404

南スーダン国旗の意味や由来

南スーダン国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

南スーダン国旗の由来

南スーダンの国旗は自治政府時代の2005年に制定されたものですが、もとは南部独立を掲げて内戦を主導してきたスーダン人民解放運動(SPLM)の党旗として使われていた旗でした。黒は南スーダンの住民の大半を占める黒人を、白は平和を、赤は独立のために流された血を、緑は国土を、青はナイル川を表します。青い三角形の中にある金(黄)色の星は新約聖書の『マタイ伝』に登場するベツレヘムの星であり、南スーダン国民の統一を象徴します。黒人国家かつ地理的に近いという共通項があるせいか、南東部で国境を接するケニアの国旗と配色が似ています。

誕生した背景

南スーダンは2011年7月に独立した、世界で最も新しい国です。もとは北隣のスーダン共和国(1956年独立)の一部だったものの、イスラム教を信仰するアラブ人が主体の北部と、キリスト教と伝統宗教が中心で黒人主体の南部の間では激しい対立が生じ、中央政府を牛耳る北部のアラブ人勢力に反発する南部は分離独立を求めて反政府武装闘争を展開しました。

2005年、南部に独自の自治政府を設置すること、独立かスーダン残留かを問う住民投票を実施することで南北は和平合意に至り、内戦は終結。2011年1月実施の住民投票では独立賛成票が圧倒的多数を占めました。そして半年間の準備期間を経て、2011年7月を以ってスーダンは南北に分裂。南部はアフリカ54番目の独立国家、南スーダン共和国として独立を達成しました。

国の特色・人種構成

特色:英語ではSouth Sudan(サウス・スーダン)と表記される。文字通り、スーダンの南部が独立した国であることから。自治区時代はSouthern Sudan(サザン・スーダン)と表記され、日本語でも南部スーダンと呼ばれていたが、独立に伴い現在の名称に変更された。

スーダンの語源はアラビア語で「黒人の地」を意味する(ビラード・アッ=スーダーン)であり、スーダーン単独では「黒人」を意味する。古来、アフリカ大陸のうちサハラ砂漠周辺のイスラム圏は一括してスーダンと呼ばれてきた(西アフリカのマリも植民地時代の名称はフランス領スーダン)が、南スーダンはキリスト教と伝統宗教が中心の国家であります。

南スーダン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

南スーダンのフリー素材1

南スーダン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

南スーダンのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。