スーダンについて

国旗の由来

1969年、ムハンマド・アン=ヌメイリ率いる軍事クーデターでアラブ民族主義政権が成立したのに伴い、翌1970年に制定されたものです。19世紀に反英・反エジプト闘争を繰り広げ、一時的にマフディー(イスラム教の救世主)国家を打ち立てたムハンマド・アフマドが掲げていた旗の色が黒だったとされています。ヌメイリ政権は1985年に倒れましたが、少なくとも北部のアラブ人にとってはこの国旗は好評だったようで、現在に至るまで引き続き用いられています。

国旗の特徴

ザ・アラブといった様相の国旗です。非常にアラブ色の強い国旗で、赤、白、黒、緑の配色は汎アラブ色と言われます。赤はイスラム教徒の聖戦(ジハード)とそれに伴う殉教者の血を、白は平和と将来の希望を、黒はアフリカ大陸の連帯を、緑はイスラム教とナイル川流域で盛んな農業を象徴します。また黒はスーダンにとって特別な色です。1969年、ムハンマド・アン=ヌメイリ率いる軍事クーデターでアラブ民族主義政権が成立したのに伴い、翌1970年に制定されたものです。19世紀に反英・反エジプト闘争を繰り広げ、一時的にマフディー(イスラム教の救世主)国家を打ち立てたムハンマド・アフマドが掲げていた旗の色が黒だったとされています。ヌメイリ政権は1985年に倒れましたが、少なくとも北部のアラブ人にとってはこの国旗は好評だったようで、現在に至るまで引き続き用いられています。

国旗の色の意味

汎アラブ色で構成されている国旗です。赤はイスラム教徒の聖戦(ジハード)とそれに伴う殉教者の血を、白は平和と将来の希望を、黒はアフリカ大陸の連帯を、緑はイスラム教とナイル川流域で盛んな農業を象徴します。また黒はスーダンにとって特別な色です。19世紀に反英・反エジプト闘争を繰り広げ、一時的にマフディー(イスラム教の救世主)国家を打ち立てたムハンマド・アフマドが掲げていた旗の色が黒だったとされています。