スワジランドについて

国旗の由来

スワジランド国旗は保護国から脱し、独立主権国家となった1968年に制定されたもので、スワジ人の伝統的な盾と槍が配されています。これはもともと王立近衛連隊の紋章に由来するもので、スワジランドの主権を守るためなら戦いも辞さないという国民の決意を、伝統的な武器で体現したものです。また、槍と一緒に羽毛(天人鳥というスズメの仲間の羽)のついたインジョボと呼ばれる笏が横たわっており、王の権威を象徴しています。それぞれの配色は、青が空と平和、エビ茶色(公式見解では赤という扱い)が自由への戦い、黄が豊かな天然資源を表します。ちなみに盾が黒と白で二分されているのは、多数派の黒人と少数派の白人の融和を示すためとされています。

国旗の特徴

スワジランド国旗は保護国から脱し、独立主権国家となった1968年に制定されたもので、スワジ人の伝統的な盾と槍が配されています。これはもともと王立近衛連隊の紋章に由来するもので、スワジランドの主権を守るためなら戦いも辞さないという国民の決意を、伝統的な武器で体現したものです。また、槍と一緒に羽毛(天人鳥というスズメの仲間の羽)のついたインジョボと呼ばれる笏が横たわっており、王の権威を象徴しています。それぞれの配色は、青が空と平和、エビ茶色(公式見解では赤という扱い)が自由への戦い、黄が豊かな天然資源を表します。ちなみに盾が黒と白で二分されているのは、多数派の黒人と少数派の白人の融和を示すためとされています。

国旗の色の意味

スワジ人の伝統的な盾と槍が配されています。これはもともと王立近衛連隊の紋章に由来するもので、スワジランドの主権を守るためなら戦いも辞さないという国民の決意を、伝統的な武器で体現したものです。また、槍と一緒に羽毛(天人鳥というスズメの仲間の羽)のついたインジョボと呼ばれる笏が横たわっており、王の権威を象徴しています。それぞれの配色は、青が空と平和、エビ茶色(公式見解では赤という扱い)が自由への戦い、黄が豊かな天然資源を表します。ちなみに盾が黒と白で二分されているのは、多数派の黒人と少数派の白人の融和を示すためとされています。

Translate »