タンザニアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

タンザニアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、タンザニア国旗イラスト素材などを解説いたします。

タンザニアの国旗

国名の正式名称

タンザニア連合共和国

タンザニアを表す漢字一文字

誕生年

1964年

国旗の色の意味

タンザニアの斬新勝つ印象的な国旗のデザインには、しっかりとした意味も含まれているが、その前に複合国旗というところから。 複合国旗。タンザニアの国旗は2カ国の複合国旗となっている。 2カ国とは連合共和国を構成するタンガニーカ(国旗作成当時はタンガニーカ共和国)とザンジバル(国旗作成当時はザンジバル人民共和国)の国旗を合わせたものとなっている。 まず、印象的な斜めにはいった黒色のライン。この黒色はタンザニアの人々、国民の表すものとなっている。その斜めに入った黒色のラインをふちどっている黄色のラインは、タンザニアの経済を支える鉱物資源を意味する黄色となっている。タンザニアといえば・・・鉱物資源。というところを印象的な斜めラインで表現している。 爽やかなカラーリングの緑色はストレートに自然あふれるタンザニアの大地として表現されており、水色はタンザニアの大きな海を表している。

国旗の特徴

国旗の右上から左下にかけて、斜めにズバッと黄色ぶちの黒いラインで仕切られている印象的なデザインと、緑色と水色の爽やかさが相まったタンザニアの国旗。 黄色、黒色、緑色、水色というカラーリングもあまり類を見ないもので、斬新な斜めカットのデザインも多いものではなく、世界の国旗の中でも個性的な部類といえます。 模様や紋章などは無く、カラーリングとラインのみのシップルなデザインながら印象的なタンザニアの国旗です。

タンザニアの地図

国旗の色(色番号)

#049ddb #edc415 #1bad33 #0494d4

タンザニア国旗の意味や由来

タンザニア国旗の意味や由来をまとめました。

タンザニア国旗の由来

タンザニアの国旗は2カ国の複合国旗である。2カ国とは連合共和国を構成するタンガニーカ(国旗作成当時はタンガニーカ共和国)とザンジバル(国旗作成当時はザンジバル人民共和国)の国旗を合わせたものとなっている。

ちなみに詳細としては、タンガニーカ共和国は、黄色のふち取りをした黒い横のラインが入った緑色の旗になっていて、ザンジバルは青と緑と黒の横しまと、左上に小さく今のタンザニアの国旗が入ったようなデザインとなっている。

緑色は農業が盛んなタンザニアのことをわかりやすくあらわしている。タンザニアは国民の8割が農家といわれている。そしてなによりキリマンジャロコーヒー豆が名産品である。鉱物資源をあらわす黄色であるが、タンザニアの鉱物といえば金とタンザナイトが有名である。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

タンザニアにはムクングスという日本では考えられない風習がある。タンザニアの北部で生活しているクーリャ(Kurya)という部族には、年配の女性が若い女性を妻として迎え入れることができるという、珍しい結婚風習がある。これが、ムクングスである。

ムクングスと呼ばれるこの結婚風習には経済的な目的としてのもので、未亡人女性、子どもが授からなかった女性、娘がすべて嫁いでしまった独身独居の女性だけに限り、新たに結婚し、妻として迎えた若い女性に、自分の男性親族とのあいだに子どもをもうけてもらうという仕組みで、これにより家名を残し、財産を守ることができるという利点があるととされている。

ただし、「ムクングス」をするためには、“通常の結婚”と同様に持参金は必要されており、この習慣を悪用し、金を目当てに、若い女性を持つ両親のほうから年配女性に“結婚話”を持ちかけるケースもあるという。すべての背景に悪は存在してしまう。年配女性と「ムクングス」をした若い女性の中には、ムクングスしたものの、年頃の気持ちが湧き上がり、その後、都会からやって来た若い男と駆け落ちしてしまう人もいるそうで、タンザニアの国の近代化が、伝統的に培われてきた「弱い立場の女性の生活を守るための知恵」を、無常にも破壊している現実があるようです。

いっぽうで、若い女性の一部には、親から「ムクングス」を強要され、心に傷を負ってしまう実態もあるという。ムクングス」に甘んじるなど、恥ずべきことだと考える人たちもいるとのこと。かつて、アフリカの数十の部族が営んでいた「女性同士の結婚」という風習は必然的にこれから廃退していく様相である。タンザニアをふくめ、アフリカ諸国の大半では、同性愛は不当に忌み嫌われており、一般的に考えるような同性婚など、けっしてありえない状況となっているのだが、クーリャ族の「ムクングス」は、あくまで経済的視点から、年配女性の生活を救う目的があってのことである。タンザニア政府は、違法とされる同性婚と「ムクングス」とを切り分け、「ムクングス」はお構いなしとして容認しているという背景もある。

タンザニア・クーリャ族の風習やイスラムの風習には、それぞれ同性婚や同性愛を連想させるものがあるが、実態は、どちらも“やむにやまれぬ”必要に迫られてのこと。ともに、同性愛を厳しく禁忌している文化圏であるために、この矛盾したような皮肉さに複雑な気分を抱くものも多いという。どちらにせよ、とても風変わりで意味もしっかりとしているようなムクングスではあるが、やはりどこか「無理」があるのでげんかいはもうすぐそこまでやってきているようだ。

タンザニア国旗に似てる国旗

国旗の右上から左下にかけての斜めラインが印象的なタンザニアの国旗。このパターンの国旗は他にもいくつかある。まず、コンゴ共和国から。右上から左下にかけての斜めラインは赤色の黄色ぶちでタンザニアと同じくズバッと描かれている。斜めに仕切られた両サイドの色はどちらも水色。斜めカットに黄色ぶちで水色があり、という共通点がタンザニア国旗とある。

タンザニアと共通点がある国旗はいくつかある中で、特に似ているとされるのはセントクリストファー・ネイビスが最有力といえる。印象的な斜めラインはタンザニアと同じ黄色ぶちの黒色ライン。ほぼ同じといってよい。黒のラインの中に白い星が2つ施されているの違いになっている。そしてタンザニアもセントクリストファー・ネイビスも斜めカットで仕切られた上の三角部分の色も同じ緑色。多くの共通点があり、一番似ている国旗といえる。

誕生した背景

タンザニア北部には、人類最古のホモ属であるホモ・ハビリスが発見されたオルドヴァイ渓谷があるので、そのためタンザニアは、「人類発祥の地」ともいわれている。イギリスとドイツも植民地時代を経て、その後イギリスとベルギーの植民地となる。

それぞれの背景には1880年代にアフリカ分割が始まり、そこでカール・ペータースの厳しい活動によって1885年に大陸部のあたりにドイツ東アフリカ会社の植民地が認可されることになる(ドイツ領東アフリカ)。19世紀後半からインド洋に進出していたイギリスは、1890年7月1日にドイツとヘルゴランド=ザンジバル条約を締結させ、ザンジバル領のうちの、沿岸地方はドイツが手に入れ、島嶼部のザンジバルをイギリスの保護国とした。1890年に保護国となったザンジバル・スルタン国は、政変に伴う1896年のイギリスとの戦争でイギリスに一方的に敗北し、保護国化当初のザンジバルへの不毛な原則は打ち切られ、以後ザンジバルではイギリスによる行政が進んでゆくこととなる。

そして時は経ち第二次世界大戦後、世界的な脱植民地化のながれの中でタンガニーカ=アフリカ人民族同盟(英語版)(TANU)が次第に支持を集めることとなる。1961年12月9日に大陸側のタンガニーカがイギリスの合意のもと平和的に独立することとなる。1963年にはザンジバル王国も主権を獲得することに成功し独立となる。だがしかし、翌1964年1月にザンジバルで革命が勃発すると国王が亡命することになり、アラブ人排斥の流血の事態の中でザンジバル人民共和国が成立するという運びに。その後、ザンジバルでの政変を経て、ニエレレの汎アフリカ主義の精神の下で両国は連合。1964年4月26日にタンガニーカ・ザンジバル連合共和国が成立した。同年の10月29日、この国家連合は両国の名称とかつてこの地域で栄えたアザニア文化の名称を複合し、タンザニア連合共和国と改称、タンザニア連合国誕生となる。

国の特色・人種構成

首都:ドドマ(現実的にはダルエスサラーム)人口:5185万人
イスラム教とキリスト教がそれぞれ約40%を占める構成となっている。その他土着宗教といわれるものが(約20%)も信仰されている。言語はスワヒリ語で、公用語には英語が使われてる。アフリカ大陸東海岸に位置し、94万平方キロと日本の約2.5倍の国土を有します。高地と低地を有し、高地には5895メートルのキリマンジャロ山がそびえ、ヴィクトリア湖にも接している。低地の海岸部はインド洋に面し、かがやく白砂のビーチがずーっと続いている。

人種構成
バントゥー系黒人が国民のほぼすべてといえる95%を占める。タンガニーカでは99%がアフリカ系黒人であり、1%程のヨーロッパ系、アラブ系、インド系の市民が存在するクマ族、マコンデ族、チャガ族、ハヤ族など、多くの民族があり、約130もの民族から構成されている。

仲の悪い国・仲のいい国

ウガンダとは戦争したという過去がある。タンザニアとウガンダは戦争の数年前から緊張状態にあり、アミンが1971に年ウガンダ革命で権力を握りはじめると、タンザニアの指導者ジュリウス・ニエレレは追放されたウガンダ元大統領のミルトン・オボテの保護を提案。

オボテはアミンの敵対勢力げんめつ計画から避難した約2万人もの避難民と合流。翌年、タンザニアのウガンダ避難民はウガンダに侵攻しアミンを取り除くことを計画し、失敗。アミンはニエレレの帰還と彼の軍の武装を非難など、国際関係としては良好ではない過去がある。

タンザニアの国旗

タンザニア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

タンザニアのフリー素材1
タンザニアのフリー素材2

タンザニア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

タンザニアのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。