トーゴについて

国旗の由来

デザインは西アフリカで唯一独立を守り通したリベリアの国旗に似ており、更にはリベリア国旗のモチーフとなったアメリカの星条旗の影響を受けた国旗と言えます。 トーゴは1960年にフランスから独立する直前にこの国旗を制定。黄は鉱産資源と労働、緑は農業と希望、赤は独立のために流された血と友愛を表します。カントン部の白い星は、純粋さと自由、そしてトーゴの独立を守る意思を象徴しています。

国旗の特徴

緑、黄、赤の配色は汎アフリカ色と呼ばれ、アフリカの多くの国が用いています。デザインは西アフリカで唯一独立を守り通したリベリアの国旗に似ており、更にはリベリア国旗のモチーフとなったアメリカの星条旗の影響を受けた国旗と言えます。 トーゴは1960年にフランスから独立する直前にこの国旗を制定。黄は鉱産資源と労働、緑は農業と希望、赤は独立のために流された血と友愛を表します。カントン部の白い星は、純粋さと自由、そしてトーゴの独立を守る意思を象徴しています。

国旗の色の意味

黄は鉱産資源と労働、緑は農業と希望、赤は独立のために流された血と友愛を表します。カントン部の白い星は、純粋さと自由、そしてトーゴの独立を守る意思を象徴しています。