ザンビアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ザンビアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ザンビア国旗イラスト素材などを解説いたします。

ザンビアの国旗

国名の正式名称

ザンビア共和国

ザンビアを表す漢字一文字

誕生年

1964

国旗の色の意味

緑がザンビアの豊かな自然と農業を、赤は独立のために流された血を、黒は国民の大半を占める黒人を、オレンジは前述のようにこの国が銅の主要な生産国であることを示しています。

国旗の特徴

1964年の独立時に制定された国旗は、緑がザンビアの豊かな自然と農業を、赤は独立のために流された血を、黒は国民の大半を占める黒人を、オレンジは前述のようにこの国が銅の主要な生産国であることを示しています。フライ側に意匠を集中させた珍しい国旗であり、赤、黒、オレンジの三色の上には力の象徴である国鳥サンショクウミワシが配されています。1996年にはそれまで暗い緑だった地色が明るい緑に変更され、現在に至ります。ちなみにザンビアの独立は1964年の10月24日ですが、この日は折しも東京五輪の閉会式が行われた日です。この国の選手団は東京五輪でオリンピック初参加を果たしていましたが、開会式や競技期間の時点ではまだ正式な独立には至っていなかったため、北ローデシアという名前と植民地旗を掲げていました。一方、独立記念日をむかえた閉会式は、五輪の締めくくりが行われていた東京国立競技場の中で、制定されたばかりの真新しい国旗が初めて国際社会にお披露目され、北ローデシアではなくザンビアという呼称がコールされることとなり、新生国家の独立を世界中に知らせる絶好の舞台となりました。閉会式でザンビアの新国旗を掲げていた選手団員は、同じく閉会式に参加していた各国の選手にこぞって肩車をされ、観衆も割れんばかりの拍手を送り、当時の会場は祝福ムードに包まれたといいます。

ザンビアの地図

国旗の色(色番号)

#db1b0c #ed7604 #ec6c04 #a06f05

ザンビア国旗の意味や由来

ザンビア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ザンビア国旗の由来

1964年の独立時に制定された国旗は、緑がザンビアの豊かな自然と農業を、赤は独立のために流された血を、黒は国民の大半を占める黒人を、オレンジは前述のようにこの国が銅の主要な生産国であることを示しています。フライ側に意匠を集中させた珍しい国旗であり、赤、黒、オレンジの三色の上には力の象徴である国鳥サンショクウミワシが配されています。1996年にはそれまで暗い緑だった地色が明るい緑に変更され、現在に至ります。

誕生した背景

18世紀から19世紀にかけて、この地はアフリカ大陸をエジプトから南アフリカまで南北に縦断する政策を推進していたイギリスと、アンゴラからモザンビークまでの東西を横断しようとするポルトガルの係争地となっていましたが、国力で勝るイギリスが最終的にポルトガル軍を撤収させることに成功し、1890年には南のジンバブエと共にローデシアの名でイギリス南アフリカ会社(BSAC)が接収しました。BSACによる統治は現地人を徹底的に搾取する過激なもので、国際社会からの非難も強くなったため、1924年にローデシアは南北に分割され、ザンビアは北ローデシアと改名し、その地位もBSACの所有地からイギリス政府の直轄植民地へと変更されました。第二次大戦後からは現地人が独立を求める声を拡大させていき、手を焼いたイギリスは1953年に南北ローデシアと東隣のニヤサランド(現マラウイ)を合併して連邦化し、人口の多い南ローデシアの白人に実権を握らせることで、独立運動を封じ込めようと画策します。しかしこれはかえって各地域の白人の利害対立を招き、逆に大多数を占める黒人層の結束を固める結果となったため、失敗。1963年末に連邦は解体に追い込まれました。ここにきて遂に植民地の維持を断念したイギリスは、北ローデシアに自治政府の設立を認め、独立運動を主導した統一民族独立党(UNIP)のケネス・カウンダが自治政府の首相に就任。翌1964年にはザンビア共和国としてようやく独立を達成しました。

国の特色・人種構成

特色:ザンビアはアフリカ大陸南部に位置する熱帯の内陸国です。国民の7割は農業に従事し、コーヒー豆や葉タバコなどの換金作物と、自給用のイモ類が盛んに作られていますが、国際的には金属類を中心に地下資源が豊富な国として知られており、銅とコバルトの2品目だけでザンビアの総輸出額の約8割を占めます。

人種構成:黒人諸部族が99%で、そのほとんどがバントゥー系。約70の部族に分かれ、チェワ、ベンバ、トンガ、トゥンブカ、ルンダ、ルヴァレ、カオンデ、ンコヤ、ロジの9部族の規模が特に大きいとされています。

ザンビア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ザンビアのフリー素材1

ザンビア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ザンビアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。