アンティグア バーブーダの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

アンティグア バーブーダの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、アンティグア バーブーダ国旗イラスト素材などを解説いたします。

アンティグア バーブーダの国旗

国名の正式名称

アンティグア バーブーダ

アンティグア バーブーダを表す漢字一文字

誕生年

1981

国旗の色の意味

黒は住民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を、赤は力の源を、青はカリブ海と希望を表します。上部の太陽は独立したことで新時代が到来することを象徴し、国旗としては珍しいV字の意匠は勝利(Victory)を示しています。また黄、青、白はそれぞれ太陽、海、砂浜を図案化したもので、この国の美しい海を利用した観光業を象徴します。

国旗の特徴

独創性に長けた国旗です。国旗は1967年の自治権獲得の際に制定されたもので、独立後も変わらず使い続けられています。黒は住民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を、赤は力の源を、青はカリブ海と希望を表します。上部の太陽は独立したことで新時代が到来することを象徴し、国旗としては珍しいV字の意匠は勝利(Victory)を示しています。また黄、青、白はそれぞれ太陽、海、砂浜を図案化したもので、この国の美しい海を利用した観光業を象徴します。

アンティグア バーブーダの地図

国旗の色(色番号)

#facb13 #0668bf #b1b2c6 #cc0b23

アンティグア バーブーダ国旗の意味や由来

アンティグア バーブーダ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

アンティグア バーブーダ国旗の由来

国旗は1967年の自治権獲得の際に制定されたもので、独立後も変わらず使い続けられています。黒は住民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を、赤は力の源を、青はカリブ海と希望を表します。上部の太陽は独立したことで新時代が到来することを象徴し、国旗としては珍しいV字の意匠は勝利(Victory)を示しています。また黄、青、白はそれぞれ太陽、海、砂浜を図案化したもので、この国の美しい海を利用した観光業を象徴します。

誕生した背景

アンティグア・バーブーダは17世紀以来イギリスの植民地支配を受けてきた地であり、その頃サトウキビ栽培のために労働力として連れてこられたアフリカ系黒人の子孫が今でも国の最大民族となっています。その後、1958年にカリブ海におけるイギリス領の島々は共同で西インド連邦という自治国を形成し、アンティグア・バーブーダもその一員となりました。将来的には連邦を構成する全ての島が1つの国として独立する予定でしたが、域内で主導な位置を占めるジャマイカとトリニダード・トバゴの対立により1962年に連邦は解体。結局、アンティグア・バーブーダは1967年に今度は単独の自治領となり、1981年には正式に独立を達成しました。

国の特色・人種構成

特色:北中米地域のカリブ海に位置する島嶼国アンティグア・バーブーダは、首都セントジョンズを抱え、国家の中心となっているアンティグア島(有人島)と、その北方に浮かぶバーブーダ島(有人島)、そして国の南西部に位置する小さなレドンダ島(無人島)の3島で構成されます。国の主要産業は温暖な気候と美しい海岸を利用した観光業、および特産のサトウキビを加工して作られるラム酒の輸出ですが、天候や国際価格に左右されるこれらの産業に依存することは危険と考えた政府の意向により、近年はインターネット上の電子カジノの運営により利益を挙げるなど、産業の多角化を図っています。

人種構成:
アフリカ系黒人91% ムラート(黒人と白人の混血)4% ヨーロッパ系白人2% 他に少数のインド系など。

アンティグア バーブーダ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

アンティグア バーブーダのフリー素材1

アンティグア バーブーダ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

アンティグア バーブーダのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。