アンティグア バーブーダについて

国旗の由来

国旗は1967年の自治権獲得の際に制定されたもので、独立後も変わらず使い続けられています。黒は住民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を、赤は力の源を、青はカリブ海と希望を表します。上部の太陽は独立したことで新時代が到来することを象徴し、国旗としては珍しいV字の意匠は勝利(Victory)を示しています。また黄、青、白はそれぞれ太陽、海、砂浜を図案化したもので、この国の美しい海を利用した観光業を象徴します。

国旗の特徴

独創性に長けた国旗です。国旗は1967年の自治権獲得の際に制定されたもので、独立後も変わらず使い続けられています。黒は住民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を、赤は力の源を、青はカリブ海と希望を表します。上部の太陽は独立したことで新時代が到来することを象徴し、国旗としては珍しいV字の意匠は勝利(Victory)を示しています。また黄、青、白はそれぞれ太陽、海、砂浜を図案化したもので、この国の美しい海を利用した観光業を象徴します。

国旗の色の意味

黒は住民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を、赤は力の源を、青はカリブ海と希望を表します。上部の太陽は独立したことで新時代が到来することを象徴し、国旗としては珍しいV字の意匠は勝利(Victory)を示しています。また黄、青、白はそれぞれ太陽、海、砂浜を図案化したもので、この国の美しい海を利用した観光業を象徴します。

Translate »