バハマの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

バハマの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、バハマ国旗イラスト素材などを解説いたします。

バハマの国旗

国名の正式名称

バハマ国

バハマを表す漢字一文字

誕生年

1973

国旗の色の意味

黒はバハマ国民のほとんどを占める黒人の活力と団結を、青はカリブ海と大西洋を、黄は輝く砂浜を持つ国土と太陽を表します。黒が三角形で表されていますが、これは海と陸という2つの豊かな地勢を国民が開発するという決意を象徴するものです。

国旗の特徴

カラーリングがあまり他に類を見ない様相です。国旗は1973年の独立と同時に制定されたもので、黒はバハマ国民のほとんどを占める黒人の活力と団結を、青はカリブ海と大西洋を、黄は輝く砂浜を持つ国土と太陽を表します。黒が三角形で表されていますが、これは海と陸という2つの豊かな地勢を国民が開発するという決意を象徴するものです。なお、バハマはリベリア、パナマ、マーシャル諸島に次ぐ世界第4位の便宜置籍船(注1)保有国であり、書類上は世界屈指の船舶稼働国のため、世界中の船でこの旗が見られます。

バハマの地図

国旗の色(色番号)

#040404 #fbdb3b #c4ac2c #04acc5

バハマ国旗の意味や由来

バハマ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

バハマ国旗の由来

国旗は1973年の独立と同時に制定されたもので、黒はバハマ国民のほとんどを占める黒人の活力と団結を、青はカリブ海と大西洋を、黄は輝く砂浜を持つ国土と太陽を表します。黒が三角形で表されていますが、これは海と陸という2つの豊かな地勢を国民が開発するという決意を象徴するものです。なお、バハマはリベリア、パナマ、マーシャル諸島に次ぐ世界第4位の便宜置籍船(注1)保有国であり、書類上は世界屈指の船舶稼働国のため、世界中の船でこの旗が見られます。

誕生した背景

バハマ諸島における人間の生活史は、11世紀頃に南方のキューバ島やイスパニョーラ島から海を渡ったアラワク(タイノ)族というインディオに始まるとされます。彼らは時を経て「島の民」を意味するルカヤンと呼ばれるようになり、主に自給用の漁業を軸とした平穏な生活を営んでいましたが、ヨーロッパで大航海時代の火付け役となったクリストファー・コロンブスが1492年にサンサルバドル島に降り立つと、徐々に状況が変化し、強力な武器を持つヨーロッパ人によるルカヤン奴隷化が始まりました。また、ヨーロッパの疫病に耐性を持たなかったルカヤンは、強制労働による過労死と病死、そして植民地統治の拠点となった地域への強制移住によって次々と数を減らし、コロンブスの島到達から30年も経たないうちに絶滅してしまったといいます。その後、人員という「資源」が無くなった島々は放置され、「黒髭」と呼ばれて恐れられたエドワード・ティーチをはじめとする有名なカリブ海賊の拠点になっていたものの、17世紀に入ると砂糖や果物の生産に適した温暖なこの地に対する本格的な植民が始まり、イギリス人によって多くの農場が開かれました。その労働力の大半はアフリカから連れてこられた黒人奴隷によって拠出され、18世紀後半に正式な植民地化と奴隷解放が成された後も、彼らは白人に従属する存在として蔑視される時代が続くことになります。しかし第二次大戦後、イギリスが世界中の植民地を維持する国力を失うと、バハマでも各地で自治獲得を求める運動が高まり、1950年代に入ると黒人の権利確立を求める政党の結成が相次ぎました。1964年には黒人指導者を首相とする自治政府が発足し、政府の運営や自治議会選などを経て政治経験を積んだバハマ人は、1973年にバハマ国の名で遂に念願の独立を達成するに至ったのです。なお、植民地時代にイギリス文化を受容したバハマは、独立後もイギリス国王が自国の元首を兼ねる英連邦王国という政治体制を採り、二大政党制と議会制民主主義のもとで安定した政情と高い生活水準を享受しています。

国の特色・人種構成

特色:バハマはカリブ海の少し北に位置し、海を挟んでアメリカのフロリダ半島、キューバ、ハイチと向かい合う島国です。国土を構成する島の数は700以上にもなり、首都ナッソーがあるニュープロヴィデンス島を中核に、国内最大の島であるアンドロス島、大航海時代のコロンブスが西半球で最初に降り立った地として知られるサンサルバドル島などが点在し、小さな陸地面積に反して非常に広い海域を抱えます。
国土全域が湿度の高い熱帯気候に属し、平均気温は一年中20℃以上に保たれ、夏は時にむせ返るような炎熱に見舞われることもありますが、逆に冬は温暖で過ごしやすい環境に変わるため、この時期には欧米諸国から多くの観光客が避寒地としてバハマを訪れます。その年間観光客数はバハマの人口の実に4倍に相当する140万人に達し、彼らによる旺盛な消費は、バハマを中米屈指の経済国へと押し上げました。美しい海と白い砂浜、景勝地となる多数の島々、そして海の生き物と間近に触れ合えるダイビングスポットに加え、後述の黒人解放奴隷とその子孫たちが大国アメリカとのはざまで生み出した独特な明るい文化も人気で、リゾート地としての地位を確固たるものとしており、その観光政策は各国政府にも参考にされるなど、高い評価を受けています。

バハマ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

バハマのフリー素材1

バハマ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

バハマのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。