バルバドスについて

国旗の由来

バルバドスの国旗は、1966年の独立に際して公募によって採用されました。島の美術教師グラントリー・プレスコッドが作成したこの国旗は、濃い青がバルバドスを囲む大西洋とカリブ海、黄が輝く砂浜を持つ国土を表します。国旗の通称はThe Broken Trident(壊れた三叉槍)であり、中央には文字通りトライデントと呼ばれる槍の先が配されています。これはヨーロッパ社会で古くから海神(ギリシャ神話ではポセイドン、ローマ神話ではネプチューン)のシンボルとして崇められてきたものですが、バルバドス国旗の場合、敢えてこの槍の折れた先端部分だけを国旗に付加することで、ヨーロッパ人による植民地支配からの決別と解放を象徴します。

国旗の特徴

バルバドスの国旗は、1966年の独立に際して公募によって採用されました。島の美術教師グラントリー・プレスコッドが作成したこの国旗は、濃い青がバルバドスを囲む大西洋とカリブ海、黄が輝く砂浜を持つ国土を表します。国旗の通称はThe Broken Trident(壊れた三叉槍)であり、中央には文字通りトライデントと呼ばれる槍の先が配されています。これはヨーロッパ社会で古くから海神(ギリシャ神話ではポセイドン、ローマ神話ではネプチューン)のシンボルとして崇められてきたものですが、バルバドス国旗の場合、敢えてこの槍の折れた先端部分だけを国旗に付加することで、ヨーロッパ人による植民地支配からの決別と解放を象徴します。

国旗の色の意味

島の美術教師グラントリー・プレスコッドが作成したこの国旗は、濃い青がバルバドスを囲む大西洋とカリブ海、黄が輝く砂浜を持つ国土を表します。国旗の通称はThe Broken Trident(壊れた三叉槍)であり、中央には文字通りトライデントと呼ばれる槍の先が配されています。これはヨーロッパ社会で古くから海神(ギリシャ神話ではポセイドン、ローマ神話ではネプチューン)のシンボルとして崇められてきたものですが、バルバドス国旗の場合、敢えてこの槍の折れた先端部分だけを国旗に付加することで、ヨーロッパ人による植民地支配からの決別と解放を象徴します。