ドミニカ国の国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ドミニカ国の国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ドミニカ国国旗イラスト素材などを解説いたします。

ドミニカ国の国旗

国名の正式名称

ドミニカ国

ドミニカ国を表す漢字一文字

国旗の色の意味

黄が太陽の光と主要農産物(柑橘類とバナナ)、そして黄色人種である先住民(カリブ族)を、黒は肥沃な国土と国民の大半を占める黒人を、白はドミニカの清らかな川と純潔をそれぞれ象徴します。中央の赤い円は正義を表し、その周囲にある10個の緑の星はドミニカに10ある行政区を示すと同時に、それらが等間隔かつ同じ大きさで並ぶことで、全ての行政区が平等であることを象徴しています。

国旗の特徴

ドミニカ国の国旗は、当時島内随一の劇作家、文化活動家として知られたアーウィン・ブリーが制作したもので、1978年の独立と同時に国旗として正式に制定されました。ただ、当時の意匠から3度にわたって細かな変更が施されており、現在のデザインに落ち着いたのは1990年になってからのことです。三色の十字線は、国内でほとんどの人が信仰するキリスト教の三位一体説を表すと同時に、黄が太陽の光と主要農産物(柑橘類とバナナ)、そして黄色人種である先住民(カリブ族)を、黒は肥沃な国土と国民の大半を占める黒人を、白はドミニカの清らかな川と純潔をそれぞれ象徴します。中央の赤い円は正義を表し、その周囲にある10個の緑の星はドミニカに10ある行政区を示すと同時に、それらが等間隔かつ同じ大きさで並ぶことで、全ての行政区が平等であることを象徴しています。その中に配された鳥は、ドミニカ国にのみ生息し、全体でも約300羽しか存在しない希少な固有種の鳥であるミカドボウシインコで、ドミニカが大志の完遂に向けて高く飛び立つことを表します。

ドミニカ国の地図

国旗の色(色番号)

#e20730 #f8c704 #0a0707 #d4dcd7

ドミニカ国国旗の意味や由来

ドミニカ国国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ドミニカ国国旗の由来

1978年の独立と同時に国旗として正式に制定されました。ただ、当時の意匠から3度にわたって細かな変更が施されており、現在のデザインに落ち着いたのは1990年になってからのことです。三色の十字線は、国内でほとんどの人が信仰するキリスト教の三位一体説を表すと同時に、黄が太陽の光と主要農産物(柑橘類とバナナ)、そして黄色人種である先住民(カリブ族)を、黒は肥沃な国土と国民の大半を占める黒人を、白はドミニカの清らかな川と純潔をそれぞれ象徴します。中央の赤い円は正義を表し、その周囲にある10個の緑の星はドミニカに10ある行政区を示すと同時に、それらが等間隔かつ同じ大きさで並ぶことで、全ての行政区が平等であることを象徴しています。その中に配された鳥は、ドミニカ国にのみ生息し、全体でも約300羽しか存在しない希少な固有種の鳥であるミカドボウシインコで、ドミニカが大志の完遂に向けて高く飛び立つことを表します。

誕生した背景

17世紀からのフランスによる支配、続いて18世紀のイギリスへの支配権の交代という欧州諸国の領土紛争の中で、労働力としてアフリカから移住させられた黒人奴隷が徐々に島の人口の多数派を占めるようになりました。イギリスも残されたカリブ族を従わせるのは困難と判断し、島の北東部に自治権を持った居留地を与え、便宜を図りましたが、大勢を覆すことは出来ず、黒人奴隷の解放後はカリブ族と黒人の混血も時代を経て進んだため、今では生粋のカリブ族は島の人口の2~3%ほどにまで減少しています。そんな難しい民族問題を抱えた中でも、ドミニカ島そのものの独立を求める声は次第に大きくなっていき、第二次大戦後にイギリスが世界各地の植民地を維持する能力を喪失すると、カリブ海のイギリス領の島々は1958年に西インド連邦という自治国を結成して、将来的にはこの枠組みのまま独立することも予定されていました。ドミニカ島も一旦はこの枠組みに組み込まれたものの、連邦は域内で圧倒的な人口を抱えるジャマイカとトリニダード・トバゴの主導権争いで1962年には早くも瓦解。改めて単独の地域としてイギリスの直轄植民地に戻ったドミニカ島は、1967年に内政自治権を獲得し、自治政府を運営する中で現地人が政治経験を積んでいった結果、1978年にはドミニカ国として、ようやく正式な独立を達成するに至りました。

国の特色・人種構成

特色:ドミニカ国は中米、カリブ海の西インド諸島に浮かぶ島国で、1978年にイギリスから独立した小さな共和制国家です。同じカリブ海のイスパニョーラ島東部を領土とするドミニカ共和国とは固有名詞部分が同じですが、通常は「ドミニカ」と単体で呼ぶ際はこちらの国を表します。この国の領土のほぼ全てを占めるドミニカ島は、欧米諸国民向けの観光地として開発が進められているカリブ海の島々の中では例外的に、自然が最も野生に近い形で保全されていることで知られ、島の最高峰である北部のディアブロティン山(1447m)を中核とする険しい山々と、そこに息づいた豊かな生態系から、「The Nature Island (自然の島)」という別名を持ちます。

人種構成:アフリカ系黒人87%
       ムラート(白人と黒人の混血)9%
       先住民(インディオ系カリブ族)2%
       ヨーロッパ系白人1%

ドミニカ国国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ドミニカ国のフリー素材1

その他のアメリカ州の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Four Northern Kings

北欧四十字(北欧四天王)

北欧の四天王。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Dragon and Tiger Brothers of the Orient

亜細亜の龍

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。