グレナダの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

グレナダの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、グレナダ国旗イラスト素材などを解説いたします。

グレナダの国旗

国名の正式名称

グレナダ

グレナダを表す漢字一文字

誕生年

1974

国旗の色の意味

配色にはエチオピア国旗に範を取った汎アフリカ色(赤、黄、緑)が採用されており、赤は勇気と統一、黄は国土と輝く太陽、緑は肥沃な土壌と農業を表します。中央部に1つ、上部に3つ、下部に3つ、合計7つの星がありますが、これはグレナダを構成する7つの行政区分を象徴し、特に中央の星は首都セントジョージズを表すとのこと。

国旗の特徴

ラスタカラーで独創的なデザインが印象的です。1974年の独立に伴い制定されたグレナダの国旗は、旗の周囲を特定の色で縁取りした独特な意匠で知られます。このような意匠を旗章学用語ではボーダーと呼び、グレナダの他にはモンテネグロが採用しています。国民の大半がアフリカ系黒人であることから、配色にはエチオピア国旗に範を取った汎アフリカ色(赤、黄、緑)が採用されており、赤は勇気と統一、黄は国土と輝く太陽、緑は肥沃な土壌と農業を表します。中央部に1つ、上部に3つ、下部に3つ、合計7つの星がありますが、これはグレナダを構成する7つの行政区分を象徴し、特に中央の星は首都セントジョージズを表すとのこと。国旗のホイスト部に描かれた植物の実は前述のナツメグで、グレナダがいかにこの特産品に誇りを持っているかがうかがい知れます。

グレナダの地図

国旗の色(色番号)

#cc0e24 #c40a20 #d25e20 #0d6452

グレナダ国旗の意味や由来

グレナダ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

グレナダ国旗の由来

1974年の独立に伴い制定されたグレナダの国旗は、旗の周囲を特定の色で縁取りした独特な意匠で知られます。このような意匠を旗章学用語ではボーダーと呼び、グレナダの他にはモンテネグロが採用しています。国民の大半がアフリカ系黒人であることから、配色にはエチオピア国旗に範を取った汎アフリカ色(赤、黄、緑)が採用されており、赤は勇気と統一、黄は国土と輝く太陽、緑は肥沃な土壌と農業を表します。中央部に1つ、上部に3つ、下部に3つ、合計7つの星がありますが、これはグレナダを構成する7つの行政区分を象徴し、特に中央の星は首都セントジョージズを表すとのこと。国旗のホイスト部に描かれた植物の実は前述のナツメグで、グレナダがいかにこの特産品に誇りを持っているかがうかがい知れます。

誕生した背景

1649年よりフランスの植民地支配を受け、反発したカリブ先住民が次々と虐殺された一方、農業奴隷としてアフリカから多くの黒人が移入されました。しかし18世紀半ばにヨーロッパと北米大陸で行われた七年戦争の最中、混乱に乗じてイギリスが占領し、1763年には条約で正式にイギリス領へと移行しています。第二次大戦後になるとこの地域でも自治の拡大や独立を求める動きが活発化し、1958年にカリブ海のイギリス領の島々は共同で西インド連邦という自治国を形成、グレナダもその一員となりました。この自治国は将来的に1つの国として正式に独立する予定でしたが、連邦内のリーダー格だったジャマイカとトリニダード・トバゴによる主導権争いが激化したため、1962年に解体。グレナダは1967年に単独で自治領への昇格を果たし、1974年に英連邦王国(独立後もイギリス国王が元首の座を兼ね続ける国)として独立を達成しました。

国の特色・人種構成

特色:グレナダは中米のカリブ海地域に浮かぶ島国で、首都セントジョージズを有するグレナダ島と、その北に位置するグレナディーン諸島の一部、そして周辺の島々を領土としています。

人種構成:
アフリカ系黒人82% ムラート(白人と黒人の混血)13% インド系3% ヨーロッパ系白人2%

グレナダ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

グレナダのフリー素材1

グレナダ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

グレナダのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。