ガイアナについて

国旗の由来

1966年の独立と同時にこの旗を国旗として制定しました。この独特な意匠はThe Golden Arrowhead(黄金の矢じり)と呼ばれ、緑は国土の80%以上を占める森林と主要産業である農業を、黄はボーキサイト(アルミニウムの原料)や金といった豊かな鉱産資源を、白は国内を流れる多くの川と水資源を、赤は国家建設にかける国民の情熱を、黒はそのために国民が忍耐強く努力することをそれぞれ表しています。また全体の意匠で、ガイアナが輝かしい未来に向かって邁進する様子を象徴します。国旗としての正式な規格では縦横比は3対5とされていますが、より横長な1対2の比率の旗も海軍旗として認められているとのことです。

国旗の特徴

ガイアナは独立に当たって、アメリカの旗章学者であるホイットニー・スミスに国旗の作成を依頼。スミスの提案したデザインに基づき、1966年の独立と同時にこの旗を国旗として制定しました。この独特な意匠はThe Golden Arrowhead(黄金の矢じり)と呼ばれ、緑は国土の80%以上を占める森林と主要産業である農業を、黄はボーキサイト(アルミニウムの原料)や金といった豊かな鉱産資源を、白は国内を流れる多くの川と水資源を、赤は国家建設にかける国民の情熱を、黒はそのために国民が忍耐強く努力することをそれぞれ表しています。また全体の意匠で、ガイアナが輝かしい未来に向かって邁進する様子を象徴します。国旗としての正式な規格では縦横比は3対5とされていますが、より横長な1対2の比率の旗も海軍旗として認められているとのことです。

国旗の色の意味

この独特な意匠はThe Golden Arrowhead(黄金の矢じり)と呼ばれ、緑は国土の80%以上を占める森林と主要産業である農業を、黄はボーキサイト(アルミニウムの原料)や金といった豊かな鉱産資源を、白は国内を流れる多くの川と水資源を、赤は国家建設にかける国民の情熱を、黒はそのために国民が忍耐強く努力することをそれぞれ表しています。