セントビンセントグレナディーンについて

国旗の由来

1979年の独立から、1985年まで用いられた国旗が初代で、中央の紋章は1912年から既に植民地旗の一部として用いられていたもので、オリーブの枝を持つ女性は平和を、祭壇の前でひざまずいている女性は正義を意味します。周辺はパンの木の葉で覆われており、下部の帯にはラテン語で「平和と正義」と書かれています。また、青と黄、黄と緑の境界には白い帯が引かれています。1985年、色の境界にある白い帯が省かれた国旗が制定されましたが、同年のうちに現在の国旗に移行しました。 セントビンセント・グレナディーンの国旗は、独立当初は国旗の中央に現在のものより複雑な国章を配していましたが、1985年にこの国旗に移行しました。この旗はThe Gems(ザ・ジェムズ、宝石旗)と呼ばれ、中央のV字に配された3つの菱形はSaint Vincent(セントビンセント)のVを象っていると同時に、島国セントビンセント・グレナディーンの点在する領土を図案化したものでもあります。また、青はカリブ海と広い空、黄は太陽の光と輝く砂浜、緑は豊かな農産物と植生を表しています。

国旗の特徴

セントビンセント・グレナディーンの国旗は、独立当初は国旗の中央に現在のものより複雑な国章を配していましたが、1985年にこの国旗に移行しました。この旗はThe Gems(ザ・ジェムズ、宝石旗)と呼ばれ、中央のV字に配された3つの菱形はSaint Vincent(セントビンセント)のVを象っていると同時に、島国セントビンセント・グレナディーンの点在する領土を図案化したものでもあります。また、青はカリブ海と広い空、黄は太陽の光と輝く砂浜、緑は豊かな農産物と植生を表しています。

国旗の色の意味

大自然に恵まれた国土であるセントビンセント・グレナディーンの国旗の色は、青はカリブ海と広い空、黄は太陽の光と輝く砂浜、緑は豊かな農産物と植生を表しています。