セントルシアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

セントルシアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、セントルシア国旗イラスト素材などを解説いたします。

セントルシアの国旗

国名の正式名称

セントルシア

セントルシアを表す漢字一文字

誕生年

1979

国旗の色の意味

地色である水色はカリブ海を、中央の三角形はセントルシア島を象徴します。この三角形は三色で構成されており、黄は太陽と輝く砂浜を、黒はセントルシア国民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を表します。

国旗の特徴

独特なデザインで知られるセントルシアの国旗は、1967年の自治権獲得時に既に作られていました。当時は地色が水色ではなく青で、中央の意匠も一回りほど大きかったのですが、まず独立時に中央の意匠が今と同じサイズになり、次いで2002年には地色も現行の水色に変更されました。地色である水色はカリブ海を、中央の三角形はセントルシア島を象徴します。この三角形は三色で構成されており、黄は太陽と輝く砂浜を、黒はセントルシア国民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を表します。また2つの三角形(黒白と黄)は、双子の活火山として世界遺産にも登録された国内最高峰ピトン山をイメージしています。

セントルシアの地図

国旗の色(色番号)

#090806 #facb12 #d6d9dc #948c74

セントルシア国旗の意味や由来

セントルシア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

セントルシア国旗の由来

独特なデザインで知られるセントルシアの国旗は、1967年の自治権獲得時に既に作られていました。当時は地色が水色ではなく青で、中央の意匠も一回りほど大きかったのですが、まず独立時に中央の意匠が今と同じサイズになり、次いで2002年には地色も現行の水色に変更されました。地色である水色はカリブ海を、中央の三角形はセントルシア島を象徴します。この三角形は三色で構成されており、黄は太陽と輝く砂浜を、黒はセントルシア国民の大半を占める黒人を、白は少数派の白人を表します。また2つの三角形(黒白と黄)は、双子の活火山として世界遺産にも登録された国内最高峰ピトン山をイメージしています。

誕生した背景

中米のセントルシアは1979年にイギリスから独立した島国で、いわゆるカリブ諸国の1つです。セントルシア島も他のカリブの島々同様、大航海時代初期にスペイン人によって発見されたことからヨーロッパ人の入植がはじまった地です。正式な植民地化は1660年、フランスが現地の先住民と結んだ条約によって成され、主にサトウキビや各種フルーツの生産地として開発されましたが、同時にこの海域の覇権を狙うイギリスと熾烈な領有権争いも起き、17世紀から18世紀にかけて実に14回も支配者が入れ替わる事態に陥ります。結局、この紛争はフレンチ・インディアン戦争後に締結された1814年のパリ条約でイギリスに軍配が上がり、以後セントルシア島はイギリスの植民地支配のもとで引き続き各種農産品の供給地という役割を担うことになりましたが、フランスの影響下に置かれた時期が長かった歴史の名残として、今でも国民のほとんどは日常的にはフランス語系のクレオール言語(異なる言語が融合して生まれた人工言語)であるセントルシア・クレオール語を話します。一応、独立後のセントルシア政府は英語を国家唯一の公用語と定めており、ビジネス・教育・報道など公的な言語として習得している人は多いのですが、英語そのものが母語という人は少なく、総人口の2割程度に過ぎません。

国の特色・人種構成

特色:いわゆるカリブ諸国の1つです。セントルシア島も他のカリブの島々同様、大航海時代初期にスペイン人によって発見されたことからヨーロッパ人の入植がはじまった地です。

人種構成:
アフリカ系黒人85% ムラート(白人と黒人の混血)11% インド系2%
少数のヨーロッパ系白人、先住民(インディオ)、中国系など。

セントルシア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

セントルシアのフリー素材1

セントルシア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

セントルシアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。