トリニダード・トバゴについて

国旗の由来

1962年の独立と同時に制定されたトリニダード・トバゴ国旗の意匠は、独立に先立って自治政府が選任した国旗制定委員会が考案したものです。国旗の配色は、赤は国民の活力と寛容さ、そして降り注ぐ太陽の光を、白は多民族国家トリニダード・トバゴにおける全国民の平等と純粋さを、黒は民衆の力強さと団結を表します。また、白い帯が2本並んでいるのは、国を構成する2つの主島と、それを隔てる海の象徴でもあります。ちなみに、トバゴ島は1987年に内政自治権を獲得して以来、行政府を兼ねるトバゴ島議会の統治下にありますが、独自の地域旗は制定されていません。

国旗の特徴

1962年の独立と同時に制定されたトリニダード・トバゴ国旗の意匠は、独立に先立って自治政府が選任した国旗制定委員会が考案したものです。国旗の配色は、赤は国民の活力と寛容さ、そして降り注ぐ太陽の光を、白は多民族国家トリニダード・トバゴにおける全国民の平等と純粋さを、黒は民衆の力強さと団結を表します。また、白い帯が2本並んでいるのは、国を構成する2つの主島と、それを隔てる海の象徴でもあります。ちなみに、トバゴ島は1987年に内政自治権を獲得して以来、行政府を兼ねるトバゴ島議会の統治下にありますが、独自の地域旗は制定されていません。

国旗の色の意味

赤は国民の活力と寛容さ、そして降り注ぐ太陽の光を、白は多民族国家トリニダード・トバゴにおける全国民の平等と純粋さを、黒は民衆の力強さと団結を表します。また、白い帯が2本並んでいるのは、国を構成する2つの主島と、それを隔てる海の象徴でもあります。