モーリシャスについて

国旗の由来

1968年にイギリスから独立すると同時に制定されたもので、赤は独立のために流された血、青は島を囲むインド洋、黄は太陽の光と輝く未来、緑は豊かな植生を象徴します。また同時に、4色は4つの主要民族(アフリカ系黒人、インド系、中国系、ヨーロッパ系白人。どの色がどの民族を表すということはありません)を表すともされ、多民族国家モーリシャスが民族間の融和をモットーとしていることが表れています。

国旗の特徴

国旗は1968年にイギリスから独立すると同時に制定されたもので、赤は独立のために流された血、青は島を囲むインド洋、黄は太陽の光と輝く未来、緑は豊かな植生を象徴します。また同時に、4色は4つの主要民族(アフリカ系黒人、インド系、中国系、ヨーロッパ系白人。どの色がどの民族を表すということはありません)を表すともされ、多民族国家モーリシャスが民族間の融和をモットーとしていることが表れています。

国旗の色の意味

赤は独立のために流された血、青は島を囲むインド洋、黄は太陽の光と輝く未来、緑は豊かな植生を象徴します。よくある色の由来です。