アルメニアについて

国旗の由来

アルメニア国旗は1991年にソ連から独立するのに伴い制定されましたが、その原型はアルメニア民主共和国時代に既に完成していました。当時の旗との唯一の違いは、民主共和国時代の国旗が国際的なスタンダードと目される2対3の縦横比を採用していたのに対し、現国旗はソ連国旗の影響から1対2になっていることです。配色の意味は、赤が独立のために流された血、青は空、希望、国土、オレンジは勇気、神の恵み、そして主要農産物である小麦とされています。アゼルバイジャンとの係争地となっている未承認国家ナゴルノカラバフでは、このアルメニア国旗をもとにした旗が掲揚されています。

国旗の特徴

とても有名な、チャドとルーマニアの国旗くりそつ問題があり、配色は同じで向きを変えたのがアルメニアといえます。 ただし、似ているというまでの国旗はありません。

国旗の色の意味

配色の意味は、赤が独立のために流された血、青は空、希望、国土、オレンジは勇気、神の恵み、そして主要農産物である小麦とされています。