アルメニアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

アルメニアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、アルメニア国旗イラスト素材などを解説いたします。

アルメニアの国旗

国名の正式名称

アルメニア共和国

アルメニアを表す漢字一文字

誕生年

1991

国旗の色の意味

配色の意味は、赤が独立のために流された血、青は空、希望、国土、オレンジは勇気、神の恵み、そして主要農産物である小麦とされています。

国旗の特徴

とても有名な、チャドとルーマニアの国旗くりそつ問題があり、配色は同じで向きを変えたのがアルメニアといえます。 ただし、似ているというまでの国旗はありません。

アルメニアの地図

国旗の色(色番号)

#fc9104 #a24074 #5c348c #c40450

アルメニア国旗の意味や由来

アルメニア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

アルメニア国旗の由来

アルメニア国旗は1991年にソ連から独立するのに伴い制定されましたが、その原型はアルメニア民主共和国時代に既に完成していました。当時の旗との唯一の違いは、民主共和国時代の国旗が国際的なスタンダードと目される2対3の縦横比を採用していたのに対し、現国旗はソ連国旗の影響から1対2になっていることです。配色の意味は、赤が独立のために流された血、青は空、希望、国土、オレンジは勇気、神の恵み、そして主要農産物である小麦とされています。アゼルバイジャンとの係争地となっている未承認国家ナゴルノカラバフでは、このアルメニア国旗をもとにした旗が掲揚されています。

誕生した背景

アルメニアはロシア帝国の支配下に置かれたものの、ロシア革命の混乱に乗じて1918年にアルメニア共和国(第一共和国)を樹立しました。しかしロシアの赤軍による侵攻に伴い1920年に再併合され、以後1991年の独立までソ連を構成する15共和国の1つとしての歴史を刻みます。またアルメニア共和国(第二共和国)として再独立した後も、平穏な国家建設を行う間もなく、隣国アゼルバイジャン領内の自治州ナゴルノカラバフをめぐって同国との紛争が勃発し、オスマン帝国時代の統治をめぐって根強い遺恨の残るトルコとは関係が冷却化する(2009年になんとか国交は樹立しましたが、それでも犬猿の仲なのは変わらず)など、酒類(特にワインとブランデー)の製造と金属加工以外に著名な産業が無いアルメニアにとっては国難とも言える事態が相次いでおり、多くの在外アルメニア人からの送金に頼る経済状態が続いています。

国の特色・人種構成

アルメニア人98%ヤズィーディー(クルド系)1%少数のロシア人、アッシリア人、ウクライナ人など。

アルメニア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

アルメニアのフリー素材1

アルメニア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

アルメニアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。