東ティモールについて

国旗の由来

東ティモールの国旗は1975年のフレティリンによる独立宣言時に制定されたもので、2002年の正式な独立に伴い改めて国旗としての地位を獲得しました。三角形の黒は植民地支配による暗黒の時代と、外国人による支配下で押し付けられた古い体制を盲目的に守ろうとする考え方を捨て、自立した新たな国家を築く決意を象徴し、その中にある星は、苦しみを乗り越えて独立を掴みとった東ティモールが、希望に満ちた未来に向けて歩むために輝く光と、国家の平和を表します。また、黄色の三角は東ティモールの歴史に生々しく刻まれた支配の痕跡を、地色の赤は独立を求めて闘ったこの国の住民が流した熱い血潮を象徴しています。

国旗の特徴

東ティモールの国旗は1975年のフレティリンによる独立宣言時に制定されたもので、2002年の正式な独立に伴い改めて国旗としての地位を獲得しました。三角形の黒は植民地支配による暗黒の時代と、外国人による支配下で押し付けられた古い体制を盲目的に守ろうとする考え方を捨て、自立した新たな国家を築く決意を象徴し、その中にある星は、苦しみを乗り越えて独立を掴みとった東ティモールが、希望に満ちた未来に向けて歩むために輝く光と、国家の平和を表します。また、黄色の三角は東ティモールの歴史に生々しく刻まれた支配の痕跡を、地色の赤は独立を求めて闘ったこの国の住民が流した熱い血潮を象徴しています。

国旗の色の意味

三角形の黒は植民地支配による暗黒の時代と、外国人による支配下で押し付けられた古い体制を盲目的に守ろうとする考え方を捨て、自立した新たな国家を築く決意を象徴し、その中にある星は、苦しみを乗り越えて独立を掴みとった東ティモールが、希望に満ちた未来に向けて歩むために輝く光と、国家の平和を表します。また、黄色の三角は東ティモールの歴史に生々しく刻まれた支配の痕跡を、地色の赤は独立を求めて闘ったこの国の住民が流した熱い血潮を象徴しています。