東ティモールの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

東ティモールの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、東ティモール国旗イラスト素材などを解説いたします。

東ティモールの国旗

国名の正式名称

東ティモール共和国

東ティモールを表す漢字一文字

誕生年

2002

国旗の色の意味

三角形の黒は植民地支配による暗黒の時代と、外国人による支配下で押し付けられた古い体制を盲目的に守ろうとする考え方を捨て、自立した新たな国家を築く決意を象徴し、その中にある星は、苦しみを乗り越えて独立を掴みとった東ティモールが、希望に満ちた未来に向けて歩むために輝く光と、国家の平和を表します。また、黄色の三角は東ティモールの歴史に生々しく刻まれた支配の痕跡を、地色の赤は独立を求めて闘ったこの国の住民が流した熱い血潮を象徴しています。

国旗の特徴

東ティモールの国旗は1975年のフレティリンによる独立宣言時に制定されたもので、2002年の正式な独立に伴い改めて国旗としての地位を獲得しました。三角形の黒は植民地支配による暗黒の時代と、外国人による支配下で押し付けられた古い体制を盲目的に守ろうとする考え方を捨て、自立した新たな国家を築く決意を象徴し、その中にある星は、苦しみを乗り越えて独立を掴みとった東ティモールが、希望に満ちた未来に向けて歩むために輝く光と、国家の平和を表します。また、黄色の三角は東ティモールの歴史に生々しく刻まれた支配の痕跡を、地色の赤は独立を求めて闘ったこの国の住民が流した熱い血潮を象徴しています。

東ティモールの地図

国旗の色(色番号)

#fbc023 #d41b1b #040404 #c8c8c8

東ティモール国旗の意味や由来

東ティモール国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

東ティモール国旗の由来

東ティモールの国旗は1975年のフレティリンによる独立宣言時に制定されたもので、2002年の正式な独立に伴い改めて国旗としての地位を獲得しました。三角形の黒は植民地支配による暗黒の時代と、外国人による支配下で押し付けられた古い体制を盲目的に守ろうとする考え方を捨て、自立した新たな国家を築く決意を象徴し、その中にある星は、苦しみを乗り越えて独立を掴みとった東ティモールが、希望に満ちた未来に向けて歩むために輝く光と、国家の平和を表します。また、黄色の三角は東ティモールの歴史に生々しく刻まれた支配の痕跡を、地色の赤は独立を求めて闘ったこの国の住民が流した熱い血潮を象徴しています。

誕生した背景

東南アジアのティモール島に位置する東ティモールは、2002年に独立した21世紀最初の独立国です。この一帯の島々は16世紀以来、伝統的にオランダの勢力圏とされ、18世紀にはオランダ領東インドの名で正式に植民地化されていましたが、ティモール島は事情が異なり、島の西部がオランダ領、東部(および一部の飛び地)がポルトガル領として分割されていました。第二次大戦後にオランダ領東インドがインドネシアとして独立し、島の西部がその一部となると、東部でも独立を目指す運動が始まりましたが、当時ポルトガル本国は抑圧的な権威主義(エスタド・ノヴォ)体制のもとで植民地の維持に固執しており、運動を弾圧。これに反発した現地住民との間で激しい争いが起こりました。最初の転機がおとずれたのは1974年のことで、この年にポルトガル本国で革命が発生し、民主化を進めた新政府が全ての植民地を放棄すると、翌1975年には現地の左派系独立派組織を結集した東ティモール独立革命戦線(フレティリン)が独立を宣言。一旦は新国家が成立するかと思われたものの、混乱の隙を突いたインドネシア軍によりすぐさま武力占領され、インドネシアを構成する1州として併合されてしまいました。ここから再び、フレティリンを中心とする独立闘争が再開されることになります。

1998年にインドネシアで30年以上にわたる長期独裁政権を率いていたスハルト大統領が辞任し、民主化が進むと、東ティモールでも独立か、特別自治州に昇格したうえでインドネシアに残留するかを問う住民投票の実施が決定し、翌1999年に行われた投票では7割強が独立を選択しました。こうしてインドネシアによる支配は終わり、代わって独立に向けた準備段階として国連東ティモール暫定行政機構(UNTAET)による暫定統治がスタート。住民投票後、分離を認めない勢力が併合継続を求めてゲリラ的に活動し、情勢は不安定化しましたが、2002年に晴れて東ティモール民主共和国として正式な独立を勝ち取りました。

国の特色・人種構成

特色:産業と言えば零細な農家で栽培される白檀などの香料とコーヒー豆を細々と輸出する程度のものしかありませんでした。そのため独立当初より既に外国からの援助に頼る貧困国で、前述の不安定な政情もあり、経済発展の道筋すら立たない状態が続きました。2006年になるとようやく平穏な政情が戻り始めたうえ、南隣のオーストラリアとの間にあるティモール海で石油と天然ガスが生産されるようになり、2007年からは実際に東ティモール政府の国庫に資源の輸出による収入が計上され始めるなど、苦難の歴史を歩んだ東ティモールはようやく自立に向けた足がかりを築きつつあります。

人種構成:テトゥン族、マンバイ族、トゥクデデ族などのマレー・ポリネシア系部族が主。他にメラネシア系、パプア系など。メスティーソと呼ばれる、ポルトガル系白人と現地人の混血住民や、少数の中国系も存在する。

東ティモール国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

東ティモールのフリー素材1

東ティモール国旗の画像(フリー・商用利用可能)

東ティモールのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。