カザフスタンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

カザフスタンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、カザフスタン国旗イラスト素材などを解説いたします。

カザフスタンの国旗

国名の正式名称

カザフスタン共和国

カザフスタンを表す漢字一文字

誕生年

1992年

国旗の色の意味

独立時に設定されたこの国旗は、青地は空を、中央の金色は32本の光を擁する太陽と翼を広げて飛ぶ鷲を示しています。左端にはカザフ人の伝統的な模様が配置されており、これは鷲の翼と雄羊をモチーフにしたものです。 青色はこの地域の民族であるテュルク系民族の象徴であり、宗教上特別な意味である神の存在を象徴しています。現在のカザフスタンでは、広い空と自由の象徴として用いられています。

国旗の特徴

カザフスタン共和国の国旗は、中央に32本の光を擁する太陽と翼を広げて飛ぶ鷲(ステップイーグル)が描かれています。 左端にはカザフ人の伝統的な文様が縦に配置されており、これは鷲の翼と雄羊をモチーフにしたものです。 青地はまた、この地域のテュルク系諸民族を示し、彼らの間では青地は宗教上特別な意味である神の存在を象徴するが、現在ではカザフスタンの広い空と自由を象徴しています。 中央の鷲は、当時も青地に鷲の旗のもとこの地方を支配したチンギス・ハーンの帝国を示し、カザフスタンの人々の誇りを表している。 青色は伝統的に中央アジア系遊牧民らの好む色だった。 カザフスタンの国章は、1992年にソ連から独立した際にコンペによって確定しました。遊牧民が使用していた移動式のテント(カザフではユルトと呼ばれている)を用いたデザインとなっています。

カザフスタンの地図

国旗の色(色番号)

#c8bb66 #fbc30a #94b696 #58b2ad

カザフスタン国旗の意味や由来

カザフスタン国旗の意味や由来をまとめました。

カザフスタン国旗の由来

カザフスタンの歴史は古く、紀元前から遊牧民が居住していたと中国の歴史書に書かれています。ちなみに、カザフスタンのスタンとは、ペルシャ語で「~の場所・土地」という意味であり、カザフスタンとは「カザフ人の土地・場所」という意味になるのです。 中世になると、イスラム王朝のカラハン王朝が起こり、大いに栄えました。その王朝が衰えた後は、チンギスハーンが西方遠征を行うきっかけになった「オトラル事件」が起こり、カザフスタンはモンゴル帝国の支配下に入ります。

その後、遊牧民族によるカザフ・ハン国へと移行し、18世紀にロシア帝国の属国の一部であるジユンガル帝国が襲来しカザフスタンは征服されたためロシア帝国領となりました。その後はジュンガルは勢力が低下したため、直轄管理となりました。 1917年にロシア革命が起るとカザフスタンは北部と南部に分かれました。北部は白軍(ロシア帝国側)に所属したため、アラシュ自治国が誕生し、南部は赤軍(労働者中心革命勢力)に所属したことでキルギス自治ソビエト社会主義共和国が誕生しました。アラシュ自治国の国旗は、黄色い三日月と五角星を中央に描いた赤旗でした。

その後は白軍が敗北し、ソ連誕生に伴い1936年12月5日にカザフ・ソビエト社会主義共和国(1936年 – 1991年)に昇格した後、ソビエト連邦の共産党政権のコントロール下に置かれました。主に核兵器実験の中心地でした。 その際に旗を再度制定し直しました。カントン(旗の左上部分)にソ連の構成国であるため黄色い鎌とハンマー、五角星、下部に青い横帯が描かれた赤旗でした。 ソビエト連邦の崩壊に伴い、カザフスタン共和国として独立しました。その際に現在の国旗をコンペにて決定し1992年に制定しました。現在でもカザフスタンにはロシア系の人々が多く生活しており、全体の20%を占めています。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

カザフスタンの国章の中央の、円の中に三本の線が交差した形のものは、遊牧民の伝統的なテント式家屋(ユルト)の頂部にあるドーム型の構造・シャニラクを表したもの。黄色いシャニラクは青空の中に輝き、日光のような光を放射していおり、その左右に、神話に登場する馬が二頭、背中合わせになって翼でシャニラクを支えています。

頂上には黄色い星があり、底の帯にはカザフ語で「カザフスタン」という国名を表す「ҚАЗАҚСТАН」の字が書かれています。シャニラクは家族の健康・平和・平穏を、歴史と未来と言う意味。エンブレムの円形は生命と永遠性を表し、青い色は大空と平和、すべての人々の間の統一を表し、黄金色は農業と光、カザフスタンの人々の明るい未来を表しています。

シャニラクと同様のものは隣国であるキルギスの国旗にも描かれている。キルギス語ではトゥンドゥクと呼ばれています。独立前のカザフ・ソビエト社会主義共和国には、1937年5月26日に制定された国章がありました。これはソビエト連邦の国章のデザインの影響を強く受けています。

国章は円形をしており、中央には鎌と槌のシンボルが描かれ、下から黄色い朝日が日光を放射しており、エンブレムを取り囲む小麦の穂はカザフの主産業である農業を表す。「万国の労働者よ、団結せよ!」のスローガンが、カザフの公用語であったカザフ語とロシア語で小麦を結ぶ赤色の帯に書かれています。

誕生した背景

カザフスタン共和国、通称カザフスタンは、中央アジアの共和制国家です。北をロシア連邦、東に中華人民共和国、南にキルギス、ウズベキスタン、西南をトルクメニスタンとそれぞれ国境を接する内陸国であり、カスピ海、アラル海に面しています。首都はアスタナ、最大都市はアルマトイ。

国の特色・人種構成

カザフスタンはユーラシア大陸のちょうど中心に位置しており、世界第9位の国土面積(アジアでは3位)を有しており、同時に世界最大の内陸国でもあります。国土が広いと言えどそのすべてを使えるわけでは無く、国土の大部分が、砂漠や乾燥したステップで占められています。

カザフスタンの経済は、鉱物や天然資源から成り立っており、非常に鉱物資源に恵まれています。採掘量が世界第10位以内に達する地下資源が9つ存在するなど世界でも屈指の資源大国です。エネルギー資源では、ウランと石炭が有望であり今後も輸出が伸びそうな状況が続いています。

人口構成は、カザフ人6割ロシア人2割ほどの構成となっており、以前はロシア人が多かったが、独立以降はロシア人の転出が続いたため逆転しました。言語はカザフ語が国家語に指定され、カザフ語とロシア語が公用語と定められています。しかし、カザフ語を正確に話せるひとは6割程度であり、ソ連時代の影響もあり、ロシア語は95%の国民が話せるというのが実情です。

カザフスタンの国旗

カザフスタン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

カザフスタンのフリー素材1
カザフスタンのフリー素材2

カザフスタン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

カザフスタンのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。