キルギスの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

キルギスの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、キルギス国旗イラスト素材などを解説いたします。

キルギスの国旗

国名の正式名称

キルギス共和国

キルギスを表す漢字一文字

誕生年

1991年

国旗の色の意味

キルギスの国旗は、赤地に黄色の太陽を描いた旗。太陽は40本の光条を放ち、内部には円形のシンボルが描かれる。現行の国旗は、1992年3月3日にキルギス最高評議会(議会)で制定されました。 赤地は勇敢さと勇気を、太陽は平和と豊かさを象徴しています。太陽の中に描かれた、円の中で2組の3本線を交差させたシンボルは、キルギス人など遊牧民の伝統的なテント式家屋(キルギスではユルトと呼ぶ)の頂部にある構造 tunduk (キルギス語: түндүк)を表したもので、祖国や宇宙を象徴しています。

国旗の特徴

日本のすぐそばにある中国のお隣さんであるキルギスという国。国旗も中国チックといえば中国チックである。親日家が多く、なんと顔まで日本人と煮ていると行く国なのです。真っ赤なベースに、中央に黄色い輝く太陽!!とてもシンプルなデザインといえるキルギスの国旗です。なんと言っても目を引くのが中央の独特なデザインの太陽です。40本の光条を放つ太陽の中に、円の中で2組の3本線を交差させたユルト(遊牧民の伝統的なテント式家屋)頂部にある構造 tunduk のデザインとなっております。 祖国や宇宙が象徴されているともいわれております。

キルギスの地図

国旗の色(色番号)

#e40d28 #fad013 #f1841b #ec581e

キルギス国旗の意味や由来

キルギス国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

キルギス国旗の由来

中央の独特なデザインの太陽は、40本の光条を放つ太陽の中に、円の中で2組の3本線を交差させたユルト(遊牧民の伝統的なテント式家屋)頂部にある構造 tunduk のデザインとなっております。
祖国や宇宙が象徴されているともいわれております。
シルクロードゆかりの地、キルギスの国旗には内陸のこの地の文化がたっぷり染み込んでいます。真っ赤な下地に燦然と輝く黄色い太陽、とっても情熱的といえます。この赤には勇気の象徴という意味が込められていますが、血気盛んな以前の独裁者のイメージとも重ならなくも無いです。真ん中の太陽、このちょっと不思議な太陽はよく見ると不思議な変形クロスが描かれていますが、これはかつて多くいた遊牧民の象徴となっています。ゲル(彼らの言葉ではユルト)、つまりテントの天井の骨組みにこの形があるのですが、ここから宇宙をイメージするというのも少し難しい気もしますが、そうとのことです。過去に、たったひとりの英雄がたちあがり、果敢にモンゴルに抵抗した結果、40もの部族が統一し独立できたという、それはかなりそうとうな深い意味が込められています。

キルギス国旗に似てる国旗

お隣の中国やベトナムといった、真っ赤なベースに黄色い絵というところが共通しているといえます。中国やベトナムは黄色い星ですがキルギスは太陽です。
似ている国旗というのがあまり無いといえばないです。
特に凝ったデザインでもありませんが、シンプルでいながらも個性的な国旗といえます。
それもこれも、中央の独特な雰囲気を醸し出す太陽が要因となっています。

キルギスが誕生した背景

キルギス人と日本人はもともと同じ民族であって、魚が好きな人々が日本へ、羊の肉が好きな人々がキルギスへ行ったという話をキルギスでよく聞くことがあります。その話が本当かどうかは解明されていませんが、まんざら嘘でもないと思われるくらいに日本人とキルギス人はよく似た顔立ちをしています。
生まれたときに蒙古斑があるのも日本人とキルギス人の共通の特徴です。
キルギス人は、古来は現在のキルギスの位置とは異なる南シベリアのエニセイ川の上流域で生活していました。(※エニセイとは、キルギス語で「母なる川」という意味です。)「契昆」や「契骨」といった名前で史記などの中国の書物に記されているのが、その当時のキルギス人だと言われています。目が青く色が白かったと言われていることから、現在の彼らの特徴を示すモンゴロイドではなく、コーカソイドだったと思われます。
彼らは「匈奴」や「突厥」・「回鶻」といった、中国の北西で勢力を持っていた騎馬民族に服属し、13世紀には、モンゴル帝国に服属することになります。
この時代の頃には、キルギス人は現在のキルギス共和国のある天山山脈まで移動し、人種もモンゴロイドになっていました。
シルクロードの通り道にあったキルギスは、モンゴル帝国時代に西方からのイスラム教の影響を受けつつ、その後はロシア帝国の支配下にはいることになります。ソ連時代にはキルギス自治共和国となり、ロシア・ソ連時代にロシアの影響を大きく受けることになります。
現代のキルギスでは大部分が都市化されましたが、一部の人々は今でも昔ながらの牧畜生活を送っています。彼らはジュルトという移動式の家やボズュイというドーム型の伝統家屋に住み、広大な高原地帯で馬や羊の牧畜を行っています。ジュルトは、ロシアではユルタ(※ユルタの起源はトュルク語)、モンゴルではゲル・パオなどと呼ばれています。様々な文化の中で時代を過ごし続けてきたキルギスには、モンゴル・オスマントルコ・ロシア等の影響を様々に残しつつ独自の風習を代々受け継いできています。
首都のビシュケクは、旧ソ連の都市計画に基づいた整然とした街並みを残しており、工場やビルが立ち並んでいます

仲の悪い国・仲のいい国(紛争中など)

ウズベク系とキルギス系の民族紛争はとても最悪な紛争とも言われております。
銃器を用いた武力衝突は、6月10日深夜オシ市のクラブでのキルギス人とウズベク人の若者の間の喧嘩が口火となり、すぐさまより広範に展開しました。Fergana.ruが提供している情報は、まだ完全ではない可能性がありますがそれによれば、この紛争での死亡者数は1,000人を超え、犠牲者の大半はウズベク系だといわれています。

キルギスの特色・人種構成

ウズベク系とキルギス系の民族紛争はとても最悪な紛争とも言われております。
銃器を用いた武力衝突は、6月10日深夜オシ市のクラブでのキルギス人とウズベク人の若者の間の喧嘩が口火となり、すぐさまより広範に展開しました。Fergana.ruが提供している情報は、まだ完全ではない可能性がありますがそれによれば、この紛争での死亡者数は1,000人を超え、犠牲者の大半はウズベク系だといわれています。

キルギスの国旗の歴史

  • キルギスの国旗の始まり
    1858年
    1858年の国旗が確認できるうえでキルギスの最古の国旗であります。
    白と青と赤の順番で上から並ぶよこしま仕様のデザインです。
    それから1883~1917年にも同様のデザインの国旗が使われていました。
  • キルギス・ソビエト社会主義共和国の国旗へ
    1940年
    キルギス国家は13世紀に、モンゴルのチンギス=ハンに滅ぼされましたが、キルギス人は西方に移住するに従ってイスラーム教を受け入れていきました。
    次にティムール朝(帝国)の支配を受けましたが、ティムール朝がウズベク人の台頭によって滅亡した16世紀の初めに、
    ウズベク人の東に再びキルギスが登場してくることになります。このころはバルハシ湖の南東岸セミレチェ地方を根拠にした弱小集団で、
    モグーリスタン=ハン国やカザフ人の支配を受けていましたが、彼らが現在のキルギス人の先祖にあたると考えられています。
    コーカンド=ハン国に服属した後、1876年にロシアの支配を受けることになりました。
    この間、民族国家を作ることはなかったが、ロシアの支配下で次第に民族意識を強め、ロシア革命の影響でソヴィエト政権が樹立された。
    1936年にソヴィエト社会主義共和国連邦の一つキルギス=ソヴィエト社会主義共和国となった。
    この経緯から計5種類のキルギス・ソビエト社会主義共和国の国旗が存在します。

    現在は、1991年にソ連邦が崩壊し、キルギス共和国として独立、中央アジア5ヵ国の一つとなっています。

  • 現在のキルギスの国旗へ
    1992年
    キルギス人の祖先は、シベリアを南北に流れるエニセイ川の上流に定住していたと考えられているといわれています。
    30万年前には、 天山山脈に人間が住み始めた跡が見られるようで、 キルギス全土で、旧石器時代の村落跡が見つかっているといわれています。
    紀元前13世紀には、南部に古代の町が出来たそうです。紀元前8世紀頃からは、中央アジアの草原地帯で活動していた、
    強力な遊牧国家である、サカ族(スキタイの一派)の部族社会が北部に出現し、サカ族の墳墓群、イシク・クル湖からは、青銅器などが発見されています。
    それから長いときを経て、1918年のロシア革命後、ロシアは帝政が終わり、ソビエト連邦が成立しました。キルギス地方は、ロシア共和国内の
    トルキスタン自治ソヴィエト社会主義共和国」の一部となりました。その後、1924年には、中央アジアに位置する共和国の国境が整理され、
    「カラ・キルギス自治州」となりました。

    さらに、1925年には、「キルギス自治州」に名称を変更し 1926年には、自治州から、「キルギス自治共和国」に格上げされました。
    1936年には、ロシア共和国から切り離して「キルギス・ソヴィエト社会主義共和国」となり、連邦構成共和国としてソ連に加盟することとなりました。

    1990年に、共和国主権宣言がなされました。また、1991年には、ソビエト連邦のクーデターにより、ソ連から独立を果たし、キルギスタン共和国として独立、
    独立国家共同体(CIS)に参加することとなります。1992年には、国際連合に加盟し、独自通貨であるソムを導入しました。
    1993年、国名をキルギス共和国(通称:キルギスタン、キルギス)と改称し現在にいたります。

    このころに時を同じくして現在の国旗が制定されました。

キルギスの国旗

キルギス国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

キルギスのフリー素材
キルギスのフリー素材2

キルギス国旗の画像(フリー・商用利用可能)

キルギスのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。