モルディブの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

モルディブの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、モルディブ国旗イラスト素材などを解説いたします。

モルディブの国旗

国名の正式名称

モルディブ共和国

モルディブを表す漢字一文字

誕生年

1965

国旗の色の意味

赤は自由獲得のために流された血の色とされており、最後の一滴まで国に捧げると言う意味があるといわれています。中央の緑の四角形は、伝統的に命の源であったココヤシの木を表しています。緑はイスラムの伝統色、イスラムカラーといわれており、平和と繁栄を表しています。

国旗の特徴

インド洋に点在する約2000ものサンゴ礁からなる海洋国家であるモルディブ共和国です。最高地点が4mに満たないため、地球温暖化による海水位の上昇で国家存亡の危機にあるといわれています。 そんなモルディブの国旗は、1965年英国から独立に際し制定された赤で囲まれた緑地に月章の旗です。 赤は自由獲得のために流された血の色とされており、最後の一滴まで国に捧げると言う意味があるといわれています。中央の緑の四角形は、伝統的に命の源であったココヤシの木を表しています。緑はイスラムの伝統色、イスラムカラーといわれており、平和と繁栄を表しています。三日月はイスラム教国家の象徴とされているもので、モルディブ以外のイスラム国家の国旗にも多く用いられています。

モルディブの地図

国旗の色(色番号)

#047533 #cd0e34 #d8e8de #0a6c2b

モルディブ国旗の意味や由来

モルディブ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

モルディブ国旗の由来

そんなモルディブの国旗は、1965年英国から独立に際し制定された赤で囲まれた緑地に月章の旗です。
赤は自由獲得のために流された血の色とされており、最後の一滴まで国に捧げると言う意味があるといわれています。中央の緑の四角形は、伝統的に命の源であったココヤシの木を表しています。緑はイスラムの伝統色、イスラムカラーといわれており、平和と繁栄を表しています。三日月はイスラム教国家の象徴とされているもので、モルディブ以外のイスラム国家の国旗にも多く用いられています。

誕生した背景

約2000 年前にスリランカと南インドからモルディブに移住した住民は仏教の影響下におかれ生活をしていましたが、1153年に、イスラム教に改宗することになります。その後イスラム教の スルタン(イ スラム世界における君主)が治めてくるということになりますが、16世紀にポルトガル17世紀にはオランダの支配下となりました。1887年にイギリスの保護領となり、スリランカ のコロンボにあった総督府から間接的に支配されることになります。1965年7月26日に主権国家として独立し国連に加盟することに成功。念願が叶います。そして1968年にはスルタンによる世襲王制を廃止し、共和国となりました。

国の特色・人種構成

特色:観光にも人気な海洋国家です。

人種構成:モルディブ人で言語はディベヒ語。

モルディブ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

モルディブのフリー素材1

モルディブ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

モルディブのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。