モルディブについて

国旗の由来

そんなモルディブの国旗は、1965年英国から独立に際し制定された赤で囲まれた緑地に月章の旗です。 赤は自由獲得のために流された血の色とされており、最後の一滴まで国に捧げると言う意味があるといわれています。中央の緑の四角形は、伝統的に命の源であったココヤシの木を表しています。緑はイスラムの伝統色、イスラムカラーといわれており、平和と繁栄を表しています。三日月はイスラム教国家の象徴とされているもので、モルディブ以外のイスラム国家の国旗にも多く用いられています。

国旗の特徴

インド洋に点在する約2000ものサンゴ礁からなる海洋国家であるモルディブ共和国です。最高地点が4mに満たないため、地球温暖化による海水位の上昇で国家存亡の危機にあるといわれています。 そんなモルディブの国旗は、1965年英国から独立に際し制定された赤で囲まれた緑地に月章の旗です。 赤は自由獲得のために流された血の色とされており、最後の一滴まで国に捧げると言う意味があるといわれています。中央の緑の四角形は、伝統的に命の源であったココヤシの木を表しています。緑はイスラムの伝統色、イスラムカラーといわれており、平和と繁栄を表しています。三日月はイスラム教国家の象徴とされているもので、モルディブ以外のイスラム国家の国旗にも多く用いられています。

国旗の色の意味

赤は自由獲得のために流された血の色とされており、最後の一滴まで国に捧げると言う意味があるといわれています。中央の緑の四角形は、伝統的に命の源であったココヤシの木を表しています。緑はイスラムの伝統色、イスラムカラーといわれており、平和と繁栄を表しています。