北朝鮮の国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

北朝鮮の国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、北朝鮮国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

北朝鮮の国旗

国名の正式名称

朝鮮民主主義人民共和国

北朝鮮を表す漢字一文字

国旗の色の意味

赤と青は元来、朝鮮半島の伝統色です。 韓国の太極旗でもこの色が基調として使用されております。 赤い星は「共産主義の未来」や「革命伝統と祖国の展望」を 中央の赤地は「人民の不屈の精神と力」や「国家や党、そのトップへの忠誠」などを 上下端の青地は「平和」や「民主主義」「民族の独立」「社会主義偉業の勝利」のために断固戦おうとする「朝鮮人民の熱烈な志向」を 白いストライプは「光明・清浄」を貴ぶ「英雄的人民特質の象徴」を 意味している、ということだそうです。

国旗の特徴

上下両端に青地、中央に赤地。 比率は上から1:2:1 青地と赤地の境目にそれぞれ横に白いストライプ。 赤地の中央よりやや左に白い円、その中に赤い五角星。 北朝鮮国内では「共和国旗」と呼ばれております。 または、その色やデザインから「藍紅色旗」あるいは「紅藍五角星旗」と呼ばれることもあります。

国旗の色(色番号)

#f0dde1 #ec1314 #044299 #9faece

北朝鮮の国旗の意味や由来

北朝鮮国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

北朝鮮国旗の由来

元々、李氏朝鮮や大韓帝国の国旗は今の大韓民国旗でおなじみのあの”太極旗”によくにたデザインでした。
1945年、日本による支配が終わると、朝鮮半島には「朝鮮人民共和国」と呼ばれる臨時政府が発足します。
こちらの旗のデザインはその”太極旗”デザインの系譜を受け継いでおります。
その後、”太極旗”とは全然違うデザインである今の共和国旗がなぜ採用されるようになったのかははっきりとしたことがいまだにわかっておりません。

国の特色・人種構成

当国の国民人口における人種構成はほぼ100%朝鮮族です。

北朝鮮の国旗

北朝鮮国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

https://pixabay.com
https://pixabay.com

北朝鮮国旗の画像(フリー・商用利用可能)

https://pixabay.com/

その他のアジアの国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。