トルクメニスタンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

トルクメニスタンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、トルクメニスタン国旗イラスト素材などを解説いたします。

トルクメニスタンの国旗

国名の正式名称

トルクメニスタン

トルクメニスタンを表す漢字一文字

誕生年

1991年

国旗の色の意味

地色の緑はイスラムの聖なる色。グルと呼ばれる装飾文様は伝統産業である絨毯の文様を図案化したもので、この絨毯部分の色には特化した意味はありませんが、5つの文様が代表的な5部族を表しています。

国旗の特徴

中央アジア、カスピ海の東岸に位置するトルクメニスタンの国旗は世界一複雑な国旗として有名とまでいわれているほど特徴があります。トルクメニスタンの国旗の左側に描かれている模様はあまりにも複雑すぎて何がどうなっているかは拡大してみないとわかるづらいほど複雑な模様となっています。フォークロアのファッションのような風情です。 どこの国も真似しづらそうですが、これは絨毯の柄を表しているというから驚きです。 元々、この地域では伝統産業として絨毯が作られていたということもあります。その絨毯を図案化して国旗に取り入れたそうで、あまり他国では取り入れない発想力といっても過言ではないです。ちなみに絨毯の部分に5つの意匠がありますが、これは5つの主要な部族を表しており、月の近くの5つの星は5つの地方を象徴しているということです。

トルクメニスタンの地図

国旗の色(色番号)

#ac172c #d2c39d #da7616 #5c8c7c

トルクメニスタン国旗の意味や由来

トルクメニスタン国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

トルクメニスタン国旗の由来

イスラム国家であることを示しめす緑色の地と三日月と星を,左側がわには5つの部族の装飾模様の描かれた独特のデザインの絨毯が配されています。

トルクメニスタン国旗に似てる国旗

トルクメニスタンと似ている国旗・・・・・・ここまで個性的でいて絨毯の柄を国旗に用いている国旗と似ているものがあるわけはなく、もしかしてあるのかとも思ったのですがやはりなかったです。
ただ、似てはいないが同じテイスト、同じ流派のような国旗はありました。ベラルーシ。
イスラムグリーンを使っているところと、トルクメニスタンでいう絨毯部分のような柄模様の縦帯があるところが同じテイスト、流派を感じます。
どことなく、フォークロアなテイストです。

誕生した背景

1881年のゲオク・テペ(ギョクテペ)の激戦でトルクメンはロシア軍に敗れ、ロシアに併合されました。
帝政ロシアによる中央アジアの軍事的征服はこれによって基本的に終わり、それ以後、ソ連に継承され、1991年に中央アジア諸国が独立するまで、約110年間にわたるロシア人の支配が続きました。
1924年、トルクメン=ソヴィエト社会主義共和国が成立し、ソヴィエト社会主義共和国連邦の一つの構成国となりました。1991年におこったソ連の解体に伴い独立し、トルクメニスタン共和国となって独立国家共同体(CIS)に加盟しました。
初代大統領ニャゾクは終身大統領となりましたが、2006年に死去しました。
なお、95年には国連総会で永世中立国として認められれています。

国の特色・人種構成

現在のトルクメニスタン共和国は中央アジア5ヵ国(トルキスタン諸国)の一つで、その最南部、イランとアフガニスタンに国境を接する。
国土の大半はカラクーム砂漠におおわれています。
北はアム川でウズベキスタンとの境となっています。人口は500万、面積は日本の1.3倍となっています。
首都はアシガバッド(アシュハバード)、言語はトルコ語系のトルクメン語で宗教はイスラーム教スンニ派です。

トルクメニスタンの国旗

トルクメニスタン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

トルクメニスタンのフリー素材

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。