ウズベキスタンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ウズベキスタンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ウズベキスタン国旗イラスト素材などを解説いたします。

ウズベキスタンの国旗

国名の正式名称

ウズベキスタン共和国

ウズベキスタンを表す漢字一文字

誕生年

1991年

国旗の色の意味

「空色」は”青天”と”純水”の象徴です。中央アジアの雲ひとつない澄み渡る青空が彷彿とされます。そして、大陸性気候で極端に雨が少なく、真水というものへの切望が垣間見れます。この色はかつて”ティムール”も自軍の旗に取り入れているとか。「白」は”平和”と”純粋”を、「緑」は”天の恵みである自然”や”農業”を、「赤」は”生命力”や”独立と主権を守る決意”を、表しております。また、「白い三日月」は”イスラム”と”ウズベク人”の伝統にもとづいております。確かに。このデザインはイスラム諸国でよく見かけますね。また、“独立”を象徴しているともいわれます。「三日月」ではなく、「新月」とも解せるのですね。そうすると、生まれたばかり、ということになるのでしょう。「12個の星」の「12」とは”完全性”を、あるいは、”国内にある12の州”を表しています。太陽暦や十二宮も「12」。かつて中世、この国は“天文技術”が非常に発達しておりました。それに由来するのではないかと言われております。サマルカンドにあるティムール朝の皇帝ウルグ・ベクによる天文台は1年の長さ「恒星年」を測り、現在正式に測られたものとくらべてわずか“1.6秒”しか誤差がなかったようです。もちろん当時、“天体望遠鏡”などという道具はございません!そして、この「三日月」と「星」はともに”晴天”をシンボライズしております。

国旗の特徴

横に空色、白、緑、の均等3色。それぞれのストライプの境界には赤い線。一番上の空色地の左端から白い三日月と、12個の星。12個の星は上から3列。3個・4個・5個の順。

ウズベキスタンの地図

国旗の色(色番号)

#cbc1c3 #bd1a1e #1bab34 #19b434

ウズベキスタン国旗の意味や由来

ウズベキスタン国旗の意味や由来をまとめました。

ウズベキスタン国旗の由来

この国の国旗の制定は1991年ソ連邦崩壊に伴う独立の年になります。それまでのウズベク・社会主義共和国時代においては“共産主義”らしい紅地の中央に水色の横線。その色の境界には白い線が引かれており、紅地の左上に交差する黄色い鎌とハンマー、その上に黄色い縁取りの紅い五芒星が輝いておりました。ソ連邦の国旗とよく似ておりますね。そして、この旗には裏面があり、そちらには黄色い鎌とハンマーと上に黄色い縁取りの紅い五芒星が省かれる以外は、すべて表面と同じデザインとなっておりました。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

ウズベキスタンの国旗は紅海からアデン湾へのアフリカ側の喉元に位置する「ジブチ」の国旗と割と似ております。「ジブチ」の国旗は横に空色・淡い緑の均等2色。左端に白い三角形で、その中に赤い五芒星です。使っている色はほぼ同じ。マークも星を使っているので、やはりどこか彷彿とさせますね。

また、「ジブチ」国旗においても、「空色」はを、「白」は平和を、「緑」は国土を、表しております。制定は同国独立に伴う1977年。ウズベキスタンの方が14年後、ということになりますね。この両国の国旗には何らかの因果関係があるのでしょうか。

誕生した背景

この地は古来より「シルクロードの要衝」です。アレクサンドロス大王のマケドニア。イスラム。モンゴル帝国。ティムール帝国。東西南北から様々な巨大勢力によって洗い流され、あるいは同化して、独特な文化を醸成してまいりました。ティムール帝国の衰亡後は、北からウズベク人が侵入し、ブハラ・ハン国ヒヴァ・ハン国コーカンド・ハン国の3ハン国を形成いたします。

19世紀にはロシア帝国の南下政策に屈し、やがて、「ロシア革命」後はソ連邦に組み込まれます。やがて、1991年のソ連邦崩壊まもなくウズベキスタンも独立を表明。現在にいたっております。

国の特色・人種構成

ウズベキスタンといえば、今なおもってかつての東西交易で栄えたシルクロードの面影が色濃く残る国です。わけても、ブハラ・サマルカンドはその独特の建造物や町並みから世界の人々を魅了してあまりあります。空色のドーム。精緻に計算しつくされた尖塔や門のフォルムや幾何学紋様。それに白い土壁で形成された街並みと、透き通るような青い空がなんともマッチするんですね。そして、いまなお伝統的な衣装を着こなす人が多く、ますます旅情をそそります。国土に面するアラル海は塩水の内陸湖ですが、近年、水の灌漑利用などで急激に干上がり、消滅の危機にすら瀕しております。

ウズベキスタンは中央アジアで最も人口の多い国です。人口における民族割合は、ウズベク人が約8割。ロシア人が約5%。タジク人が約5%。ほかに、カザフ人、カラパルク人、タタール人、などとなっております。また、かつてスターリンによる極東沿海州からの強制移住により、朝鮮人が20万人ほど暮らしています。なお、国民の大半がイスラム教のスンニ派を信仰しております。

ウズベキスタンの国旗

ウズベキスタン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ウズベキスタンのフリー素材1
ウズベキスタンのフリー素材2

ウズベキスタン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ウズベキスタンのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。