モーリシャスの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

モーリシャスの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、モーリシャス国旗イラスト素材などを解説いたします。

モーリシャスの国旗

国名の正式名称

モーリシャス共和国

モーリシャスを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

赤は独立のために流された血、青は島を囲むインド洋、黄は太陽の光と輝く未来、緑は豊かな植生を象徴します。よくある色の由来です。

国旗の特徴

国旗は1968年にイギリスから独立すると同時に制定されたもので、赤は独立のために流された血、青は島を囲むインド洋、黄は太陽の光と輝く未来、緑は豊かな植生を象徴します。また同時に、4色は4つの主要民族(アフリカ系黒人、インド系、中国系、ヨーロッパ系白人。どの色がどの民族を表すということはありません)を表すともされ、多民族国家モーリシャスが民族間の融和をモットーとしていることが表れています。

モーリシャスの地図

国旗の色(色番号)

#138b4c #d9131a #138344 #fbea0b

モーリシャス国旗の意味や由来

モーリシャス国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

モーリシャス国旗の由来

1968年にイギリスから独立すると同時に制定されたもので、赤は独立のために流された血、青は島を囲むインド洋、黄は太陽の光と輝く未来、緑は豊かな植生を象徴します。また同時に、4色は4つの主要民族(アフリカ系黒人、インド系、中国系、ヨーロッパ系白人。どの色がどの民族を表すということはありません)を表すともされ、多民族国家モーリシャスが民族間の融和をモットーとしていることが表れています。

誕生した背景

マダガスカル島の東、インド洋に浮かぶ島国モーリシャスは、18世紀からフランス、19世紀からイギリスの植民地支配を受けたこともあり、英語を公用語としながらもフランス語の強い影響を受けています。独立国としての歴史は1968年に始まり、1992年にはイギリスの国王を元首とする立憲君主制(英連邦王国)から、独自の大統領を置く共和制に移行しました。

国の特色・人種構成

特色:
伝統的な砂糖産業と輸出中心の繊維産業、そして島国であることを生かした観光業という多角化された産業構造を持ち、近年は順調な経済成長を実現。アフリカではトップクラスの豊かさを誇り、「アフリカの虎」や「楽園の奇跡」と呼ばれます。
フランス語ではMaurice(モーリス)、英語ではMauritius(モーリシャス)と表記される。イギリスから独立した経緯から英語が公用語に定められているが、実際にモーリシャス国民によく使われるのはフランス語(およびそのクレオール言語)であり、国内では英仏両方の言語で併記されていることがほとんど。
1598年にこの地への植民を開始したオランダ人が、ナッサウ公マウリッツ(当時のオランダ総督)の名にちなみ、プリンス・マウリッツ・ファン・ナッサウ島と名付けた。後に島名は短縮されてマウリッツ島と呼ばれるようになり、統治者がフランス、イギリスと変わっていく中でモーリス、モーリシャスへと転訛していったという。
公用語の規定は無いが、議会の第一言語に英語が指定されていることから、英語が公用語と記す資料が多い。ただし議内でのフランス語の使用も認められており、実際には英語とフランス語のバイリンガル国家となっている。英語の理解率は人口の1割半、フランス語が7割前後とされ、教育やメディアの場ではフランス語が優先して用いられる。ただし国民が日常的に用いるのは、フランス語をベースにアジア系とアフリカ、そして英語の語彙が混じった独特なモーリシャス・クレオール語であり、国民の9割が母語として話す。

人種構成:
インド系68%アフリカ系黒人27%中国系3%ヨーロッパ系白人(フランス系が大半)2%

モーリシャス国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

モーリシャスのフリー素材1

モーリシャス国旗の画像(フリー・商用利用可能)

モーリシャスのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。