アンドラについて

国旗の由来

現国旗は1866年より使用されており、フランス国旗の青、スペイン国旗の黄、そして両国国旗に共通する赤を用いた三色旗となっています。中央の国章には4つの紋章が描かれていますが、これは歴史的にアンドラと関係が深いフランスとスペインの貴族の紋章で、左側がスペイン(上がウルヘル司教、下がカタルーニャ伯)、右側がフランス(上がフォア伯、下がベアルン伯)となっており、国章の下部には国のモットーである「力を合わせればより強くなる」がラテン語で書かれています。

国旗の特徴

現国旗は1866年より使用されており、フランス国旗の青、スペイン国旗の黄、そして両国国旗に共通する赤を用いた三色旗となっています。中央の国章には4つの紋章が描かれていますが、これは歴史的にアンドラと関係が深いフランスとスペインの貴族の紋章で、左側がスペイン(上がウルヘル司教、下がカタルーニャ伯)、右側がフランス(上がフォア伯、下がベアルン伯)となっており、国章の下部には国のモットーである「力を合わせればより強くなる」がラテン語で書かれています。

国旗の色の意味

フランス国旗の青、スペイン国旗の黄、そして両国国旗に共通する赤を用いた三色旗となっています。中央の国章には4つの紋章が描かれています。