アンドラの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

アンドラの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、アンドラ国旗イラスト素材などを解説いたします。

アンドラの国旗

国名の正式名称

アンドラ公国

アンドラを表す漢字一文字

国旗の色の意味

フランス国旗の青、スペイン国旗の黄、そして両国国旗に共通する赤を用いた三色旗となっています。中央の国章には4つの紋章が描かれています。

国旗の特徴

現国旗は1866年より使用されており、フランス国旗の青、スペイン国旗の黄、そして両国国旗に共通する赤を用いた三色旗となっています。中央の国章には4つの紋章が描かれていますが、これは歴史的にアンドラと関係が深いフランスとスペインの貴族の紋章で、左側がスペイン(上がウルヘル司教、下がカタルーニャ伯)、右側がフランス(上がフォア伯、下がベアルン伯)となっており、国章の下部には国のモットーである「力を合わせればより強くなる」がラテン語で書かれています。

国旗の色(色番号)

#fbda14 #31048b #b59668 #340494

アンドラ国旗の意味や由来

アンドラ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

アンドラ国旗の由来

現国旗は1866年より使用されており、フランス国旗の青、スペイン国旗の黄、そして両国国旗に共通する赤を用いた三色旗となっています。中央の国章には4つの紋章が描かれていますが、これは歴史的にアンドラと関係が深いフランスとスペインの貴族の紋章で、左側がスペイン(上がウルヘル司教、下がカタルーニャ伯)、右側がフランス(上がフォア伯、下がベアルン伯)となっており、国章の下部には国のモットーである「力を合わせればより強くなる」がラテン語で書かれています。

誕生した背景

8世紀頃、当時のイベリア半島はウマイヤ朝率いるイスラム勢力の統治下にあり、高山という天然の障害物に守られているとはいえ、その境界線と接するカロリング朝フランク王国(後のフランス)にとっては大きな脅威でした。そこで、国王カール1世(シャルルマーニュ)は境界線上に辺境伯領と呼ばれるいくつもの領域を設置し、王権に忠実な貴族を配置することで、境界線の監視と防衛に当たらせました。
数ある辺境伯領の中で、ウルヘル伯領と呼ばれた地域が現在のアンドラに相当しますが、後にウルヘル伯は当地の司教(カトリック教会の聖職者)に権限を委譲します。宗教家である司教は統治には不向きで、実際の統治は隣接するフォワ伯に任せられたものの、やがてフォワ伯は司教ではなく自らが正統な領主であると主張したため、ウルヘル司教とフォワ伯の間で紛争が勃発。結局、1278年に両者を共にアンドラ公とし、対等な共同統治者とすることで争いは収まりました。フォワ伯の権限は相続を経てフランスの国王(現在は大統領)が継承し、現在に至るまで「アンドラ公」の地位はフランス大統領とウルヘル司教が共同で務めています。

国の特色・人種構成

特色:紀元前1世紀から紀元後3世紀頃この地に存在したアンドラ王国の名に由来。アンドラという言葉の由来についてはよく分かっていないが、バスク語で「10の泉」を意味するという説や、アラビア語で「森」を意味するالدرا(アル=ダッラ)に由来するという説、スペイン語で「歩く」を意味するandar(アンダール)とする説などが唱えられている。

人種構成:カタルーニャ系アンドラ人46% スペイン人(カタルーニャ人が主)26% ポルトガル人13% フランス人5% アラブ人(北アフリカ系が大半)3% 少数のイギリス人、イタリア人など。

アンドラ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

アンドラのフリー素材1

アンドラ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

アンドラのフリー画像

その他の欧州の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。