ボスニア ヘルツェゴビナの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ボスニア ヘルツェゴビナの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ボスニア ヘルツェゴビナ国旗イラスト素材などを解説いたします。

ボスニア ヘルツェゴビナの国旗

国名の正式名称

ボスニア ヘルツェゴビナ連邦

ボスニア ヘルツェゴビナを表す漢字一文字

誕生年

1998

国旗の色の意味

青地と星というこの意匠は、ヨーロッパ連合(EU)の旗を参考にしたもので、各民族の数少ない共通目標であるEU加盟を視野に入れたデザインと言えます。ヨーロッパ諸国は国旗に星を採り入れることが少なく、かつて冷戦期にソ連を中核とする東欧社会主義圏の一部で見られた程度でしたが、ボスニア・ヘルツェゴビナでは敢えて最上部と最下部の星を半分に切ることで、旗の幅にとらわれず連綿と続く星の輝きを想起させ、未来への躍進を願う意匠として用いられています。また、黄色い三角形は国土の形を表すと同時に、3大民族の融和と、希望と太陽を象徴します。3大民族の象徴を1つも入れないことで、特定の民族が優遇されているという不満を国民に抱かせない工夫が施された意匠と言えますね。

国旗の特徴

ボスニア・ヘルツェゴビナの現在の国旗は、1998年に制定されたものです。内戦後、かつて3大民族を率いて戦った各勢力は新たな国家体制造りを進め、その総仕上げとして国の象徴の最たる例である国旗も改められることになりました。青地と星というこの意匠は、ヨーロッパ連合(EU)の旗を参考にしたもので、各民族の数少ない共通目標であるEU加盟を視野に入れたデザインと言えます。ヨーロッパ諸国は国旗に星を採り入れることが少なく、かつて冷戦期にソ連を中核とする東欧社会主義圏の一部で見られた程度でしたが、ボスニア・ヘルツェゴビナでは敢えて最上部と最下部の星を半分に切ることで、旗の幅にとらわれず連綿と続く星の輝きを想起させ、未来への躍進を願う意匠として用いられています。また、黄色い三角形は国土の形を表すと同時に、3大民族の融和と、希望と太陽を象徴します。3大民族の象徴を1つも入れないことで、特定の民族が優遇されているという不満を国民に抱かせない工夫が施された意匠と言えます。なお、この旗が国際社会で初めて披露されたのは同年開催された長野冬季五輪であり、国際平和を願う一大スポーツイベントに合わせて制定できるよう、それまで停滞していた議論を加速させて急ピッチで製作された国旗とのこと。

ボスニア ヘルツェゴビナの地図

国旗の色(色番号)

#f3cb14 #c9c9e6 #5f5da4 #8484c4

ボスニア ヘルツェゴビナ国旗の意味や由来

ボスニア ヘルツェゴビナ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ボスニア ヘルツェゴビナ国旗の由来

ボスニアは過去に内戦後、かつて3大民族を率いて戦った各勢力は新たな国家体制造りを進め、その総仕上げとして国の象徴の最たる例である国旗も改められることになりました。青地と星というこの意匠は、ヨーロッパ連合(EU)の旗を参考にしたもので、各民族の数少ない共通目標であるEU加盟を視野に入れたデザインと言えます。ヨーロッパ諸国は国旗に星を採り入れることが少なく、かつて冷戦期にソ連を中核とする東欧社会主義圏の一部で見られた程度でしたが、ボスニア・ヘルツェゴビナでは敢えて最上部と最下部の星を半分に切ることで、旗の幅にとらわれず連綿と続く星の輝きを想起させ、未来への躍進を願う意匠として用いられています。また、黄色い三角形は国土の形を表すと同時に、3大民族の融和と、希望と太陽を象徴します。3大民族の象徴を1つも入れないことで、特定の民族が優遇されているという不満を国民に抱かせない工夫が施された意匠と言えます。なお、この旗が国際社会で初めて披露されたのは同年開催された長野冬季五輪であり、国際平和を願う一大スポーツイベントに合わせて制定できるよう、それまで停滞していた議論を加速させて急ピッチで製作された国旗とのこと。

誕生した背景

1992年にユーゴスラビアから独立したボスニア・ヘルツェゴビナは、ヨーロッパ南東部のバルカン半島にあるボスニア地方(北中部)とヘルツェゴビナ地方(南部)を領土とする国です。ほぼ三角形の国土は山がちで、冬は大陸性の厳しい寒さに見舞われる土地ですが、国内を縦横無尽に流れる多くの河川によって土地は肥沃に保たれ、古くから農林業が盛んに行われてきました。ただ、現在は1990年代のユーゴ内戦とボスニア紛争の甚大な被害からの復興途上にあり、ヨーロッパの中でもとりわけ貧しい国となってしまっています。後述する「住み分け」政策により行政は円滑な運用を妨げられ、経済開発のスピードも遅く、脆弱な産業基盤は高い失業率に繋がり、国民の1割半以上が1日2米ドル相当の収入しか得られない貧困線か、それ以下の生活を強いられています。加えてほぼ内陸国(注1)という地理的な不利を抱えるため貿易の振興も難しく、国家経済の復興・発展は前途多難な状況にあります。

国の特色・人種構成

特色:1992年の独立後はボスニア紛争と呼ばれる大規模かつ凄惨な内戦に突入。1995年の終結までに死者20万人という多大な被害を出し、今も国家はその後禍に悩まされています

人種構成:ボシュニャク人50% セルビア人31% クロアチア人15% 極少数のロマ人、モンテネグロ人、アルバニア人など。

ボスニア ヘルツェゴビナ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ボスニア ヘルツェゴビナのフリー素材1

ボスニア ヘルツェゴビナ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ボスニア ヘルツェゴビナのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。