ボスニア ヘルツェゴビナについて

国旗の由来

ボスニアは過去に内戦後、かつて3大民族を率いて戦った各勢力は新たな国家体制造りを進め、その総仕上げとして国の象徴の最たる例である国旗も改められることになりました。青地と星というこの意匠は、ヨーロッパ連合(EU)の旗を参考にしたもので、各民族の数少ない共通目標であるEU加盟を視野に入れたデザインと言えます。ヨーロッパ諸国は国旗に星を採り入れることが少なく、かつて冷戦期にソ連を中核とする東欧社会主義圏の一部で見られた程度でしたが、ボスニア・ヘルツェゴビナでは敢えて最上部と最下部の星を半分に切ることで、旗の幅にとらわれず連綿と続く星の輝きを想起させ、未来への躍進を願う意匠として用いられています。また、黄色い三角形は国土の形を表すと同時に、3大民族の融和と、希望と太陽を象徴します。3大民族の象徴を1つも入れないことで、特定の民族が優遇されているという不満を国民に抱かせない工夫が施された意匠と言えます。なお、この旗が国際社会で初めて披露されたのは同年開催された長野冬季五輪であり、国際平和を願う一大スポーツイベントに合わせて制定できるよう、それまで停滞していた議論を加速させて急ピッチで製作された国旗とのこと。

国旗の特徴

ボスニア・ヘルツェゴビナの現在の国旗は、1998年に制定されたものです。内戦後、かつて3大民族を率いて戦った各勢力は新たな国家体制造りを進め、その総仕上げとして国の象徴の最たる例である国旗も改められることになりました。青地と星というこの意匠は、ヨーロッパ連合(EU)の旗を参考にしたもので、各民族の数少ない共通目標であるEU加盟を視野に入れたデザインと言えます。ヨーロッパ諸国は国旗に星を採り入れることが少なく、かつて冷戦期にソ連を中核とする東欧社会主義圏の一部で見られた程度でしたが、ボスニア・ヘルツェゴビナでは敢えて最上部と最下部の星を半分に切ることで、旗の幅にとらわれず連綿と続く星の輝きを想起させ、未来への躍進を願う意匠として用いられています。また、黄色い三角形は国土の形を表すと同時に、3大民族の融和と、希望と太陽を象徴します。3大民族の象徴を1つも入れないことで、特定の民族が優遇されているという不満を国民に抱かせない工夫が施された意匠と言えます。なお、この旗が国際社会で初めて披露されたのは同年開催された長野冬季五輪であり、国際平和を願う一大スポーツイベントに合わせて制定できるよう、それまで停滞していた議論を加速させて急ピッチで製作された国旗とのこと。

国旗の色の意味

青地と星というこの意匠は、ヨーロッパ連合(EU)の旗を参考にしたもので、各民族の数少ない共通目標であるEU加盟を視野に入れたデザインと言えます。ヨーロッパ諸国は国旗に星を採り入れることが少なく、かつて冷戦期にソ連を中核とする東欧社会主義圏の一部で見られた程度でしたが、ボスニア・ヘルツェゴビナでは敢えて最上部と最下部の星を半分に切ることで、旗の幅にとらわれず連綿と続く星の輝きを想起させ、未来への躍進を願う意匠として用いられています。また、黄色い三角形は国土の形を表すと同時に、3大民族の融和と、希望と太陽を象徴します。3大民族の象徴を1つも入れないことで、特定の民族が優遇されているという不満を国民に抱かせない工夫が施された意匠と言えますね。