ジョージアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ジョージアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ジョージア国旗イラスト素材などを解説いたします。

ジョージアの国旗

国名の正式名称

ジョージア

ジョージアを表す漢字一文字

誕生年

1991年

国旗の色の意味

「白」は”清潔””無垢””清浄””賢明”を、「赤」は”勇気””勇敢””正義””愛”を、あらわしております。

国旗の特徴

白地に赤い十字(聖ゲオルギウス十字)。 区分けされた4つの真ん中にさらに赤い十字(エルサレム十字)が1つずつ。その様子から“ファイブ・クロス・フラッグ(5十字旗)” の異名で親しまれております。

ジョージアの地図

国旗の色(色番号)

#bbbcbd #f27a7e #f3eced #f08c94

ジョージア国旗の意味や由来

ジョージア国旗の意味や由来をまとめました。

ジョージア国旗の由来

白地に5つの十字架を用いるデザインは中世十字軍でも使用されました。これが中世ジョージアに正教徒国として栄えた「グルジア王国」の旗にも使われるようになります。それが、20世紀末のジョージア独立後のナショナリズムによって復活しました。2003年の「バラ革命()」では野党勢力のシンボルとして使用され、その当事者の一人であり、革命成功後大統領に就任したサアカシュヴィリ氏が率いる「国民運動」の党旗でもありました。なお、独立後それまでの国旗は、ワインレッド地に、左上カントンには横に黒と白の均等2色。()「バラ革命」……元ソ連の外務大臣であるシュワルナゼ氏が1995年以来ジョージアの大統領の座についておりました。しかし、汚職が蔓延したり、独立派に対して穏健な態度であったりしたことが、国民の不満となります。2003年の議会選挙で「不正選挙」が行われたとして、ついにそれらが表出し、デモに発展します。その時、人々は手に手にバラをもって議会ビルを占拠。シュワルナゼ氏は軍隊や警察に動員をかけますが、拒否。こうして、シュワルナゼ氏は失脚し、暴力をともなわない革命はなりました。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

国旗に使用されている聖ゲオルギウス十字とは、欧米中で親しまれている紋章のひとつで、イタリアのジェノバの紋章。同じく、ミラノの旗。イギリスのロンドンの旗。イギリスのヨークの紋章。カナダのオンタリオの旗。などと、その各地いろんなところで使用され、親しまれております。聖ゲオルギウスとは、ドラゴン退治をしたキリスト教の英雄です。今の国名である「ジョージア」もこの人の名と結びつけて考えられております。また、エルサレム十字とは、中世に十字軍が使用した紋章として知られております。

誕生した背景

ジョージアを含むカフカス地域(西アジアと黒海・カスピ海に囲まれた多民族地域)は先史時代に合って金属精錬の発祥地のひとつとされ、豊かな青銅器文明が花開きます。やがて紀元前6世紀以降には今のジョージア人の源流ともいわれる「コルキス王国」が成立、繁栄いたします。その後、さまざまな民族・王朝による支配は移ろってゆき、18世紀後半ごろから北からロシア帝国へと次第に組み込まれてゆきます。19世紀末ごろからロシア皇帝アレクサンドル3世によるロシア化政策への反発から様々な農民運動や民族運動が同地でも勃興します。やがて、ロシア革命が起こると、1918年ついに「グルジア民主共和国」が独立を表明。しかし、まもなく赤軍による侵攻を受け、ソ連邦の一部となってしまいます。

ただ、あの冷徹な独裁者ヨシフ・スターリンはジョージア出身なんですね。そのためもあって、あの過酷な時代にこの地域は比較的優遇されたようです。やがて、1989年東西冷戦構造がついに崩壊。すると、ソ連地上軍が反ソ運動を弾圧したトビリシ事件(トビリシはジョージアの首都です)がきっかけとなってそれまでおさえこまれていた民族運動が表に噴出し、1991年には独立宣言を行います。その後は複雑な民族問題などが絡み、国内で様々な独立運動、さらには大国ロシアが絡んで紛争にまで発展するなど、今もその流動的な情勢は変わりません。

国の特色・人種構成

2015年かつての「グルジア」から今の「ジョージア」に呼び方が変わりました。「グルジア」はロシア語読み。「ジョージア」は英語読み。この地ではロシアとのいろんな紛争などが絡み、かねてから反露感情が根強くありました。ただ、実は「グルジア」でも「ジョージア」でもない、地元の人たちによる呼び名がある、というのは知っていましたか。「サカルトヴェロ」といいます。

「日本」だって外国では「ジャパン」とか「ジャポン」とか「リーベン」とか言いますが、国内では「二ホン」とか「ニッポン」など、いろんな呼び方があります。ジョージアは気候は温暖。そんな気候を生かしてワインづくりなどが盛ん。最近(2018年6月現在)日本の大相撲では、栃ノ心関が大活躍して話題になっておりますね。遅咲きで力持ちの力士さんですが、今後のさらなる躍進が期待されます。

ジョージアには正教徒を信仰するグルジア人が人口の約8割。ほかにもアルメニア使徒教会を信仰するアルメニア人、イスラム教シーア派の信者が多いアゼルバイジャン人、さらにオセット人、ロシア人、ユダヤ人など。たくさんの民族が暮らす多民族国家です。

ジョージアの国旗

ジョージア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ジョージアのフリー素材1
ジョージアのフリー素材2

ジョージア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ジョージアのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。