コソボの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

コソボの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、コソボ国旗イラスト素材などを解説いたします。

コソボの国旗

国名の正式名称

コソボ共和国

コソボを表す漢字一文字

誕生年

2008

国旗の色の意味

青地はヨーロッパ連合(EU)旗に通じる色であり、各民族の数少ない共通の目標であるEU加盟を願った色です。また、中央には金色(黄)で国土の形が描かれ、その上部にはコソボに住む主要6民族を象徴する6つの星が配されています。

国旗の特徴

デザイン的には個性的で印象に残りやすいデザインとなっています。アルバニア系が多数派を占める現状から、コソボ国旗にはアルバニア国旗と似たものを採用する声が強かったようです。しかしアルバニア系の意匠をだけを国旗に反映させることは紛争の火種になりかねないとして、結果的には民族間の融和を謳った上記の国旗が採用されています。青地はヨーロッパ連合(EU)旗に通じる色であり、各民族の数少ない共通の目標であるEU加盟を願った色です。また、中央には金色(黄)で国土の形が描かれ、その上部にはコソボに住む主要6民族を象徴する6つの星が配されています。

コソボの地図

国旗の色(色番号)

#cb9e48 #c1c6de #a98c69 #2244a4

コソボ国旗の意味や由来

コソボ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

コソボ国旗の由来

アルバニア系が多数派を占める現状から、コソボ国旗にはアルバニア国旗と似たものを採用する声が強かったようです。しかしアルバニア系の意匠をだけを国旗に反映させることは紛争の火種になりかねないとして、結果的には民族間の融和を謳った上記の国旗が採用されています。青地はヨーロッパ連合(EU)旗に通じる色であり、各民族の数少ない共通の目標であるEU加盟を願った色です。また、中央には金色(黄)で国土の形が描かれ、その上部にはコソボに住む主要6民族を象徴する6つの星が配されています。

誕生した背景

コソボは長らくセルビアの一部として自治州を形成していましたが、住民の多数はアルバニア系住民が占めます。ユーゴスラビア解体直前の1990年、当時ユーゴの一部であったセルビアでは民族主義が勃興しており、コソボの自治権を大幅に縮小。これに反発するコソボのアルバニア系反政府勢力と争っていました。
1999年、セルビアによるアルバニア系住民の迫害(実際にはその逆も存在)があったとして北大西洋条約機構(NATO)はユーゴ空爆を実施。結果、コソボはNATO軍の占領下に置かれ、以後コソボは国際法上はセルビアの領内でありながらセルビア政府の施政権が及ばない地域となり、程なくして国連の暫定統治下に置かれました。2008年にはコソボ共和国の独立が宣言され現在に至りますが、セルビアは現在もコソボを自国を構成する自治州の1つと見なしており、問題解決の糸口は見えていません。

国の特色・人種構成

特色:セルビアは現在もコソボの独立を認めておらず、自国を構成する自治州の1つと主張している。セルビアの自治州としての名称はコソボ・メトヒヤ自治州で、メトヒヤとはコソボ東部の地域名であり、古代ギリシャ語で「修道院の土地」を意味するμετόχια(メトヒア)に由来する。

この領域はもともと西部のコソボ、東部のメトヒヤという2地域から構成され、コソボ・メトヒヤと呼ばれていた。1974年の大幅な自治権拡大によって一度コソボが領域全体を表す名称に採用されたが、1990年にセルビア政府によって自治権が剥奪され、名称もコソボ・メトヒヤに戻された。2008年の独立宣言に際してコソボが再度国家全体の名称となりました。

人種構成:
アルバニア人92% セルビア人2% ボシュニャク人2% トルコ人1% 少数のアッシュカリー人、ゴーラ人、ロマ人など。

コソボ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

コソボのフリー素材1

コソボ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

コソボのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。