コソボについて

国旗の由来

アルバニア系が多数派を占める現状から、コソボ国旗にはアルバニア国旗と似たものを採用する声が強かったようです。しかしアルバニア系の意匠をだけを国旗に反映させることは紛争の火種になりかねないとして、結果的には民族間の融和を謳った上記の国旗が採用されています。青地はヨーロッパ連合(EU)旗に通じる色であり、各民族の数少ない共通の目標であるEU加盟を願った色です。また、中央には金色(黄)で国土の形が描かれ、その上部にはコソボに住む主要6民族を象徴する6つの星が配されています。

国旗の特徴

デザイン的には個性的で印象に残りやすいデザインとなっています。アルバニア系が多数派を占める現状から、コソボ国旗にはアルバニア国旗と似たものを採用する声が強かったようです。しかしアルバニア系の意匠をだけを国旗に反映させることは紛争の火種になりかねないとして、結果的には民族間の融和を謳った上記の国旗が採用されています。青地はヨーロッパ連合(EU)旗に通じる色であり、各民族の数少ない共通の目標であるEU加盟を願った色です。また、中央には金色(黄)で国土の形が描かれ、その上部にはコソボに住む主要6民族を象徴する6つの星が配されています。

国旗の色の意味

青地はヨーロッパ連合(EU)旗に通じる色であり、各民族の数少ない共通の目標であるEU加盟を願った色です。また、中央には金色(黄)で国土の形が描かれ、その上部にはコソボに住む主要6民族を象徴する6つの星が配されています。