リヒテンシュタインの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

リヒテンシュタインの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、リヒテンシュタイン国旗イラスト素材などを解説いたします。

リヒテンシュタインの国旗

国名の正式名称

リヒテンシュタイン公国

リヒテンシュタインを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

現国旗では青は空の色、赤はリヒテンシュタインの伝統的な暖炉の火の色とされ、王冠は国民と君主の一体性の象徴と解釈されています。

国旗の特徴

国旗の青と赤は19世紀よりリヒテンシュタインの国民色として用いられていますが、もともとの由来はリヒテンシュタイン家の使用人の制服の色だったとされています。現在では青は空の色、赤はリヒテンシュタインの伝統的な暖炉の火の色とされ、王冠は国民と君主の一体性の象徴と解釈されています。1936年の第11回夏季オリンピック(ベルリン五輪)大会に際して、青と赤の二色旗がカリブ海の島国ハイチの国旗と同じ意匠だったことから混乱が生じたため、翌1937年にリヒテンシュタインは国旗に王冠を配しました。これにより現在のリヒテンシュタイン国旗が成立したのです。ちなみに、縦向きに掲揚する際は王冠が横倒しにならないように作られた縦用の旗が使われます。

リヒテンシュタインの地図

国旗の色(色番号)

#cc1424 #fbd338 #6f2744 #7c7c54

リヒテンシュタイン国旗の意味や由来

リヒテンシュタイン国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

リヒテンシュタイン国旗の由来

19世紀よりリヒテンシュタインの国民色として赤と青が用いられていますが、もともとの由来はリヒテンシュタイン家の使用人の制服の色だったとされています。現在では青は空の色、赤はリヒテンシュタインの伝統的な暖炉の火の色とされ、王冠は国民と君主の一体性の象徴と解釈されています。1936年の第11回夏季オリンピック(ベルリン五輪)大会に際して、青と赤の二色旗がカリブ海の島国ハイチの国旗と同じ意匠だったことから混乱が生じたため、翌1937年にリヒテンシュタインは国旗に王冠を配しました。これにより現在のリヒテンシュタイン国旗が成立したのです。ちなみに、縦向きに掲揚する際は王冠が横倒しにならないように作られた縦用の旗が使われます。

誕生した背景

近代以降のリヒテンシュタインは1867年に軍隊を廃止して非武装中立を宣言し、一時は独自路線を歩んだものの、戦乱の続く周辺諸国の情勢に危機感を抱き、西隣のスイスと非常に深い紐帯を保つことで国土の平穏を守る路線にシフトしていきました。その手始めに、ヨーロッパ中を戦渦に巻き込んだ第一次大戦終結翌年の1919年、永世中立国として高い自衛力を保持していたスイスと協定を結び、国防権を委任。次いで1921年には通貨発行権を放棄してスイス・フランを自国通貨としたほか、一部を除いた外交すら基本的にスイス政府に委ねるようになり、同国の保護国となりました。第二次大戦中も外交的にはスイス軍の庇護下で非武装中立を貫徹し、内政ではドイツのナチズムの影響を受けた人々が政府を牛耳ることのないよう、前述の君主大権によって議会を解散させるなど、独立国家としての地位を守るためなら手段を択ばない政策が採られ、現在まで他国に呑まれることのないまま国土を維持してきたのです。さすがにここまでスイス一辺倒の体制では主権国家と呼べるか怪しいため、1990年の国連加盟を機に独自の外交を展開しつつあります(日本との国交は1996年に樹立)が、それでも今なおスイスとは切っても切れない親密な関係で結ばれており、スイスで盛んな精密機械工業の一部がリヒテンシュタイン国内で営まれ、小さな国の民には余りある潤沢な富をもたらしています。

国の特色・人種構成

特色:リヒテンシュタイン公国は中央ヨーロッパに位置する小さな内陸国です。国土はアルプス山脈の延長線上に位置し、概して山がちなものの、温暖な気候とライン川上流に位置する地理的な好条件から、古くから農業や畜産業の拠点として知られてきました。

人種構成:ドイツ系アレマン人86%少数のイタリア人、トルコ人など。

リヒテンシュタイン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

リヒテンシュタインのフリー素材1

リヒテンシュタイン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

リヒテンシュタインのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。