リヒテンシュタインについて

国旗の由来

19世紀よりリヒテンシュタインの国民色として赤と青が用いられていますが、もともとの由来はリヒテンシュタイン家の使用人の制服の色だったとされています。現在では青は空の色、赤はリヒテンシュタインの伝統的な暖炉の火の色とされ、王冠は国民と君主の一体性の象徴と解釈されています。1936年の第11回夏季オリンピック(ベルリン五輪)大会に際して、青と赤の二色旗がカリブ海の島国ハイチの国旗と同じ意匠だったことから混乱が生じたため、翌1937年にリヒテンシュタインは国旗に王冠を配しました。これにより現在のリヒテンシュタイン国旗が成立したのです。ちなみに、縦向きに掲揚する際は王冠が横倒しにならないように作られた縦用の旗が使われます。

国旗の特徴

国旗の青と赤は19世紀よりリヒテンシュタインの国民色として用いられていますが、もともとの由来はリヒテンシュタイン家の使用人の制服の色だったとされています。現在では青は空の色、赤はリヒテンシュタインの伝統的な暖炉の火の色とされ、王冠は国民と君主の一体性の象徴と解釈されています。1936年の第11回夏季オリンピック(ベルリン五輪)大会に際して、青と赤の二色旗がカリブ海の島国ハイチの国旗と同じ意匠だったことから混乱が生じたため、翌1937年にリヒテンシュタインは国旗に王冠を配しました。これにより現在のリヒテンシュタイン国旗が成立したのです。ちなみに、縦向きに掲揚する際は王冠が横倒しにならないように作られた縦用の旗が使われます。

国旗の色の意味

現国旗では青は空の色、赤はリヒテンシュタインの伝統的な暖炉の火の色とされ、王冠は国民と君主の一体性の象徴と解釈されています。

Translate »