マルタの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

マルタの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、マルタ国旗イラスト素材などを解説いたします。

マルタの国旗

国名の正式名称

マルタ共和国

マルタを表す漢字一文字

誕生年

1974年

国旗の色の意味

このシンプルで目を引くカラーリングのマルタ共和国の国旗は、赤と白の2色縦割り2色のカントン部に、ジョージ・クロスの模様。 このジョージ・クロスというのは、イギリスや連盟国・関係国などのあいだで、つとめて人命救助等の医療的な行動における極めて勇敢な行為に対し与えられる名誉であるイギリスの十字勲章とされている。「聖ジョージ勲章」という名で1942年に、イギリス国王ジョージ6世から贈られたものである。この勲章は、第2次世界大戦中に、マルタ国民がナチス軍の攻撃をしのいだことを称えても贈られたといわれている。そして、勲章を国旗にかかげてもよいという承認がおり、旗に採用。勲章のついた国旗は、マルタ共和国の国民の名誉であり誇りとなっている 赤色と白色は、1040年にサラセン人の支配から島を解放した、シチリアのロジャー伯爵が作った旗にちなんだものといわれており、白には意味として純潔さというイメージと正義の潔白と紛れもない肯定という白。まじりっけのないクリーンなイメージとして平和をあらわす白となっている。赤は国の紛れもない新年から生まれる情熱の赤と、犠牲を表している。

国旗の特徴

マルタ共和国、その国旗の特徴はシンプルさとちょっとした十字の模様。 とにかくシンプルに左右を赤色と白色で二色でドン。あまり目にした事のあるタイプの国旗の印象とは違う。めずらしいタイプの国旗に類する。 あまりにもシンプルなデザインではあるが、左半分の白色の左上に十字の紋章のようなモチーフが印象的でもある。 赤と白に十字。どこか病院や医療の関係を想起させてもくれる。

マルタの地図

国旗の色(色番号)

#d2bbbd #c41224 #ba6c6e #b4b3b5

マルタ国旗の意味や由来

マルタ国旗の意味や由来をまとめました。

マルタ国旗の由来

マルタの国旗は国章から用いられており、国章にこめられている諸々が由来となっている。

白と赤のシンプルな構成であり、この2色の配色は、諸説ある中で11世紀にサラセン人からマルタを奪還したというシチリア伯ルッジェーロに由来するという説が有力視されている。思想からなる文言として使用が認められるのは16世紀あたりからで、白には意味として純潔さというイメージと正義の潔白と紛れもない肯定という白。まじりっけのないクリーンなイメージとして平和をあらわす白となっている。赤は国の紛れもない新年から生まれる情熱の赤と、犠牲を表している。

盾の左上に飾られているのはイギリスのジョージ・クロスといわれるもので、これは、マルタがナチス・ドイツと闘い、その虚心坦懐な姿勢と人命救助に強くつとめた栄誉を讃え1942年にイギリス国王のジョージ6世からジョージ・クロスを贈られたことに由来があるとされている。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

マルタのちょっと変わった風習というか、文化みたいなものがある。

マルタ共和国は、マルタ島をはじめとする3つの島から構成されている。面積は全土でおよそ約316平方キロメートル。人口は約42万人弱ていどだが、この国の不思議なところ、ネコがとにかく多いというところ。マルタ共和国にはなんと、一説によるとネコが70万匹以上も住んでいるという話がある。

圧迫感さえ感じる古い建物が並ぶ要塞の壁に囲まれた旧市街、彩り豊かなカラフルな船がずらりと並ぶ漁師町におだやかな町並み、そのどこにもネコがいる。ネコがしっかりと町の風景たちと一体化している。観光客がたくさん行行き交う繁華街であるセント・ジュリアンズには「キャットビレッジ」といわれる施設がある。ここは分け隔てなくネコがくつろぎやすいように、過ごしやすい施設として小屋やぬいぐるみが置かれている。ここまで来ると納得せざるを得ない、マルタのネコ文化。

さらには、首都バレッタから車かバスで約30分ほどの場所にあるオルミという町にはNPO法人である「トマシーナ・キャット・サンクチュアリ」が運営する施設がある。ここは、約20年前から交通事故にあったり、何かで病気にかかったりしたネコを保護して治療している施設である。今でも常時約300匹以上ネコの面倒を見ているという施設だ。12人のボランティアのかたがたがエサやりや掃除に従事している。300匹以上のネコにあたる1回の食事に必要なキャットフードは60缶にも及ぶという。

ネコ愛が、すさまじい、ネコの聖地の国といえる。これには、フェニキアやカルタゴ、ローマにアラブに騎士団と、紀元前からさまざまな勢力が国内で激しく行き交ったため、さまざまな言葉や風習が混ざり合い、独特の文化を形成したという経緯があるとされるが、それにしても、ネコ愛。

マルタ国旗に似てる国旗

イタリアとメキシコは似ているがはっきりと区別がつく。同じ配色の縦3列でありながらイタリアのそれにメキシコ真ん中に柄がピシッと入っている。区別がつく似ている加減。ニュージーランドとオーストラリアは本当によく似ている。どっちがどっちかよくわからない。マルタ共和国においての似ている国旗となると、まずはカラーリング。赤と白かどうか。

インドネシア・ポーランド・モナコはマルタ共和国と同じ赤白の2色構成で縦横の違いくらいで同じ類に属するといってもいい。ただ、似ているというほどのレベルまでは達していない。忘れてはいけない日本の日の丸も赤白の二色だが、形状、デザインはインドネシア・ポーランド・モナコをはじめマルタ共和国ともまるで違う。

オーストリアやペルー、バーレーンやイングランドも赤白の2色パターンだがマルタとは似てはいない。そうなってくると、マルタに似ている国旗は無いのか・・・ということになる。色が違っていても、同じような配置やデザインに国旗はあるのかと探してみた・・・。結果、マルタ共和国と似ている国旗は無かった。共通はカラーリングくらいで、似ている国旗は無かった。

誕生した背景

マルタのその歴史は、紀元前5000年頃、今から7000年もの前に、今のシチリア島から、船を使いマルタ島に人が移り住んだのがはじまりとされている。そこから長い年月の間にキリストの布教やマルタ騎士団の活躍などがあったなか、フランス革命が起きたころ、フランスの英雄ナポレオンがエジプト遠征の途中に騎士団が統治を行っていたマルタへ到来した。ナポレオンにとってはフランスとエジプトを繋ぐ、地中海の中心のこのマルタは是が非でもものにしないといけない土地でもああったという。

そのころ無防備に停泊を許したナポレオンの軍にすぐさまマルタは反抗の余地なく占拠されてしまいます。マルタを統治していたマルタ騎士団はキリスト教であるフランス、ナポレオン軍に手を出す事ができないと同時にフランス出身の騎士団員もいたため、混乱のため抵抗もできずに大敗。

マルタに入ったナポレオンはマルタは自身の物だと主張し、マルタからマルタ騎士団をシチリアに追放。これにより、マルタでのマルタ騎士団の栄光は終焉を迎えることになるという悲劇もあった。その後1802年、平和を望でいたナポレオンはイギリスとの講和条約を結ぶ事に。

この条約ではマルタからイギリス軍の撤退、そしてマルタの統治権をマルタ騎士団へ戻すと記載。しかし、マルタはこの時、力が弱まりつつある騎士団の統治を拒む事に。それは、他のいろいろな大国たちが地中海の要所とされているマルタを狙っている事を把握していたから。その後、正式にマルタはイギリスの占領下に置かれる事となる。その後第二次世界大戦ではマルタが地中海戦線の重要な拠点として、一度も降伏することなく活躍。それからマルタが独立するかいなかの多くの話し合いが行われることに。そして議会による話し合いの結果、独立の道をたどることとしたマルタはイギリスに対し、独立の主張を開始。

結果、1964年マルタは10年間の防衛と財政協力をもって独立が認めらることに。そして1964年9月にマルタは主権と独立をもったイギリス連邦の国家に。そしてそして、1974年には憲法の変更を行い、マルタはイギリス連邦内で共和国を宣言しました。このような誕生の背景がありました

国の特色・人種構成

特色:気候は温暖で海がきれいなとても小さな面積の国です。主な産業は観光業と漁業。実はマグロの養殖が盛んで日本にも輸出されています。また、外国企業の誘致を積極的に行い、その税収が大きくマルタを支える財源となっています。

そして人名銃所などでの世界的評価が大戦のころから強かったマルタは、個人が納める健康保険料は日本よりも少ないのだが医療費は無料。入院しても無料。非常に経済的に安定した国といえる。

人種構成:マルタ人といわれる人種の内訳は欧州系のマルタ人が大半を占め、中近東系のマルタ人も多く見られるようになり、アフリカ系のマルタ人も近年増えてきているという。

仲の悪い国・仲のいい国

マルタはやはりイギリスとの友好関係がクローズアップされます。ここはゆるぎないものだといえます。つけくわえて、日本とも友好的な関係があるといえます。第一次大戦のころ、日英同盟を結んでいたために、連合国側として参戦をしていた日本は、海軍の艦艇を地中海に派遣するものの、ドイツ軍に撃沈されることに。その戦死者たちのお墓がマルタにあるといわれています。

そして、マルタの人々は第二次大戦中、イギリスと日本が敵国同士で戦ってしまっているところで、マルタはイギリス領であったにも関わらず、日本人墓地を密かに守り続けてくれ手板という逸話もあります。

 

マルタの国旗

マルタ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

マルタのフリー素材1
マルタのフリー素材2

マルタ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

マルタのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。