モルドバの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

モルドバの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、モルドバ国旗イラスト素材などを解説いたします。

モルドバの国旗

国名の正式名称

モルドバ共和国

モルドバを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

モルドバの国旗は青、黄、赤(過去・現在・未来を象徴)を使用しています。中央の国章は、原牛と呼ばれるオーロックスを描いたかつてのモルダビア公国の紋章と、鷲を使ったワラキア公国(19世紀、両国の統合によりルーマニア成立)の紋章を組み合わせたものです。

国旗の特徴

独立に伴い制定された国旗は、ルーマニアとの結びつきを強調するため、同国国旗と同じ青、黄、赤(過去・現在・未来を象徴)を使用しています。中央の国章は、原牛と呼ばれるオーロックスを描いたかつてのモルダビア公国の紋章と、鷲を使ったワラキア公国(19世紀、両国の統合によりルーマニア成立)の紋章を組み合わせたものです。 民間では中央の国章を省略する場合が多く、ルーマニア国旗と見分けるのはなかなか難しくなります。縦横比は一応1対2とされていますが、しばしばルーマニア国旗と同じ2対3の旗が使用されるため、見分けられるケースは限られてきます。それだけモルドバ国民がルーマニアに抱く一体感が強いということでしょう。

モルドバの地図

国旗の色(色番号)

#f4d304 #a19174 #7b5724 #4a5482

モルドバ国旗の意味や由来

モルドバ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

モルドバ国旗の由来

独立に伴い制定された国旗は、ルーマニアとの結びつきを強調するため、同国国旗と同じ青、黄、赤(過去・現在・未来を象徴)を使用しています。中央の国章は、原牛と呼ばれるオーロックスを描いたかつてのモルダビア公国の紋章と、鷲を使ったワラキア公国(19世紀、両国の統合によりルーマニア成立)の紋章を組み合わせたものです。
民間では中央の国章を省略する場合が多く、ルーマニア国旗と見分けるのはなかなか難しくなります。縦横比は一応1対2とされていますが、しばしばルーマニア国旗と同じ2対3の旗が使用されるため、見分けられるケースは限られてきます。それだけモルドバ国民がルーマニアに抱く一体感が強いということでしょう。

誕生した背景

モルドバはかつてソ連を構成していた共和国の1つで、1991年に独立を達成しました。この地は中世以来ルーマニア人の版図でありながら各国で領有権が争われ、何度も宗主国が変わってきた経緯から、モルドバ国民の中にはルーマニアとの再統合を求める声も根強く、国旗もルーマニアの三色旗に国章を付加したデザインが使われています。公用語のモルドバ語も、ルーマニア語の方言であります。

国の特色・人種構成

特色:モルドバは独立後5年間、初代大統領ミルチャ・スネグルのもとでルーマニアとの統合を唱えたため、国内のロシア系住民が反発。ウクライナとの国境に近いドニエストル川沿岸部を未承認国家沿ドニエストル共和国として独立させ、ソ連時代のモルダビア国旗をほぼ踏襲して使い続けています。
ソ連時代はモルダビア(モルダヴィア)を名乗っていたが、独立に際してモルドバに改称されました。中世、ルーマニア北東部からこの地にかけて存在したモルダヴィア公国に由来し、モルドバはそのルーマニア語及びモルドバ語による読み方です。

人種構成:
ルーマニア系モルドバ人70% ウクライナ人6% ガガウズ人4% ロシア人2%
ブルガリア人2% 少数のルーマニア人、ロマ人など。

モルドバ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

モルドバのフリー素材1

モルドバ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

モルドバのフリー画像

その他の欧州の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

4kings of North

北欧四十字(北欧四天王)

北欧の四天王。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。