バチカンについて

国旗の由来

黄と白は法王庁の衛兵の帽子の色に由来します。法王の冠と共に紋章に描かれている金銀の鍵はペテロの鍵と呼ばれ、イエスが弟子ペテロに言った言葉「あなたに天の国の鍵を授ける」に由来し、霊界と俗界の支配権を象徴するものとされています。 黄色と白は衛兵の帽子の色。冠と鍵は、キリスト教のあのイエスが弟子に贈った言葉が由来となっています。

国旗の特徴

東京ディズニーランドよりも小さな「バチカン市国」。4世紀に「サン・ピエトロ大聖堂」が建立されたのがはじまりとされています。 イエス・キリストの弟子であった聖ペトロの墓の上に大聖堂を建てたというおはなしです。 8世紀に教皇に土地が与えられ、19世紀まで教皇の領地と共に栄えたということで、カトリックとは切り離せない深い歴史を持つ国といえます。 1929年にイタリアの国家統一がなされた時に、領土問題で対立し教皇領を手放す代わりに独立国家となり、今日のバチカン市国に至ります。 そんなバチカン市国の国旗は特徴としては、左右のツートーン、黄色と白色です。 その右側の白に精巧なつくりともいえる鍵のような絵がかなりの存在感を示しています。 こぎれいな国というイメージは想起しやすく、豊かな雰囲気も感じ取れます。

国旗の色の意味

まずは黄色と白の配色からです。これは1825年、ローマ教皇レオ12世によって決められたものです。その由来にはいくつかの説がありまして、十字軍が遠征していた時代のエルサレム王国の「銀色の盾に描かれた金十字の紋章」に由来している、というものがひとつ、それと法王庁の衛兵の肩章の色に由来している、という説が流れています。どちらも信憑性が感じられます。白い部分に描かれているのはバチカン市国の国章であります。金と銀の鍵が交差しているデザインになっています。これは「天国の鍵」と呼ばれる、イエスから聖ペトロへ与えられた、キリストの代理を務める者の印というものです。聖ペトロの後継者である、教皇を象徴しています。鍵の上にあるのは、「三重冠」という、教皇の冠。「立法・司法・行政」の3つの権力を示すものとされています。ここまでとても由緒正しき風合いが感じられます。国章から、ローマ教皇の権力の偉大さや確固たる地位というメッセージがなんとなく表現されています。また、この国旗のもうひとつの特徴は、正方形に定められていることといえます。スイスも正方形の国旗ですが、法律などで定められているわけではなく、バチカン市国の国旗は、「世界でただひとつ、正方形に決められた国旗」といえるのです。