バチカンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

バチカンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、バチカン国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

バチカンの国旗

国名の正式名称

バチカン市国

バチカンを表す漢字一文字

国旗の色の意味

まずは黄色と白の配色からです。これは1825年、ローマ教皇レオ12世によって決められたものです。その由来にはいくつかの説がありまして、十字軍が遠征していた時代のエルサレム王国の「銀色の盾に描かれた金十字の紋章」に由来している、というものがひとつ、それと法王庁の衛兵の肩章の色に由来している、という説が流れています。どちらも信憑性が感じられます。白い部分に描かれているのはバチカン市国の国章であります。金と銀の鍵が交差しているデザインになっています。これは「天国の鍵」と呼ばれる、イエスから聖ペトロへ与えられた、キリストの代理を務める者の印というものです。聖ペトロの後継者である、教皇を象徴しています。鍵の上にあるのは、「三重冠」という、教皇の冠。「立法・司法・行政」の3つの権力を示すものとされています。ここまでとても由緒正しき風合いが感じられます。国章から、ローマ教皇の権力の偉大さや確固たる地位というメッセージがなんとなく表現されています。また、この国旗のもうひとつの特徴は、正方形に定められていることといえます。スイスも正方形の国旗ですが、法律などで定められているわけではなく、バチカン市国の国旗は、「世界でただひとつ、正方形に決められた国旗」といえるのです。

国旗の特徴

東京ディズニーランドよりも小さな「バチカン市国」。4世紀に「サン・ピエトロ大聖堂」が建立されたのがはじまりとされています。 イエス・キリストの弟子であった聖ペトロの墓の上に大聖堂を建てたというおはなしです。 8世紀に教皇に土地が与えられ、19世紀まで教皇の領地と共に栄えたということで、カトリックとは切り離せない深い歴史を持つ国といえます。 1929年にイタリアの国家統一がなされた時に、領土問題で対立し教皇領を手放す代わりに独立国家となり、今日のバチカン市国に至ります。 そんなバチカン市国の国旗は特徴としては、左右のツートーン、黄色と白色です。 その右側の白に精巧なつくりともいえる鍵のような絵がかなりの存在感を示しています。 こぎれいな国というイメージは想起しやすく、豊かな雰囲気も感じ取れます。

国旗の色(色番号)

#fcb704 #e1d9cc #b42626 #fcc96a

バチカン国旗の意味や由来

バチカン国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

バチカン国旗の由来

黄と白は法王庁の衛兵の帽子の色に由来します。法王の冠と共に紋章に描かれている金銀の鍵はペテロの鍵と呼ばれ、イエスが弟子ペテロに言った言葉「あなたに天の国の鍵を授ける」に由来し、霊界と俗界の支配権を象徴するものとされています。
黄色と白は衛兵の帽子の色。冠と鍵は、キリスト教のあのイエスが弟子に贈った言葉が由来となっています。

バチカン国旗に似てる国旗

残念ながら、残念かどうかをおいておいても、バチカンと似ているというほかの国の国旗はありません。まず、正方形というのがありません。デザインで言っても、似ているものは泣く、完全独立デザインといえます。それでも共通点くらいは・・・というものも、こじつけ以外は見当たりません。

バチカンが誕生した背景

現在のバチカン市国がある場所は、古代ローマにおいては郊外にあったため、人は住んでいなかったとされています。そこに、324年にローマ皇帝の「コンスタンティヌス1世」が、イエスキリストの弟子「ペテロ」の墓が建つ丘に、「サン・ピエトロ大聖堂」を建てたのが始まりです。「コンスタンティヌス1世」は、ローマ皇帝としては初のキリスト教徒ということでしたので、思い入れもあったとされています。
ここからバチカン市国はカトリック教会の本拠地として発展していきます。
756年にはフランク王国カロリング朝ピピンが、ラヴェンナなどの都市を法王に寄進し、そこに法王領を持つようになりました。
法王権が最盛期に達した12~13世紀には、ローマ各地から巡礼が集まり繁栄しました。
しかし、1307年に教皇庁が南仏のアヴィニヨンに移されると、教皇が不在となり豪族たちの紛争が起こったのです。
1348年に疫病であるペストが大流行してしまい、市民の人口はなんと2万人以下に減ってしまいました。
1378~1417年の間には、ローマとアヴィニョンにそれぞれローマ教皇をおき、カトリック教会の大分離が起こります。
1420年に新任の第206代ローマ教皇マルティヌス5世(在位1417-1431年)がローマ入りした時のローマの荒れようは予想以上。
盗賊がはびこり教会は家畜小屋というありさまでした。
1450年の聖年に巡礼がローマにきたことでローマは富を得ました。
当時の第208代教皇ニコラウス5世(在位1447-1455年)は、バチカン宮殿やサン・ピエトロ聖堂の改築を命令しました。
1471年ごろ第212代教皇シクストゥス4世(在位1471-1484年)の教会国家強化へ向けて活動し、ローマを大国へと導きました。
バチカン図書館を充実させシスティーナ礼拝堂も建立しています。
第216代教皇ユリウス2世(在位1503-1513年)に教会国家強化政治が引き継がれ、絶対君主として教皇の立場を強固にしました。
戦争を好む教皇はフィレンツェからルネサンスを奪いました。
1508~1512年にシスティーナ礼拝堂の天井画を彫刻家のミケランジェロが描きました。
教皇とミケランジェロの芸術史に残る葛藤が繰り広げられました。
ミケランジェロの華麗な天井フラスコ画は、教皇はもちろん現在も人々を魅了しています。

バチカンの国旗

バチカン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

バチカンのフリー素材
バチカンのフリー素材2

バチカン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

バチカンのフリー画像

その他の欧州の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。