バーレーンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

バーレーンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、バーレーン国旗イラスト素材などを解説いたします。

バーレーンの国旗

国名の正式名称

バーレーン王国

バーレーンを表す漢字一文字

国旗の色の意味

バーレーンの国旗は、赤と白の2色が使われています。赤色は自由や祖国のために流された尊い血を、白色は平和などの意味を表していると言われています。

国旗の特徴

バーレーンの国旗は左右で赤と白に分かれており、旗竿側に白色、旗尾側に赤色が配色されています。赤と白の2色は頂点が5つあるジグザグとした線で分けられており、ノコギリ型のデザインが特徴的です。5つの頂点はイスラム教の五行を表しており、信仰告白・礼拝・断食・喜捨・巡礼の意味が込められています。 1972年の独立直後は国の地区数を表す8つの頂点が国旗に描かれていましたが、2002年に憲法が改正された際に、国旗も現在使われている5つの頂点のデザインに変更されました。 旗の比率は3:5です。

国旗の色(色番号)

#c40c24 #c2c1c2 #c30b19 #bc6c74

バーレーン国旗の意味や由来

バーレーン国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

似ている旗

旗の比率や色は異なりますが、カタール国の国旗はジグザグとした線がデザインされており、国旗に2つの色を使用していることから、バーレーンの国旗と似ていると言えるでしょう。
カタールの国旗は白と海老茶色の2色を使用。9つの頂点があるジグザグ線が描かれており、バーレーンの国旗よりも多く頂点があります。

国の特色・気候

バーレーン王国は、中東の西アジアに位置する立憲君主制の国家です。首都のマナーマのあるバーレーン島など、バーレーンは33の島から構成される島国です。
夏季にあたる6月〜9月は、日中の気温が40℃を超えることも多くあります。一方、冬季にあたる12月〜2月は日中の気温が20℃前後となり過ごしやすいでしょう。ただし、朝晩は急激に冷え込むことがあるため注意が必要です。

国の特産物や歴史的建造物、有名な建築物など

バーレーンは周りを海に囲まれているため、クエやハタなどの魚料理が有名です。湾岸諸国で食べられる炊き込みご飯の「マチブース」にも魚が入れられることが多いです。
また、バーレーンの建築物としては、世界遺産に登録された「バーレーン要塞」などが有名です。バーレーン要塞は時代ごとにいくつもの建造物が造られ、様々な様式の建造物を見ることができます。

おすすめリゾート地・観光スポット

バーレーンの首都マナーマには多くのホテルが点在しています。ホテルの中にはプライベートビーチ付きの高級ホテルもあり、リゾート気分を思う存分味わうことができるでしょう。
バーレーンの観光地としては、イスラム教の聖典であるコーランについて学べる「コーラン館」や、バーレーンで一番大きなモスクである「アハマド・アル・ファテフ・モスク」などが有名です。

素敵な文化

バーレーンでは陶器などの伝統的な手工芸品が代々受け継がれています。陶器の産地であるアアリ地区では、工房の見学や作品を購入できるところもあります。

国旗

その他の中東の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。