バーレーンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

バーレーンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、バーレーン国旗イラスト素材などを解説いたします。

バーレーンの国旗

国名の正式名称

バーレーン王国

バーレーンを表す漢字一文字

誕生年

1971

国旗の色の意味

赤と白の2色国旗はやはり世界でも多い配色となっています。 バーレーンの赤は祖国にために流された尊い血をあらわす赤となっています。そして白は平和を象徴する白。潔白や純潔といったものと通じます。元々は赤1色でしたが、近隣の土侯国と区別する為に旗竿側(左側)に白い部分を加えたとされており、このジグザグの数も、元々8つだったものが現在は5つに変更されています。

国旗の特徴

アラブの国家の中でも比較的ゆるい、過激ではない国といえるバーレーンの国旗はお国柄同様に、ゆるい部分がデザインにも出ています。例えば、国旗を特徴づけているジグザグ模様ですが、これは面倒臭ければ直線で表現しても良いというゆるさ。その寛容さは果たして是か非か疑問ですが。本末転倒な寛容さともいえます。デザインがどっちでも良いというのは・・・。それでも、イスラム国家らしき部分も垣間見れる国旗です。イスラムカラーである、先人たちが戦いで流した血の色を国旗に取り入れいています。また、ジグザグの波の数もイスラム教徒の信仰行為としてよく知られる5行をイメージしています。それが直線でも良いというのが、どうなんでしょうか。ちなみに白はやはり平和のカラーというものの象徴で、欧米とアラブの架け橋となっている現在のバーレーンをあらわしているといえます。

バーレーンの地図

国旗の色(色番号)

#c40c24 #c2c1c2 #c30b19 #bc6c74

バーレーン国旗の意味や由来

バーレーン国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

バーレーン国旗の由来

アラビア海の西岸地域に広がったハワーリジュ派(スンニ派でもシーア派でもないイスラム教)のシンボル旗がるーつとなっています。
ギザギザの部分は、直線であっても、ギザギザであっても、どちらでもかまわなかったようですが、自然とギザギザがついているほうが、正式なものになったということです。

バーレーン国旗に似てる国旗

ぎざぎざの波線が特徴的なバーレーンの国旗ですが、これはカタールも同じようなデザインとなっています。ぎざぎざの数こそ違えど、同じデザインの国旗、色違いのものといえます。
ちなみに両国の旗は、アラビア海の西岸地域に広がったハワーリジュ派(スンニ派でもシーア派でもないイスラム教)のシンボル旗がるーつとなっています。
ギザギザの部分は、直線であっても、ギザギザであっても、どちらでもかまわなかったようですが、自然とギザギザがついているほうが、正式なものになったということです。
当初は、カタールの旗も、赤でバーレーンの旗とくべつがつかず紛らわしかったようですが、赤い色が日光で変色しても使い続けたため、いつのまにか現在の色になったという説もあります。

誕生した背景

1800年代には英国との間に防衛と外交を英国の手に委ねる趣旨の保護条約を取り交わします。1932年には、アラビア湾岸諸国で初めて石油の生産を開始しました。以来、バーレーンの近代化は急速に進みます。
1971年8月14日、バーレーンは首長国として独立を宣言し、1973年5月には憲法が発布されました。

国の特色・人種構成

特色:古代バビロニア,アッシリア時代にはディルムーンという名の有力な貿易中継地であり、またBC3世紀から15世紀にかけては真珠の産地として栄えました。18世紀にアラビア半島から移住したハリーファ家がバーレーンの基礎を作り,1932年には石油の生産を開始し、その後近代化を進めたのち1971年8月イギリスから独立しました。

人種構成:ほぼアラブ人。
参照:外務省 バーレン基礎情報

国旗

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。