イランの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

イランの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、イラン国旗イラスト素材などを解説いたします。

イランの国旗

国名の正式名称

イラン・イスラム共和国

イランを表す漢字一文字

誕生年

1979年

国旗の色の意味

「緑」は”イスラム教”、あるいは、”成長と国民の幸福”を、「白」は”平和と永遠”、あるいは、”清さと中立”を、「赤」は”共和国憲法”を、あるいは、”勇気と愛の炎”を、シンボライズしております。

国旗の特徴

横に緑・白・赤の3色ストライプ。 白ストライプの上下によく見ると何か文字のようなものが描かれているのが確認できると思います。 これ、気になる人は前から「いったい何が書かれているのだろう」と思われていたのではないでしょうか。 イスラム教ではよく耳にする「アッラ―フ・アクバル(神は偉大なり)」 が上に11回、下に11回、計22回記されております。 この数字は「イラン革命」を成しとげたイラン歴の「11月22日」に由来しております。 中央にはイランの赤い国章。 4つの三日月と1本のサーベルをかたどっております。 そもそも、三日月とはアラブやイスラム地域でよく信奉されるシンボルです。 そして、イラン国旗ではこの三日月が神の言葉を表しております。 サーベルの上には小さく「W」のような記号があります。 これはアラビア文字の「タシュディード」といい、子音の重複を意味し、すなわち、サーベルが二重であることを表しております。 サーベルは”力と不屈の精神”を象徴しております。

イランの地図

国旗の色(色番号)

#e1d6d3 #1d973a #148c24 #90c499

イラン国旗の意味や由来

イラン国旗の意味や由来をまとめました。

イラン国旗の由来

ペルシャの国章の形は「チューリップ」に似せられております。古代ペルシャの伝説では、祖国のために兵士が戦死した場所には赤いチューリップの花が咲くといいます。
現在でもチューリップは”勇猛”の象徴と捉えられております。共和国以前パフラヴィ―王朝時代には、ライオンをモチーフとした紋章が用いられておりました。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

国によっては国旗を燃やしたり、不用意に傷つけ汚すことは国への不敬であり、罪に問われることがあります。このイランでも、2013年10月イランの少数民族であるアゼルバイジャン系トルコ人の権利のために活動している2人の活動家が、路上でイラン国旗を燃やした、として当局に逮捕され、計10年の禁固刑が申し渡されてようです。
なお、2人は訊問の際に日常的にベルトで殴打、平手打ちを食らい、当局の職員に自白させられた、としてアムネスティに告白いたしました。

誕生した背景

イランは元来ペルシャまたはペルシアといわれ、ほかのアラブ地域とは民族も言語も宗教もかなり異なっております。インド=ヨーロッパ語族系。言語はアラブ語でなく、主にペルシャ語。宗教も大多数がアラブのイスラム教スンニ派ではなく、イスラム教シーア派を信仰しております。古来よりアケメネス朝、ササン朝などとして世界史に燦然とその名を轟かしめたペルシャ。

世界が帝国主義に踊った時代にも独立を堅持。やがてパフラヴィー朝のシャー(皇帝)は秘密警察などを駆使しながら、強力に国家の西洋近代化を推し進めてゆきます。 国民や宗教勢力などはこれに反発を強め、1978年聖地ゴムでついに暴動が発生。1979年にはこの動きに耐えかねてシャー一家はエジプトへと亡命いたします。革命の精神的指導者であったルーホッラー・ホメイニー師は回避先であったフランスから帰国し、新たな国家の最高指導者として国家を率いてゆくこととなります。

国の特色・人種構成

イランと言えば、中東の中で私たち日本に比較的なじみのある国として知られているのではないでしょうか。かつては移民や出稼ぎとしてたくさん訪れ、あのメジャーリーガーとして活躍するダルビッシュ有さんのお父さん。あるいはタレントのサヘル・ローズさん。などがよく知られております。イスラム原理主義国家、あるいは、シーア派国家の盟主として、中東では隠然たる力を保持しております。最近はアメリカのあのトランプ大統領がさらにあからさまなイランへの圧力をパフォーマンスしており、緊張が高まっております。この激動の世界情勢においてかなり見逃すべからざる国家のひとつです。

なお、イラン国内はその情勢により危険になり、私たち外国人にとってかなり注意と自制が必要になってまいりますが、元来、ペルセポリスの古代都市遺跡や、「ここには世界の半分がある」と讃えられるイスファハーンのイマーム広場など、秀逸な観光資源がそろっております。わたしとしても、安心・安全になってから是非訪れてみたい国です。国内経済は世界有数の産油国でありながら、アメリカを中心とする世界各国からの経済封鎖もあってか、高失業率やインフレにあえいでおります。

国内人口における民族構成割合としましては、ペルシャ人が約5割。アゼリー人、いわゆるアゼルバイジャン人が約25%世界最大の少数民族クルド人が7%ほどとなっております。ペルシャ人の割合が思ったより少ないと感じる方は多いのじゃないでしょうか。

イランの国旗

イラン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

イランのフリー素材1
イランのフリー素材2

イラン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

イランのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。