ヨルダンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ヨルダンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ヨルダン国旗イラスト素材などを解説いたします。

ヨルダンの国旗

国名の正式名称

ヨルダン・ハシミテ王国

ヨルダンを表す漢字一文字

誕生年

1946

国旗の色の意味

赤の三角と、黒・白・緑の横三分割旗で、3本の水平の帯(黒、白、緑)については、これらの帯はそれぞれ、アッバース朝、ウマイヤ朝、ファーティマ朝を表します。赤の三角形は、現在の王室であるハーシム家及びアラブのレジスタンスを表します。 アラブの基本色といわれる、赤、黒、白、緑の4色のみが用いられています。

国旗の特徴

アラブの基本色である、赤・黒・緑・白が使われています。赤の三角と、黒・白・緑の横三分割旗は、アラビア半島のヒジャーズ王国フセイン王と、フセイン王が率いるアラブ軍が、オスマン帝国に対して立ち上がったときの旗に由来しています。7角の星は、トランスヨルダン王国成立後の1928年に加えられたもので、イスラムの聖典コーランの開扉の7節を表しています。 3本の水平の帯(黒、白、緑)については、これらの帯はそれぞれ、アッバース朝、ウマイヤ朝、ファーティマ朝を表します。赤の三角形は、現在の王室であるハーシム家及びアラブのレジスタンスを表します。レジスタンス旗との唯一の違いである七稜星は、クルアーン第一章の7行及び、アラブ人の民族の単一性を表現しています。第一次世界大戦中のオスマン帝国に対するアラブ側のレジスタンスの旗に基づくデザインとされています。

ヨルダンの地図

国旗の色(色番号)

#c90d22 #047035 #dfdcdc #5c9876

ヨルダン国旗の意味や由来

ヨルダン国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ヨルダン国旗の由来

赤の三角と、黒・白・緑の横三分割旗は、アラビア半島のヒジャーズ王国フセイン王と、フセイン王が率いるアラブ軍が、オスマン帝国に対して立ち上がったときの旗に由来しています。7角の星は、トランスヨルダン王国成立後の1928年に加えられたもので、イスラムの聖典コーランの開扉の7節を表しています。
3本の水平の帯(黒、白、緑)については、これらの帯はそれぞれ、アッバース朝、ウマイヤ朝、ファーティマ朝を表します。赤の三角形は、現在の王室であるハーシム家及びアラブのレジスタンスを表します。

誕生した背景

20世紀に入り、メッカの太守アル・シャリーフが、オスマントルコの支配に反旗をひるがえしました。そして、第1次世界大戦中・1916年のサイクス・ピコ協定(イギリスとフランスとの間の協定)により、イギリスの委任統治領、トランス・ヨルダンが誕生することとなります。やがて、1946年、イギリスから独立し、ヨルダン・ハシミテ王国が誕生する運びとなります。

国の特色・人種構成

特色:西アジア、アラビア半島北西部にある国で、正称はヨルダン・ハシェミット(ハーシム)王国。国名は、アンティ・レバノン山脈に源を発し死海へ注ぐヨルダン川に由来しています。

人種構成:
ヨルダン人の大部分は人種的にはアラブ人です。学者さんたちの間ではカナーン人の末裔(まつえい)とする説もあります。古来この一帯に住み着いていた地中海系諸民族、ギリシア人、エジプト人、ペルシア人、ヨーロッパ人、アフリカ人などとの混血が顕著となっています。

ヨルダン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ヨルダンのフリー素材1

ヨルダン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ヨルダンのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。