ヨルダンについて

国旗の特徴

ヨルダンの国旗は、横に三分割されており、上から黒・白・緑の3色が配色されています。 また、国旗の左側には赤地の三角形に白い七角星が描かれています。旗の比率は1:2です。

国旗の色の意味

国旗に使用されている色は、それぞれイスラム王朝を表していると言われており、黒色は「アッバース王朝」、白色は「ウマイヤ王朝」、緑色は「ファーティマ王朝」、三角形の赤色は「ハシミテ王朝」と考えられています。 また、赤地の三角形に描かれている白い七角星は、「アッラーのほかに神はなし、ムハンマドはアッラーの使者である 」というイスラム教の聖典『コーラン』の第1章の1節〜7節を表していると言われています。