レバノン国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

レバノンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、レバノン国旗イラスト素材などを解説いたします。

レバノンの国旗

国名の正式名称

レバノン共和国

レバノンを表す漢字一文字

国旗の色の意味

レバノンの国旗には赤・白・緑の3色が使われています。赤色は犠牲と勇気を表現。白色はレバノン山脈を表し、平和や純潔などの意味が込められています。 また、国旗の中央には国のシンボルであるレバノン杉が緑色で描かれています。

国旗の特徴

レバノンの国旗は上から赤・白・赤の横三分割国旗です。国旗の中央には、聖書に記述されているレバノン杉が描かれています。レバノン杉は潔さと不滅を表現していると言われています。 旗の比率は2:3です。

国旗の色(色番号)

#079837 #d6d0ce #048c14 #fc7d72

レバノン国旗の意味や由来

レバノン国旗の意味や由来をまとめました。

似ている旗

南太平洋に位置するオーストラリア領のノーフォーク島の旗は、レバノン国旗と同じように中心部に樹木が描かれています。ノーフォーク島の旗は緑と白が使われている縦三分割旗です。ノーフォーク島に自生している「ノーフォークマツ」がデザインされています。

国の特色・気候

レバノン共和国は西アジアに位置する共和制の国です。西は地中海に面し、国の中央部にはレバノン山脈があり、広大な自然が広がっています。
また、首都ベイルートなどの海岸地域は地中海性気候に属しており、1年を通して過ごしやすいでしょう。レバノンは5月〜10月頃にかけて長い夏があり、11月〜3月頃は雨季の期間になります。夏季は雨が降ることが少なく、雨季にほとんどの年間降水量が記録されるのが特徴です。山岳地帯では冬になると積雪量が多くなります。

国の特産物や歴史的建造物、有名な建築物など

レバノンはワインの産地として有名です。歴史的にフランスの影響を受けながらワイン造りが発展し、特にベッカー高原の気候はワインの生産に適していると言われています。良質なレバノンのワインはお土産として人気です。
また、レバノンの建造物としては世界遺産に登録されている「ビブロス遺跡」が有名です。ビブロス遺跡ではローマ時代の劇場跡や、紀元前18世紀頃に建てられた神殿跡を見ることができます。遺跡は地中海に面した土地に残されており、海の風景と一緒に楽しむことができます。

おすすめリゾート地・観光スポット

レバノンはアラブ諸国の中で唯一砂漠がないため、避暑地やリゾート地として近隣諸国などから多くの観光客が訪れます。特にレバノンの首都ベイルートは「中東のパリ」とも言われ、美しい街並みが広がっています。
また、ベイルート近郊にも多くの観光地が点在しており、神秘的な鍾乳石が魅力的な「ジェイタ洞窟」などが有名です。

素敵な文化

レバノンには正統派アラブ料理とも言われる「レバノン料理」があります。レバノン料理は野菜を多用し、ゴマやオリーブオイル、ヨーグルトやレモンなどがよく使われています。特産品のワインと一緒に楽しむのもよいでしょう。

レバノンの国旗

レバノン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

レバノンのフリー素材1
レバノンのフリー素材2

レバノン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

レバノンのフリー素材3

その他の中東の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。