レバノン国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

レバノンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、レバノン国旗イラスト素材などを解説いたします。

レバノンの国旗

国名の正式名称

レバノン共和国

レバノンを表す漢字一文字

誕生年

1941年

国旗の色の意味

「赤」は”殉教”を、「白」は”雪をいただいたレバノン山”を、あるいは、”石灰質の多い国土”、あるいは、”純潔”と”平和”を、「レバノン杉」は”不滅”と”寛容”を、あらわしております。

国旗の特徴

横に1:2:1の割合で赤・白・赤のストライプ。白地中央に緑色のレバノン杉。レバノン杉は古代影響エジプトやメソポタミアのころから建材や船材に利用され、レバノンの名産としてよく知られておりました。まっすぐ、高く、太く。そして、硬くて腐りにくい!しかも、“香柏”とよばれるほどに素晴らしい香りを放ちます。あの世界最古の叙事詩(じょじし)といわれる「ギルガメッシュ叙事詩」にも出てきます。ユダヤの偉大な王「ソロモン」の神殿の建材にもレバノン杉が使われたという記録が残っております。大航海時代世界中の海を越えたあの「ガレー船」にも使用されております。しかし、長年にわたる大量伐採のため、近年は絶滅が心配されております。今は地道な植樹活動などが行われている様子。国内にある「カディーシャ渓谷と神の杉の森」は世界文化遺産に指定されております。

レバノンの地図

国旗の色(色番号)

#079837 #d6d0ce #048c14 #fc7d72

レバノン国旗の意味や由来

レバノン国旗の意味や由来をまとめました。

レバノン国旗の由来

レバノンの国旗にレバノン杉が使用されるようになったのは1842年から。当時は白地に淡い緑のレバノン杉。その後、フランス統治時代からはフランス国旗の縦に「青・白・赤」のトリコロールの白地の部分にレバノン杉が描かれるようになりました。それぞれの時代によって多少レバノン杉の配色が変わりましたが、そのデザイン自体は大きく変わりません。1943年独立にあわせて、横に121の割合で赤・白・赤で、白地中央にレバノン杉今とほとんど同じデザインになりました。ただ、レバノン杉の幹の部分が「茶色」になっております。現在は、幹もふくめてレバノン杉「全体」が緑色ですね。今のデザインに移行したのは1990年のことです。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

「レバノン杉」は旧約聖書に出てくるほどキリスト教徒の象徴とされております。現在も国民の約4割はキリスト教徒。その内訳はマロン派が最大多数派で、ほかに正教会、プロテスタント、カトリック、アルメニア使徒教会。また、イスラム教信奉者も多く国民の約55%。そちらの内訳もスンニ派、シーア派、アラウィー派、ドルーズ派。また、ユダヤ教信者もおり、いろんな宗教が一つの国の中で信仰されております。

誕生した背景

今のレバノンの地は古代、海洋に乗り出して繁栄を謳歌したフェニキア人の故地とされます。その後、アッシリア帝国、新バビロニア帝国、マケドニア王国、セレウコス朝シリア、ローマ帝国、イスラム勢力、フランス、などと統治する勢力は時代とともに幾度も移ろってゆきます。やがて、人口の4割がキリスト教徒で、統治しやすいということがあり、フランスはこの地を「大レバノン」としてシリアから特別に分割統治し始めます。1926年には「レバノン共和国」が成立。

第二次世界大戦に入ると、フランスは本国がナチスドイツに占領され、それを機に1941年レバノンとシリアはフランスによる委任統治から抜け出します。その後は隣国であるイスラエルやシリア、さらにはイスラエル国内のイスラム系パレスチナ、などの影響を受けて、たびたび内戦に発展。20186月現在はシリア内戦などの影響から国内の分断も深刻となりつつあります。

国の特色・人種構成

レバノン料理というものがあります。中東といえば、ケバブなどで知られる肉料理がメインですが、レバノン料理とは野菜料理も豊富。よく使用される食材として、ゴマ、オリーブ油、レモン、ヨーグルト、ハーブ類。この辺りトルコ料理や地中海料理とやや似ている部分がありますね。代表的な料理として、ファラーフェルはひよこ豆のコロッケ。ミハシーは香辛料の効かせたコメや肉、野菜をキャベツやブドウの葉などでくるんだ料理。シュールバはスープ。野菜や肉団子などを煮込んでおります。カフタはミートボール状のひき肉料理。サンブーサクは半月状のパイ。バターレフという日本のカラスミによく似た料理もあります。まもなく日本でも新たなブームがやってくるかもしれません。レバノンは複雑な国内だけでなく、遠近かかわらない海外諸国の影響によって和戦を繰り返してきた国。近頃も近隣が非常に不穏な状態にあります。こういった国が平和であり続けられるような国際情勢になってほしいですね。

レバノン人口における民族割合は約95%がアラブ人です。近頃はシリアから100万人といわれる難民が流入しております。これによりレバノンの人口は10%増加いたしました。国内の公用語はアラビア語。話し言葉はレバノン方言です。

レバノンの国旗

レバノン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

レバノンのフリー素材1
レバノンのフリー素材2

レバノン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

レバノンのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。