オマーンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

オマーンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、オマーン国旗イラスト素材などを解説いたします。

オマーンの国旗

国名の正式名称

オマーン国

オマーンを表す漢字一文字

誕生年

1820

国旗の色の意味

赤はアラビアの君主の伝統色であると同時に外敵からの防衛を、白はイスラム教の指導者(イマーム)および平和を、緑は農作物と山がちな国土、そして繁栄をそれぞれ表します。

国旗の特徴

赤白緑の配色で、オーソドックスな様相にも見えますが案外オリジナリティのある個性的な国旗です。鎖国期のオマーンの国旗は、アラビアの君主の伝統色である赤一色の旗でしたが、開放路線に転じた1970年に全面的な変更が加えられ、現国旗が制定されました。国旗のカントン部には、オマーンの伝統的な短剣カンジャルと2本の太刀を重ねた国章が配されています。これは国王(スルタン)の権威の象徴です。赤はアラビアの君主の伝統色であると同時に外敵からの防衛を、白はイスラム教の指導者(イマーム)および平和を、緑は農作物と山がちな国土、そして繁栄をそれぞれ表します。1985年に国章が若干変更され、1995年にはそれまで白、緑より太かった赤が等分幅になり、更に縦横比も2対3から1対2とされるといったマイナーチェンジを経て、現在に至ります。

オマーンの地図

国旗の色(色番号)

#cac5c5 #048b3b #049444 #f87772

オマーン国旗の意味や由来

オマーン国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

オマーン国旗の由来

鎖国期のオマーンの国旗は、アラビアの君主の伝統色である赤一色の旗でしたが、開放路線に転じた1970年に全面的な変更が加えられ、現国旗が制定されました。国旗のカントン部には、オマーンの伝統的な短剣カンジャルと2本の太刀を重ねた国章が配されています。これは国王(スルタン)の権威の象徴です。赤はアラビアの君主の伝統色であると同時に外敵からの防衛を、白はイスラム教の指導者(イマーム)および平和を、緑は農作物と山がちな国土、そして繁栄をそれぞれ表します。

誕生した背景

オマーンは8世紀頃に建国されたと伝えられており、古くから多くのオマーン船がインド洋沿岸の各地で商業活動を行っていました。16世紀初めにはマスカット(現在の首都)など沿岸の港湾都市をポルトガルに占領される事態が発生したものの、同世紀半ばには追放し、勢力を拡大。17世紀半ばに東アフリカのザンジバル(現タンザニア領)を得て、香料や象牙の一大産地として莫大な富を獲得しています。最盛期に当たる1832年にはサイード大王のもとでザンジバルに遷都し、アラビア半島から東アフリカを勢力圏とする大海洋帝国が築かれました。
それから、カブース皇太子は強力なリーダーシップでオマーンを改革・開放路線へとシフトさせ、翌1971年10月には国連に加盟。これを皮切りに保護国から主権国家への脱皮を加速させ、同年12月には遂に独立を回復しました。

国の特色・人種構成

特色:
西アジアのオマーンは、世界最大の半島であるアラビア半島に位置する産油国です。首都マスカットを含む本土は同半島の南東部にありますが、アラブ首長国連邦(UAE)を挟んでいくつかの飛び地も有し、中でも最北端にあるムサンダム地区は石油の輸出航路として重要なホルムズ海峡と面しています。また、南部のサラーラも中東とインド、更にはアフリカを結ぶ主要な港湾都市であり、オマーンは全体的に国際交通の要衝としての性質が強い国と言えます。

人種構成:
オマーン国籍54%アラブ人がほとんど。南東部に極少数だが、アラブ化以前から住む南アラビア先住民の諸部族が存在します。

オマーン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

オマーンのフリー素材1

オマーン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

オマーンのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。