パキスタンについて

国旗の特徴

パキスタンの国旗に描かれている三日月は進歩と発展を、五角星は光明と知識を表していると考えられています。 また、現在のパキスタンの国旗は1906年に結成された「全インド・ムスリム連盟」の旗をモデルにして作られたと言われています。 旗の比率は2:3です。

国旗の色の意味

パキスタンの国旗は、白と緑の2色が使われています。白色は平和を、緑色は国の繁栄やイスラム教を表現。 また、旗竿側の白い帯はイスラム教徒以外の少数派を表しているとも言われています。