カタールについて

国旗の特徴

カタールの国旗は左右で海老茶色と白色に分かれており、旗竿側に白色、旗尾側に海老茶色が配色されています。海老茶色と白色の2色は頂点が9つあるジグザグとした線で分けられており、カタールの国旗はノコギリのようなデザインが特徴的です。9つの頂点は1916年にカタールが英国と保護条約を締結した際に、9番目の海岸首長国であったことが由来ではないかと考えられています。 また、カタールの旗比率は11:28で、現存する国旗の中で一番横長です。

国旗の色の意味

カタールの国旗は、海老茶色と白色の2色が使われています。海老茶色は過去の戦争で流した血を、白色は平和の意味を表現。元々は赤色の旗が使われていましたが、強い日差しの影響で国旗の赤色が海老茶色になったと考えられています。また、バーレーン王国の国旗とデザインが似ているため、区別するために海老茶色になったとも言われています。