マーシャル諸島について

国旗の由来

国旗は自治政府発足時に制定されたもので、アマタ・カブア初代大統領の妻エムライン・カブア夫人が考案しました。 地色の青は太平洋を、フライ側からホイスト側まで貫くオレンジと白の帯はラリック、ラタック両列島を表すと同時に、オレンジは勇気と富を、白は平和を象徴します。ホイスト側上部には太陽が置かれ、独立時の24行政区を表す24の光線が放たれていますが、その中でも特に長い4つの光は首都マジュロ、ヤルート、エバイ、ウォッジェの主要4地区を象徴すると同時に、キリスト教の十字架を表しています。

国旗の特徴

国旗は自治政府発足時に制定されたもので、アマタ・カブア初代大統領の妻エムライン・カブア夫人が考案しました。 地色の青は太平洋を、フライ側からホイスト側まで貫くオレンジと白の帯はラリック、ラタック両列島を表すと同時に、オレンジは勇気と富を、白は平和を象徴します。ホイスト側上部には太陽が置かれ、独立時の24行政区を表す24の光線が放たれていますが、その中でも特に長い4つの光は首都マジュロ、ヤルート、エバイ、ウォッジェの主要4地区を象徴すると同時に、キリスト教の十字架を表しています。

国旗の色の意味

地色の青は太平洋を、フライ側からホイスト側まで貫くオレンジと白の帯はラリック、ラタック両列島を表すと同時に、オレンジは勇気と富を、白は平和を象徴します。ホイスト側上部には太陽が置かれ、独立時の24行政区を表す24の光線が放たれていますが、その中でも特に長い4つの光は首都マジュロ、ヤルート、エバイ、ウォッジェの主要4地区を象徴すると同時に、キリスト教の十字架を表しています