クック諸島の国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

クック諸島の国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、クック諸島国旗イラスト素材などを解説いたします。

クック諸島の国旗

国名の正式名称

クック諸島

クック諸島を表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

ニュージーランド国旗と同様、イギリスのブルー・エンサインを基調としています。またこの青はクック諸島を囲む太平洋と住民間の平和も象徴します。また、フライ側には15の星が円形に配列されていますが、これはクック諸島を構成する主要な15島を表しています。

国旗の特徴

クック諸島の旗は1979年に制定された2代目のもので、ニュージーランド国旗と同様、イギリスのブルー・エンサインを基調としています。またこの青はクック諸島を囲む太平洋と住民間の平和も象徴します。また、フライ側には15の星が円形に配列されていますが、これはクック諸島を構成する主要な15島を表しています。このうち政庁所在地アヴァルアがあるラロトンガ島は、1985年に締結された南太平洋非核地帯条約(ラロトンガ条約)の調印の場となっており、クック諸島が国際社会で初めてホスト国となった地として知られます。

クック諸島の地図

国旗の色(色番号)

#c90f1e #d7d0da #7484ac #d45c64

クック諸島国旗の意味や由来

クック諸島国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

クック諸島国旗の由来

クック諸島の旗は1979年に制定された2代目のもので、ニュージーランド国旗と同様、イギリスのブルー・エンサインを基調としています。またこの青はクック諸島を囲む太平洋と住民間の平和も象徴します。また、フライ側には15の星が円形に配列されていますが、これはクック諸島を構成する主要な15島を表しています。このうち政庁所在地アヴァルアがあるラロトンガ島は、1985年に締結された南太平洋非核地帯条約(ラロトンガ条約)の調印の場となっており、クック諸島が国際社会で初めてホスト国となった地として知られます。

誕生した背景

クック諸島は南太平洋、ポリネシア地域に浮かぶ15の主要な島々から成ります。この地では長らくポリネシア系先住民によって独特な社会が築かれてきましたが、18世紀にイギリス海軍のジェームズ・クックに発見されると、太平洋航路の補給基地として1888年に保護領化。1901年には当時同じくイギリス領だったニュージーランドに管轄が移され、伝統的な島の首長とニュージーランド人行政官による二元支配が確立しました。その後、ニュージーランド政府との話し合いにより徐々に自治権付与への路線転換が成され、1965年に同政府とクック諸島は「自由連合協定」を締結。これにより、外交の一部や国防に関しては同政府に委任しながらも、クック諸島にはほぼ完全な内政自治権、自ら外国と国交を結ぶ権利、国際機関に独自に加盟する権利が与えられました。1988年からはオリンピックにもニュージーランド選手団とは別に、独自のクック諸島選手団を結成して参加しています。

国の特色・人種構成

特色:クック諸島の主要産業は観光業ですが、産業規模の極めて小さい国内では雇用先をまかなえないことから、多くのクック諸島人がニュージーランドの市民権を得て同国に出稼ぎに行っています。これらの人々からの送金とニュージーランド政府からの支援金はクック諸島経済の要であり、もし自由連合国から完全な独立国になると、これらが失われる可能性があることから、同地は完全な独立には踏み切れていません。それでもクック諸島政府は2001年より独自の外交を展開すると公言し、徐々にではありますがこの地を国家として承認する国も増えてきています。2011年には日本もクック諸島を主権国家として承認し、外交関係を樹立しました。

人種構成:ポリネシア系クック諸島人88% 混血系(ポリネシア系と白人の混血が主)6%
ヨーロッパ系白人2%

クック諸島国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

クック諸島のフリー素材1

クック諸島国旗の画像(フリー・商用利用可能)

クック諸島のフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。