サモアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

サモアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、サモア国旗イラスト素材などを解説いたします。

サモアの国旗

国名の正式名称

サモア共和国

サモアを表す漢字一文字

誕生年

1962

国旗の色の意味

赤、青、白の三色はサモア人の伝統色としてアメリカ領サモアの旗でも使われていますが、特に赤は勇気と忠誠を表す色として尊ばれています。また、青は愛国心と自由、白は純潔の象徴です。

国旗の特徴

ほぼ赤、に青いカントンとその中に星というシンプルな構成です。 赤、青、白の三色はサモア人の伝統色としてアメリカ領サモアの旗でも使われていますが、特に赤は勇気と忠誠を表す色として尊ばれています。また、青は愛国心と自由、白は純潔の象徴です。 国旗の原型は信託統治時代の1948年、後に初代共同元首(大首長)となるトゥプア・タマセセ・メアオレとマリエトア・タヌマフィリ2世によって制定されており、独立後もその旗が引き続き国旗として使われています。カントン部には太平洋諸国によく使われている南十字星が配されており、同地域間での連帯意識がうかがえます。作成当時、星の数はニュージーランド国旗に倣って4つでしたが、1949年に5つに変更されました。

サモアの地図

国旗の色(色番号)

#042e77 #b6bed1 #ce0c34 #7c255f

サモア国旗の意味や由来

サモア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

サモア国旗の由来

国旗の原型は信託統治時代の1948年、後に初代共同元首(大首長)となるトゥプア・タマセセ・メアオレとマリエトア・タヌマフィリ2世によって制定されており、独立後もその旗が引き続き国旗として使われています。カントン部には太平洋諸国によく使われている南十字星が配されており、同地域間での連帯意識がうかがえます。作成当時、星の数はニュージーランド国旗に倣って4つでしたが、1949年に5つに変更されました。

誕生した背景

19世紀よりこの島々の領有権を争っていたドイツとアメリカが、1899年に協定を結び、西経171度線を境に西部をドイツ領、東部をアメリカ領と定めました。西サモアはその後統治国の変更を経て1962年に独立しましたが、東サモアは現在もアメリカ領サモアの名で同国の統治下に留まり続けています。
第一次大戦で敗北したことにより、全ての植民地の放棄を義務付けられました。西サモアもその例外ではなく、1919年に国際連盟の委任統治領としてニュージーランドの施政下に置かれ、第二次大戦後に発足した国際連合もニュージーランド施政のまま信託統治領へと移行させました。地位や統治国の変化はあったものの、サモア人の伝統的な統治機構は温存され、各地を統括する首長は1962年の独立後も国内政治に大きな影響力を持っています。また、アメリカ領サモア(東サモア)との関係は分断前と比べて縮小されているとはいえ、未だ精神的な紐帯は太く根付いており、一部では同地の合併を求める声も聞かれます。しかし1997年に西サモアが独断で国名をサモア独立国と改称したこと(後述)などをめぐり、両者が対立する場面もしばしば見られます。

国の特色・人種構成

特色:
南太平洋、ポリネシア地域に浮かぶサモア諸島は、西部がサモア独立国という主権国家、東部はアメリカ領サモアという海外領土となっています。

人種構成:
ポリネシア系サモア人92%ユーロネシアン(白人とサモア人の混血)7%少数のヨーロッパ系白人など。

サモア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

サモアのフリー素材1

サモア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

サモアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。