サモアについて

国旗の由来

国旗の原型は信託統治時代の1948年、後に初代共同元首(大首長)となるトゥプア・タマセセ・メアオレとマリエトア・タヌマフィリ2世によって制定されており、独立後もその旗が引き続き国旗として使われています。カントン部には太平洋諸国によく使われている南十字星が配されており、同地域間での連帯意識がうかがえます。作成当時、星の数はニュージーランド国旗に倣って4つでしたが、1949年に5つに変更されました。

国旗の特徴

ほぼ赤、に青いカントンとその中に星というシンプルな構成です。 赤、青、白の三色はサモア人の伝統色としてアメリカ領サモアの旗でも使われていますが、特に赤は勇気と忠誠を表す色として尊ばれています。また、青は愛国心と自由、白は純潔の象徴です。 国旗の原型は信託統治時代の1948年、後に初代共同元首(大首長)となるトゥプア・タマセセ・メアオレとマリエトア・タヌマフィリ2世によって制定されており、独立後もその旗が引き続き国旗として使われています。カントン部には太平洋諸国によく使われている南十字星が配されており、同地域間での連帯意識がうかがえます。作成当時、星の数はニュージーランド国旗に倣って4つでしたが、1949年に5つに変更されました。

国旗の色の意味

赤、青、白の三色はサモア人の伝統色としてアメリカ領サモアの旗でも使われていますが、特に赤は勇気と忠誠を表す色として尊ばれています。また、青は愛国心と自由、白は純潔の象徴です。