ソロモン諸島について

国旗の由来

ソロモン諸島の国旗は独立前年の1977年、当時の自治政府により制定され、正式な独立を達成した後も引き続き用いられています。青は広大な太平洋と熱帯特有の激しい降雨を、緑は肥沃な大地と緑豊かな美しい自然を象徴し、その間に差し込まれた黄色い斜めの帯は、南国ソロモン諸島を彩る太陽の光を表します。また、カントン部に置かれた5つの星は、国土の中でも特に重要な5つの主島(ガダルカナル島、マライタ島、マキラ島、サンタイサベル島、チョイスル島)をイメージすると同時に、南太平洋地域のシンボルとして広く親しまれている南十字星を示しています。

国旗の特徴

ソロモン諸島の国旗は独立前年の1977年、当時の自治政府により制定され、正式な独立を達成した後も引き続き用いられています。青は広大な太平洋と熱帯特有の激しい降雨を、緑は肥沃な大地と緑豊かな美しい自然を象徴し、その間に差し込まれた黄色い斜めの帯は、南国ソロモン諸島を彩る太陽の光を表します。また、カントン部に置かれた5つの星は、国土の中でも特に重要な5つの主島(ガダルカナル島、マライタ島、マキラ島、サンタイサベル島、チョイスル島)をイメージすると同時に、南太平洋地域のシンボルとして広く親しまれている南十字星を示しています。

国旗の色の意味

青は広大な太平洋と熱帯特有の激しい降雨を、緑は肥沃な大地と緑豊かな美しい自然を象徴し、その間に差し込まれた黄色い斜めの帯は、南国ソロモン諸島を彩る太陽の光を表します。