ソロモン諸島の国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ソロモン諸島の国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ソロモン諸島国旗イラスト素材などを解説いたします。

ソロモン諸島の国旗

国名の正式名称

ソロモン諸島

ソロモン諸島を表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

青は広大な太平洋と熱帯特有の激しい降雨を、緑は肥沃な大地と緑豊かな美しい自然を象徴し、その間に差し込まれた黄色い斜めの帯は、南国ソロモン諸島を彩る太陽の光を表します。

国旗の特徴

ソロモン諸島の国旗は独立前年の1977年、当時の自治政府により制定され、正式な独立を達成した後も引き続き用いられています。青は広大な太平洋と熱帯特有の激しい降雨を、緑は肥沃な大地と緑豊かな美しい自然を象徴し、その間に差し込まれた黄色い斜めの帯は、南国ソロモン諸島を彩る太陽の光を表します。また、カントン部に置かれた5つの星は、国土の中でも特に重要な5つの主島(ガダルカナル島、マライタ島、マキラ島、サンタイサベル島、チョイスル島)をイメージすると同時に、南太平洋地域のシンボルとして広く親しまれている南十字星を示しています。

ソロモン諸島の地図

国旗の色(色番号)

#1b522b #facb12 #1c5534 #c6ccdd

ソロモン諸島国旗の意味や由来

ソロモン諸島国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ソロモン諸島国旗の由来

ソロモン諸島の国旗は独立前年の1977年、当時の自治政府により制定され、正式な独立を達成した後も引き続き用いられています。青は広大な太平洋と熱帯特有の激しい降雨を、緑は肥沃な大地と緑豊かな美しい自然を象徴し、その間に差し込まれた黄色い斜めの帯は、南国ソロモン諸島を彩る太陽の光を表します。また、カントン部に置かれた5つの星は、国土の中でも特に重要な5つの主島(ガダルカナル島、マライタ島、マキラ島、サンタイサベル島、チョイスル島)をイメージすると同時に、南太平洋地域のシンボルとして広く親しまれている南十字星を示しています。

誕生した背景

独立後のソロモン諸島は、面積が最も大きく、首都ホニアラを抱えるガダルカナル島を中心とした中央集権国家となり、産業の乏しい他の島から相次いで移住者が同島にやってきました。特に第2の島マライタ島からの移民数は飛び抜けて多く、先住のガダルカナル島民との間で様々なトラブルが発生。両者の対立は1998年には遂に内戦にまで発展し、ただでさえ経済基盤が弱く貧しいこの国の情勢を著しく悪化させました。軍隊を持たず、警察力もわずかなソロモン諸島政府にはこの内戦を収める能力は無く、2000年には武装勢力により首相が一時軟禁される事態となり、見かねた周辺国(特にオーストラリアとニュージーランド)が2003年に多国籍軍・警察隊を派遣して、ようやく治安が一定程度回復しました。

国の特色・人種構成

特色:
南太平洋のメラネシア地域に位置し、ニューギニア島の南東に連なる大小100余りの火山島で構成されるソロモン諸島は、1978年にイギリスから独立した熱帯の島国です。この地には紀元前から既にメラネシア系住民が居住し、自給自足を基礎とした独自の社会が形成されていましたが、大航海時代の1568年にスペイン人探検家に「発見」されると、ヨーロッパ諸国にもその存在を知られることとなりました。1885年にはニューギニア島北部を領有していたドイツが、ブーゲンヴィル島などの北ソロモンをその付属地として保護領化し、次いで1893年にはガダルカナル島を中心とする南ソロモンがイギリス領となったことで諸島は分割されましたが、北ソロモンも1899年にイギリスに割譲されています(代わりにドイツはサモア諸島西部を獲得)。

人種構成:
メラネシア系95%ポリネシア系3%ミクロネシア系1%他に少数のヨーロッパ系白人、中国系など。

ソロモン諸島国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ソロモン諸島のフリー素材1

ソロモン諸島国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ソロモン諸島のフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。