トンガの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

トンガの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、トンガ国旗イラスト素材などを解説いたします。

トンガの国旗

国名の正式名称

トンガ王国

トンガを表す漢字一文字

誕生年

1970

国旗の色の意味

国旗あるあるといっても過言ではないほど、世界各国の国旗のカラーリングにおける「白」は純潔や清らかさ、潔白といった類の清らかで汚れなき美しい思想ということが掲げられています。トンガも同じく純潔と潔白が意味とされています。 赤においてはトンガの枢軸である宗派、キリストの血と言う意味がもたれています。 これは重いようで、魂の話という視点で捉えると良いです。 その流れたちを心に刻み忘れないようにして美しく潔白に生きる国という意味が含まれています。

国旗の特徴

ポリネシア語でトンガは「風下側」という意味で、サモアの「風下」「南側」に位置することに由来するという国名のトンガは、ニュージーランドの北東に点在する172の島々からなり、ポリネシア人の王国が成立しています。1900年イギリスの保護下におかれることとなり、1970年にイギリス連邦の一員として独立をはたしました。 そんなトンガの国旗は赤と白の2色で形成されています。 キリシタンということを主張すべく十字架が左上に配されています。つまり、十字架はキリスト教国であることを示す中で、カラーリングの白は純潔、潔白といったことを表現し、赤はイエスキリストの聖なる血を表しています。国王ツポウ1世が敬虔なキリスト教徒 であったので、国旗のデザインに国王の意志が反映しています。

トンガの地図

国旗の色(色番号)

#d3bdbd #f5eded #d88484 #c87c7c

トンガ国旗の意味や由来

トンガ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

トンガ国旗の由来

トンガの国旗は1866年、国王ジョージ・トゥポウ1世が採択して決められたといわれています。
デザインは、皇太子のウエリンガトニ・ング・トゥポウマロヒと、牧師であり、王国の顧問をつとめたのち首相にもなったシャーリー・ベイカーです。
1875年に正式に国旗が定められたとき、「国旗のデザインは決して変更しないこと」が法律で決められました。
ということから、その後トンガでは、イギリスの支配を受けて独立するという出来事があっても、国旗はずっと変わらないままです。
赤はキリストが流した聖なる血、白は平和と偏りのない心、赤い十字はキリスト教国であることを表しています。
オセアニアの地域にある国の国旗には、南半球に国があることを示す「南十字星」がつけられることが多いのですが、トンガでは普通の十字がつけられており、オセアニアの中では珍しい国旗といわれています。

トンガ国旗に似てる国旗

とにかく世界中には赤と白のカラーリングで構成されている国旗が多いです。
そう、日本も。
その中でもラトビアとオーストリアなんてウリふたつです。
おおよその国の赤と白の意味はトンガと同じと考えてよいです。
キリストとは違えど赤は地や太陽というのが多いです。白も概ね潔白や純潔です。
トンガの国旗と見間違うほど似ている国旗はありません。
共通点がある国旗はスイスやデンマークなどありますが、案外独立したデザインといえます。
似ているというほどまでの国旗は無いです。

誕生した背景

ツイ・カナクポル19代のタウファッアハウ・ツポウがキング・シアオン・ツポウの称号を名乗り、内戦を終決させ初めてのキング(国王)としての統治が始まることになります。
その後英国の保護領となるものの1970年6月4日 独立。

国の特色・人種構成

特色:ポリネシア系(若干ミクロネシア系が混合)
言葉は英語、トンガ語
 
人種構成:ほぼ100%キリスト教です。
外務省トンガ基礎知識

トンガの国旗

トンガ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

トンガのフリー素材

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。