バヌアツの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

バヌアツの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、バヌアツ国旗イラスト素材などを解説いたします。

バヌアツの国旗

国名の正式名称

バヌアツ共和国

バヌアツを表す漢字一文字

誕生年

1980

国旗の色の意味

赤は人とイノシシの血、太陽、団結を、緑は緑に覆われた島々の豊かな自然を、黒は国民の多数派であるメラネシア人の肌の色を、黄は国の富を象徴します。ホイスト側からフライ側に伸びる黄と黒のY字帯は、バヌアツの国土の形を図案化したものであり、同時に国民の大多数が信仰するキリスト教の福音も象徴します。

国旗の特徴

国旗は独立直前の1980年2月に公募によって制定されました。配色は独立を主導したバヌア・アク党(バヌア・アクは「我らの土地」の意味)の党旗をモチーフとしたもので、赤は人とイノシシの血、太陽、団結を、緑は緑に覆われた島々の豊かな自然を、黒は国民の多数派であるメラネシア人の肌の色を、黄は国の富を象徴します。また、ホイスト側にある意匠は、バヌアツで伝統的に富の象徴とされ、首飾りなどに用いられてきたイノシシの牙と、平和を表す2枚のシダで構成されています。このシダは39枚の葉で構成されていますが、これは独立当時のバヌアツ議会の議席数と一致します(現在は52議席に拡大)。ホイスト側からフライ側に伸びる黄と黒のY字帯は、バヌアツの国土の形を図案化したものであり、同時に国民の大多数が信仰するキリスト教の福音も象徴します。

バヌアツの地図

国旗の色(色番号)

#049440 #f7c506 #040404 #d41434

バヌアツ国旗の意味や由来

バヌアツ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

バヌアツ国旗の由来

国旗は独立直前の1980年2月に公募によって制定されました。配色は独立を主導したバヌア・アク党(バヌア・アクは「我らの土地」の意味)の党旗をモチーフとしたもので、赤は人とイノシシの血、太陽、団結を、緑は緑に覆われた島々の豊かな自然を、黒は国民の多数派であるメラネシア人の肌の色を、黄は国の富を象徴します。また、ホイスト側にある意匠は、バヌアツで伝統的に富の象徴とされ、首飾りなどに用いられてきたイノシシの牙と、平和を表す2枚のシダで構成されています。このシダは39枚の葉で構成されていますが、これは独立当時のバヌアツ議会の議席数と一致します(現在は52議席に拡大)。ホイスト側からフライ側に伸びる黄と黒のY字帯は、バヌアツの国土の形を図案化したものであり、同時に国民の大多数が信仰するキリスト教の福音も象徴します。

誕生した背景

1980年7月にイギリスとフランスの共同統治から独立した南太平洋の島国です。高い所から命綱一本で飛び降りるバンジージャンプの由来は、この国のペンテコスト島で行われている成人の儀式とされています。日本では珍地名としてエロマンガ島が有名です。現在はイロマンゴ島と表記します。

国の特色・人種構成

特色:高い所から命綱一本で飛び降りるバンジージャンプの由来は、この国のペンテコスト島で行われている成人の儀式とされています。
大統領の選出は 国会議員と各州議会の議長で構成される「選挙人団」が選出。任期5年。再選制限は憲法上設けられていないが、慣例的に同じ人物は再選されない。

人種構成:
メラネシア系諸部族98% 少数のポリネシア系、中国系など。

バヌアツ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

バヌアツのフリー素材1

バヌアツ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

バヌアツのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。