日本

朝に紅顔あって夕べに白骨となる

日本国

釜本(KAMAMOTO)

CV準備中

誕生日2月27日

身長171

血液型A

趣味和傘収集

特技剣道

苦手セロリ

好きな食べ物寿司

VOICE

準備中

PERSONALITY

明るくお人よし。色々な国の喧嘩を仲裁する弟的存在。

古式釜本流の5代目。免許皆伝まであと少し。

口癖は「まあまあなんとかなるさ!」

THREE-VIEW DRAWING

日本について

国旗の由来

中央の日章は太陽を表します。

皇室の祖先神であり伊勢神宮の祭神である天照大神は太陽神であると考えられます。
天照大神が弟の須佐之男命の乱暴に怒って天岩戸の奥に隠れた際、世界は闇に包まれました。
天照大神が太陽と同一視されていたことがよくわかります。

日の丸が国旗として用いられたのは幕末の頃です。
明治維新後、1870年、太政官布告により日章旗は国旗とされました。

国旗の特徴

国旗の縦横比は2:3です。
法律上は日章旗と定められています。一般的には日の丸と呼ばれることが多いですね。

中央の太陽(日章)の中心は旗全体の中心に置かれていて、上下・左右が完全に対称なデザインです。

国旗の色の意味

白と赤が用いられた理由や意味は正確にはわかっていません。紅白が由来との説もあります。

ただ、太陽を赤で描くのはとても珍しいデザインです。
世界的にみると、太陽を国旗に描く際には黄色や金色を用いることが多いです。
ルワンダなどごく少数の国は日本と同じく太陽を赤で描いています。

Translate »